「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

小沢健二 魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ @ZeppNamba 2016/06/06

2012年の東京の街を奏でる以来の大規模なツアーは、バンド編成、新曲を携えてという事でのもの。

久々に沈黙を破ったひふみよツアーのドラマチックさや、朗読と曲で細切れになった実験的な(・・・最大限のフォローですよ)東京の街を奏でるとはまた違った構成だったけれど、結果としては色々とあったミッシングリンクを埋めることができたのでは、という内容だったと思う。

1曲目は昨日と今日。
バンド編成だからか、 BPM早め、グルービーにスタート。
いきなりデビューアルバムの1曲目というリスタート感と、モータウンかカートムか、といわんばかりのニューソウルなアレンジでスタートした。
このソウルセッションか、というアレンジは新曲も、過去も曲もうまく今のオザワケンジのモード、を印象づけいた。

そして、気になる新曲は、2曲目から。もともと新曲を携えてのツアーです、とアナウンスしていたわけだけど、前のツアーと違ってスクリーンに歌詞を映し出す演出。
リアルタイムでないこともあったけれどきちんと歌詞と曲をインプットしたい、という演出で、だいぶ親切設計。

2,3曲目に披露した曲は、歌詞は言うなればいちごが染まる系の復活後の系統なのかな。
童話のような、幼きものに話しかけるような、アメリカの絵本のような歌詞とソウルマナーの曲。この子どもたちに話しかけるような、小説を紡ぐかのような歌詞はうさぎ!の世界観をもちながらよりリアルな世界と、ファンタジーの世界とをつないでいる。まさにリアルと虚構をつなぐ秀逸なできで、「朗読」スタイルで同じこと言われたらさめさそうなことも表現を変えて歌にするだけでこんなにも違うのにな、というのが正直な感想だったり。

そのあとのホテルと嵐~大人になれば。
新曲である「涙は透明な血なのか」、をはさんでの一つの魔法。
このセットリストの流れでふと、ツアータイトルにもあった魔法が、以前の曲にも散りばめられていたことに改めて気がついた。
「いま」の小沢健二のモードが、長い沈黙の時間の前とつながっていく感覚を、ひふみよ、や「ヒット曲をたくさんやります」といっていた「東京の街を奏でる」よりもより強く感じられ、「懐かしの曲を、みんなで歌おう」という掛け声にも、どこか素直に乗れる感じだった。

そして、それはちょっと、ドアノックに続いて披露された「流動体について」、というタイトルの新曲。
これがなかなか衝撃的というか、インパクトがあった。

加速するグルーヴを伴っての演奏だったけれど、ふくろうやさめが出てきた今までの新曲とは打って変わって、「東京」が舞台。
ドアノックからの流れが、よりその歌詞を際立たせていた気がする。
「流動体について」のスクリーンに映し出された歌詞は、羽田空港に降り立った主人公の、「平行世界」での人生に思いをはせている。

そう、このツアータイトルをきいたときにまず浮かんだ「ある光」(前のツアーで唯一、この曲をライブで聴けたのだけが印象に残っている)で、JFKを追い、NYCへと旅立った小沢健二が、「東京」に、日本にいたら。
そう言えばひふみよツアーで披露した「時間軸をまげて」と、自分の思想だけからではないない物語を歌うとき、小沢健二は少しだけ時間や視点を曲げる。(それは天使たちのシーンだってそうだ)ボーイズライフの2曲も、そのあとにやった超越者たちも「時間」や「場所」が歌詞に登場し、また詩世界の中で重要な位置を占める。

物語を紡ぐ目線が、昔も今も小沢健二だからこそ、の感覚。


アンコールも含め、7曲の新曲。

そしてライブが終わって何日かたつけれど、ふとしたとき、確かに新曲の断片が頭をよぎる。
心に残っている。

これは、今回のソウルバンドアレンジや歌詞の見せ方を含めた楽曲に集中させる演出の果たす役割も大きいが、何よりも新しい楽曲の強度によるところが大きいと思う。
もうライブでしか新曲を披露しないかも、とか音源出さないかなとかいろいろ思うけれど、今は音の余韻に浸りながら、ポップスターの帰還を喜ぼう。

More
[PR]
# by nariyukkiy | 2016-06-09 22:00 | music | Trackback | Comments(2)

光善寺 カメラオブスキュラ(ホンマタカシ もう一つの電車)

急なカーブは光善寺カーブ、というらしい。
京阪本線が高架を降り、枚方の、大阪の雑然としたローカルな駅は地上にある、ひと昔まえの佇まいの駅。

その下りホームにある、(京阪の人も存在を忘れかけていたらしい)小さな仮眠室がカメラオブスキュラの暗室になっていた。

狭い階段を登り、茶室の入口のようなにじり口を入ると四畳半の暗室があり、窓に据え付けられた穴から入る光。

目が慣れるのにつれて壁一面に、外の風景が浮かび上がってくる。反転して。

最初は空と架線。ぼんやりとしている地上の暗がりを動く自動車が少しはっきりしてきたら、踏切が鳴る音がして電車走ってきた。

キツいカーブだからか、目が慣れたからか電車がカーブを曲がって通過するのが分かる。

自動車のランプ部分が反射して天井に向かっていく。確かに外の風景なのだけれど色も輪郭もぼんやり見えるからか非現実的というか、確かに写実的な映像として網膜に焼き付いていく。

仰向けに寝転がって壁面を見上げると、正の画像として見える。

カンカン、と踏切が聞こえて電車が近づくと振動が背中に伝わる。目の前の壁面に電車が見える。小さな暗室を通して、ぼんやりとした視覚とダイレクトな聴覚と振動とが身体に入ってきて、少しバランスが悪い感じが、逆に心地よくなってくる。

踏切が鳴る。しばらくすると天井を電車が走り、止まる。人が降りたかどうかはくっきりとわからなかったり、あ、人かも、という影が見えたり。振動が遠くなりつかの間の静寂が訪れる。

その繰り返しは、都市の中で、電車が走る日常の風景であり、反転した地上の生活を雲からひっくり返って見ている神さまの気持ちのようでもあり、いつしか時間が経っていることを忘れてしまいそうになる。

外に出ると、普通の、駅と電車が走る風景。
さっきの方がパノラマだったな、とか思ったより自分の視野が狭いことに驚きながら、狭い暗室ー仮眠室を見上げる。
窓に小さな穴が2つ。

その写し出していた、天井の駅。

カメラオブスキュラの体験。
[PR]
# by nariyukkiy | 2016-02-13 01:01 | sunday people | Trackback | Comments(0)

ホンマタカシ -何かが起こる前夜としての東京

感じたことをそのままにメモしてみる。

”何か”が起こる前夜としての東京。
でも、”何が”?

こう書くと、もうなんかすごく岡崎京子的になる、東京現代美術館で開催されている「Tokyo-見えない都市を見せる」の中のホンマタカシキュレーションパート。

YMOのパートが「東京ガールズブラボー」だとしたら、ホンマタカシの東京は、「リバーズエッジ」後の東京。
(蜷川さんは言うまでもなく、ヘルタースケルターのキッシュですね)

90年代から00年代、展示の中にリバーズエッジの表紙もあったのだけど、「何かが起こる前夜としての東京」の「何か」は、結局何も起こらない、日常の連続としての存在だった。
「何かが起こるかもしれない」けれど、「何も起こらない」のゆがみが東京を作っていた。

ホンマタカシ自身の「東京郊外」は、東京の外郭にどこまでも広がる、均質的な郊外の「どこにでもある」風景を切り取っている。
「東京の子ども」は、そんな郊外を、東京を生きるこどもたち。
岡崎京子の描く、どこか浮世離れしたアンファン・テリブル(ハッピィ・ハウスのるみ子や、ジオラマボーイ/パノラマガールの小学生たちのような)と、「普通に東京に生きる」写真のこどもたちとは、どこかあきらめていて、それでも生きることに貪欲な目の力が宿る。

Chim↑Pomのネズミを追い掛け回す動画は、正直悪趣味だと思うが、都会を生きる「こどもたち」の暇つぶしを表現しているものとしては、「リバーズエッジ」で暴かれた空虚な日常と、平坦な戦場と地続きと考えれば納得がいく表現だ。

だけど90年代の「日常」、岡崎京子が描いた退屈な日常としての東京は、2011年の3月11日をもって一度断絶した、といっても過言ではないと思う。東京の機能が止まったあの日、予期せぬ形で「何か」は起こった。

東京においても、その場にいた人々に3.11は明らかに「何か」を植え付けている。
「3.11」後も、それまでと違う「何か」をまとって日常は続いている。「何か」の一つがホンマタカシの「その森の子ども」である福島の、目に見えない放射能をまとったキノコであり、カメラオブスキュラによる都市そのものが撮った都市の姿ではないだろうか。

反転した六本木の写真は、それまでのスーパーフラットな都市の写真と違って「何か」をまとっているかのような膜がある。それは今も東京の中に、都市を生きる人々の中にうすぼんやりとまとっている漠然とした不安であり、忘れようとしても忘れられない3.11からの今も続いている空気そのもののように感じる。

もうすでに「何か」は起こっている。
でもそれが何かを見極めるにはまだ時間が足りない。


「Tokyo-見えない都市を見せる」が、これまでの東京とこれからの東京をつなげる、つなげようとしていることを思うと、このホンマタカシのパートが一番印象的に感じた。
[PR]
# by nariyukkiy | 2016-02-08 22:30 | sunday people | Trackback | Comments(0)

My ever changing moods,2016SS

なんとなくスタカンのMy ever changing moodsが聴きたくなる1月末です。

変わり続けるだろう、といいながらなかなか変わらない、変われないっていうことを逆説的に言ってるんじゃないかと思っていますが、その辺は、ソウルセットの「太陽が西から昇れば考えを変えるのだが」というリリックと同じじゃないかなと、どうでしょう?

というわけで、今年も洋服月では春がやってきました。

今年の春はまずはジュンヤワタナベCDGマンさん。
アフリカですよアフリカ。

2008SSにレディスでちょこっとやって、メンズでもシャツを展開しましたが減産でなんとか手に入れた気がしますが、今回はメンズでエスニック爆発。

パッチワークも冴えてきた昨今のジュンヤマンですから、相性抜群ですよね。

というわけで、シャツ&デニム。

シャツといえば、「値段を見たら負けなので気に入ったら『買う』と宣言する」しか買う方策はない(除くお金持ち)のCDGshirtsですが、山柄はコレクションみた次のタイミングで担当さんに連絡をする、というシャツの買い方にそった決定をしておりました。

よくみると山の絵の中に穴が空いていて緑のシャツ着れば草原が、グレーや白なら雪原が広がりそうです。
夢も広がります。

ここはプリュスのタトゥー柄で、お花畑(になるのか?)狙っていきますか。

そんな春夏のスタートです。

a0028025_11314023.jpg


a0028025_1132323.jpg



そういえば、BandOfOustidersのシャツシリーズ更新するの忘れてましたね。
[PR]
# by nariyukkiy | 2016-01-31 11:32 | fashion | Trackback | Comments(0)

額装っていいよね、額装。

よく、アニメやアイドルのヲタの部屋、とかで壁一面にポスターとか、洋服好きの初心者にありがちなミスとして「洋服のタグとかお店でもらってきたフリーペーパーを壁に貼っちゃう」とかあるじゃないですか。

あれって、なんで「イタい」のかなっていうと、(対象が趣味とあわないというのを置いておいても)たぶん飾り方にあると思うんですよね。

たぶん、AKBの女の子のポスターでも、オードリーヘプバーンでも、暁美ほむらでも、ギャルソンのタグやDMでも、飾り方をうまくすれば結構いけると思うんですよ。

で、飾り方ってなに?ってなるとやっぱり、同じ形をそろえる、とか同じ目線に合わせる、とかあると思います。
あと量か。あまりたくさんあっても確かに怖いし、大きな壁にポストカードそのままだとちょっと切ない。

となると、やっぱり「額装」がいちばんいいのではないかな、と思っている次第です。

手軽なとこだと、こんな感じ。

a0028025_15293950.jpg


お分かりの人はお分かりでしょうが、ギャルソンでもらったチラシ(DM)です。
横尾さん好きなんで(たしかこの絵は細野晴臣のために描いていたような・・・エキゾチックな構図ですが、たぶんそんなに作ってないシリーズ・・・)ともらってきたもの、


【Before】
a0028025_15172697.jpg


知人にもらった絵ですが、画材は段ボール。さすがにこれなに?って感じになってしまいがち。

【After】
a0028025_1519512.jpg


で、アンティークショップで購入した古いデスクの引き出しをフレームにして飾ってみました。
だいぶ段ボールの感じとフレームと絵がいい感じにミックスしているよねと。

他にも、D&D Departmentさんでは、たとえば学習机をリメイクしたフォトフレームを作成していたりして、
いい雰囲気。

せっかく購入した写真だったので、この学習机フォトフレームに入れてみると・・・
a0028025_15244145.jpg


この写真、ホンマタカシさんの展覧会で販売していた、裁断された写真。
偶然、同じ素材のものを発見したので2枚購入したのですが、並べると同プリントからだったのかな、という感じで並べて飾ると面白い。

もう一工夫。
[PR]
# by nariyukkiy | 2015-11-22 17:16 | sunday people | Trackback | Comments(0)

Band of Outsiders Shirts #3

この間久々に引っ張り出してみてなかなか今の気分似合うよなあ、と思ったのがこちらのBandOfOutsiders

a0028025_130893.jpg


BandOfOutsidersといえば「BD」すなわちボタンダウンのシャツを思い出しますが、ドレスシャツのシリーズやボタンダウン以外のシャツも結構出しています

が、たぶんその走りだったのがこのシャツじゃないかなあ。
代官山のセレクトショップ、7(セブン)さんのアニバーサリーでリリースしたシャツなのですが、チェックベースにオックスフォード地の切り替えしでブザムシャツにしているという変わり種。

「ドレス」な要素を「カジュアルに」という、BandOfOutsidersらしい遊び心が表現されていて、なかなかにいいですよね。

More
[PR]
# by nariyukkiy | 2015-09-28 01:45 | fashion | Trackback | Comments(0)

Band of Outsiders Shirts #2

きまぐれにBooシャツの2着目

2015SSのチェックon柄のBDシャツ。
POPEYEは正直食傷気味というか、控えめにいってもCITYBOY的な街の学校に通っていたんで中身はどうでもいいのですが、春夏のファッション特集で「BandofoutsidersのABC」なるコーナー、くっそ・・

とまあその中でスコットが着ていたのが実にこのシャツ。
Bandofoutsidersの服って、結局スコットさんが一番似合うというか、彼のスタイリングが一番のきもだったのよね、ということを思いながら、なぜか予約に走った僕でありました。

BDシャツといえば当然オックスフォード地の定番が、、、となりますがバンドの魅力は、こういう柄物のセンスにあると思うのです。一番如実に出ているのがネクタイですがヴィンテージだったり、アメリカンカルチャーだったりプレッピー、IVYの要素をうまく生地に落とし込んでいるというか・・・。

こちらも、ギンガムチェックにヨットというかWAVEの柄。柄のプリントが難しいらしく、仕上げが中国になってしまうというのはご愛嬌(※基本的にBandのシャツはUSA製)だけど、それを差し引いてもいいシャツです。うん。

More
[PR]
# by nariyukkiy | 2015-09-18 02:41 | fashion | Trackback | Comments(0)