Styling Space by HS

a0028025_124865.jpg



奈良は法隆寺もほど近い郊外に、そのお店はありました。

大阪にある、Hayashi Shotenさんのプロデュースによる小さなお店、というよりは確かに「スペース」といった方が的確なサイズ。

だけれどもそのセレクトはスペース=宇宙的ともいえる一つの世界観を作っていました。

よく、「ライフスタイルショップ」なんて言葉を耳にするようになったけれど、7割は空振り。これはもう、なんというかお店として残念。別に、無難なライフスタイルなんてご提案してくれなくていいのに、余計なお世話という感じ。別に今更鳥取の民芸窯とか、メインに据えるほどじゃないだろ、みたいな。

残りの当たり3割のうちの2割くらいは商品がエッジはきいてるけどお互い被っているところがある。
あれ、これあっちの店でもあったのよなー、的な。
ま、どこがオリジナルで発信しているのかなんとなくわかるから、目をつぶるし、ほかに発見もあるからいいんだけど、という・・。
そして、残り1割位。

2割に「かぶっている」部分を発信しているお店、ほかにはない、唯一無二のセレクトをしている店。
こういう店にかかるとよく見る出西窯だって、MUJIだって(D&D...)なんだか「いいもの」に見えてくる。
それはきっとそういうありふれたものの提案の仕方がうまいから。こっちもいつも見慣れたものでもそうきたか、という感覚にはやられちゃう。

HSさんも、Styling space By HSもそんな数少ない魔法を持っているお店の一つ。
たとえば東京のcowbooksやPOSTALCOといった定番的なものも扱っているけれど、アンティークやNYCで作っている作家もののマグカップ、インドのクッションやキリムなんかがその中に雑然とある店の雰囲気自身が、店主が好きなものをただ集めました、でもなく鉄板モノを無難に集めました、でもない好きなものは有名定番無名限らずいいじゃない、というアティチュード、ライフスタイルを示してくれているという意味で面白い空間だなあ、と思います。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-02-15 01:28 | sunday people


<< アウェー開幕、白星スタート 僕の色ち買いが年々ひどくなって... >>