Not Tokyo Day... 第三節 セレッソ大阪戦

a0028025_2215815.jpg


もうなんというか、FC東京の日、ではなかった、というしかない。
そんな試合が何試合かあるわけで、それをどれだけ減らしていけるか、が優勝を目指す、とか強豪だ、とかいうチームはやっぱり努力しているんだと思います。

鹿島とかね、なんだかんだそういうチームだよなあ、と思うし浦和も今年はなんだか強い。(でもドローだったけど)マリノスは確変中だし、やっぱり初めの勢いって大事なんだよなあ・・・。

セレッソ戦、入り方は東京のほうがよかった。
前節の勢いそのままに相手ゴールに迫っていたし、序盤から相手を圧倒していた。

だから、ゴールは時間の問題、と思っていたけれど、なかなか入らない。
入ったと思ったらなぜか取り消されたり(ハンド?をとられた)、相手の危険なタックルが流され気味だったり、なんとなーく嫌な雰囲気に。

ああ、たぶんこういうのってFC東京およびそのゴール裏が一番苦手な雰囲気です。
微妙なジャッジで、ピッチの上の空気が、なんとなく淀んでいく。
誤審、とまでは言わないけどなんとなく納得がいく感じのしないジャッジ(※実際正しいかどうか、は現地では正直わからないし、贔屓目がない、と言ったらうそになるけれど、なんとなくそういう空気は感染するのだ、残念ながら)のまま前半が過ぎ、後半。

相手は我らが椋原を下げ、(椋原をいぢるという最大の楽しみを奪われてますます気勢をそがれる)やられっぱなしの前半の借りを返しに。

それが実ったというのかなあ、きれいに突破されて失点。うん、このシーンはもう何つーか相手をほめるしかない。やられた。

なにより柏戦で見られた中盤の制圧がこの試合ではなかなか感じられなかった。ヨネはがっつり削られてから、秀人はどこか後ろ向きなプレーを選択することが多く、途中交代も納得のでき。なかなか前にボールが運べない。
ナオに交代後、李忠成もでて、追い付こう、追い越そうという意思は感じられるもフィニッシュがうまくいかない。なんだか図太いオフサイドラインは「細かくラインコントロールしている」というよりは「東京のぎりぎりはとりあえずオフサイド」という感じの線審に(真偽のほどはともかく)縦への、そしてラストの積極性に躊躇するプレーもあり、なんというか「審判への信頼感」が感じられない感じ。(もしかしたらそんな雰囲気になったのはゴール裏も含めて、だと思うと少し悲しいが)

李はあそこまでシュートして、キーパーを抜いて枠に行っても決まらない、となるとホットドッグ屋でケチャップのかけ方も練習した方がいいレベルで「もってない」状態だし、東も河野も石川もうわあああと一歩!!が決まらない状態で、最後ロスタイム5分もなんかしまりのない終わり方で(終わり?と思ったらもうワンプレーあったり・・・。あれじゃ権田もきれますわ)、終わったと思いきや権ちゃんが「何か」にブチ切れてポポがなだめていたり(で、最終的にポポもきれたらしい←まだ見てない)、早々に不人気なコールもやっちゃって、どこかおさまりの付かない、不完全燃焼な試合でした。

でも、だからこそ、ナビスコは切り替えてほしいな。李もここらで先発で出て決めてほしいし、東もあと少しなんだからそのプレーをやめないでほしい。高橋、権田はいないけどその分塩もソータンだっているし、層の厚いとこみせてやれや!という感じ。

もう明日だし、明日は明日で楽しんでいきたいなあ。







ちなみに試合後はつるはしのお好み焼き屋で〆。

これがなかなかおいしくて「試合はもう忘れた」と言ってもらえたのが何よりですw
[PR]
by nariyukkiy | 2013-03-19 06:20 | fashion


<< ナビスコ開幕! 第二節 上々のホーム柏戦 >>