宮島達男@東京&大阪

"Warp time with Warp self"SCAI THE BATHHOUSE 12月22日まで

"Time Train" @Six Comme des Garcons 12月29日まで

宮島達男の近作、そして新作展。

a0028025_0202774.jpg




谷中のSCAI THE BATHHOUSEは横尾忠則やなんだでたまに行くのですが、今回の宮島達男の新作もなかなかどうして雰囲気とバシっとあっていました。

カウントダウン、もしくはカウントアップする無数の、違った周期のLEDが並ぶ新作は、後ろの作品のLEDや見ている人の姿をも映しこみ、それが時間軸をうまいことまげているのが印象的。

ずっと見てられるような、いつの間にか時間がすぎてしまうような感覚は暗闇の中でのMEGADEATHなんかとは似ているような、ちょっと違う感覚でした。MEGADEATHはどうしても暗闇なので、それと向き合うしかなく、またそこがいいのですが、こちらはついいろいろ見えてしまう中に、ある感覚が俯瞰というか、確かに何かを超越するような・・・。

そして、大阪のTimeTrain.
Sixという場は、毎回異なる空気をかもしだしているわけで、いちばん!っときたのは2回目の横尾忠則。(ほかがわるい、というのではなく個人的に横尾さんの絵が好きなだけだけど)

今回もまた、まったく雰囲気が変わっていて、本当に同じスペースなのか、と思いたくなりますw

青色の、無数のLEDを乗せた貨物列車が空間を走っている「だけ」なんだけど。その「だけ」が逆に空虚で、とてもいい作品でした。

はしっこにひっそりとあった車両もなかなかよかったし・・・。

Sixは大阪近郊に住んでいるなら是が非でも見に行くべき空間の一つですわ。いや、すんでなくても。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-12-15 00:36 | sunday people


<< マニアックなロビンフッド 大阪滞在はアートの日々 >>