届くかどうかなんて(君に届け)

ぶっちゃけ、そんな問題ではないんですよ。(すんませんw)

a0028025_23292051.jpg

(リンク先は公式)

要は、黒沼爽子ちゃんのジト目は、例えばガッ○ーや、北○きいちゃんには逆立ちしても出来ないわけで、かといって天才成海璃子ちゃんではセンシティブになりすぎるわけで。
あの貞子ヘアーも、うれしくて泣きそうなのを我慢するしかめっ面のかわいさも、多部未華子ちゃんだからこそ、成立するわけで。


何も公開日に見に行かなくても、と思いつつ、つい、行ってしまいましたが、原作は1巻をなめただけ、。興味があったのは多部ちゃんだけというひどい僕です(笑)





しかし、このお話は本当に「普通」のお話。

だからこそ、ファイナルファンタジー(究極のファンタジー)として成立するという末恐ろしさ。

同じ三浦春馬くんもチャラ男でもレ○プも暴力も病気で死ぬこともスイーツまみれになることもなく、ごく爽やかな笑顔でクラスの人気者だし、コギャル風の女の子たちは義理堅くて、ちゃんと?女子高生で、図書館でなにやらしたりすることもなく女の友情と、幼馴染が好きで、クラスの馬鹿男子はひたすら馬鹿で、なぜか団結力があって・・・。

マイペースで、自分の言いたいことがうまく言えない、でもひたむきでよく見たらかわいい女の子が、学年で一番かっこよくて爽やかな男の子に導かれて少しずつ自分のからを破って、対極にいそうな女の子と「気がついたらともだち」になる。

どこかにありそうで、絶対にないファンタジーを、丁寧に描くからなんとなく日常のような気がして、実は宇宙人的未来人的超能力的に非日常となんらかわりがない非日常であるというなんとも少女マンガのお手本のような青春映画でしたが、多部ちゃんが暗くて友達が出来ないところから、うれしくて怖い顔、失恋した友達の変わりに泣きそうになったり、いかにも女子校的に友情を確かめ合ったり、いかにも共学的に夏のイベントや体育祭をこなしたり、なんともかわいい限りでした。

あ、そうそう、ARATAがなんとも破天荒な担任役でツボでした。
Revolverってまだやってんのかな。

「理不尽でも、自分のことは自分で解決しないといけないんだよ、たとえ俺の所為でもな!」はなかなかいい台詞だ。

というわけで、結局のところ多部ちゃんがかわいい究極ファンタジーということで、まあ確かに爽やかな気持ちにはなれると思います。ティーンの女の子は号泣していたけど、さすがにそれはムリでしたが・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-09-29 00:08 | sunday people | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://wonderword.exblog.jp/tb/11343955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from |あんぱ的日々放談|∇ ̄.. at 2010-10-01 23:55
タイトル : 多部ちゃん、春馬も涙・涙の『君に届け』舞台挨拶@TOHO..
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)今回の舞台挨拶は、大人気マンガが原作の『君に届け』アニメ版も作られたらしいが、こういう方面は疎いので一切内容を知らないw登壇したのは、多部未華子(生で見るのは2回目)・三浦春馬(4)・蓮佛美沙子(初)・桐谷美....... more


<< coeurについて語るときに、... きゅうしのおしらせ >>