all night long

徹夜で若さを検証する

徹夜なら自信がある。
まあコンビニ夜勤バイト、だてにサークル活動以上にやってない。
大学一年のときは、夜勤(22時から6時)のあと一限のフランス語に出て、そのあと一時間休んだ後体育で水泳!をしていた。時には2kmくらい泳いだ。もちろん寝てない。そのあとも6限まであったぞ。
われながらめちゃくちゃだ。
そんなバイトを大学5年間やってたから徹夜はお手の物。なんせ、海外旅行に行っても一切「時差ぼけ」にかからない。ふつ-に寝て、おきたらコンビニ夜勤と同じ時間帯になっただけだったもん。
もっとも冬、寒い中あがってくる太陽のありがたさも、夜明け前の弱すぎる光の中で聞く「天使たちのシーン」も、朝方の一瞬を起きているからこそ。といっても早起きは無理だしねー。

上の記事あるように、確かに大学のときは、夜勤後寝ることもできた。
だからこそ、たくさんバイトできたんだし。
でも、できないけど、なんだかハイにすごせる、そんな夜があってもいいんじゃない?っ手最近思う。
それは、悪友と夜通し飲んで、ふらふらでダーツをしながら帰る、土曜日の朝。
すでに明るい渋谷の交差点をバカみたいに大笑いしながら駆け抜け、冗談を言い合い、罵り合って別れた瞬間、「いいな」って思った。
こんな関係の持てる、馬鹿な友達がいることをちょっと誇りにさえ思える。
またオールで飲みたいね。

もちろん、京都の後輩やつくばの後輩とも、のみたいよ~。
[PR]
by nariyukkiy | 2004-10-28 10:05 | sunday people


<< 荒井由美 地震 >>