こちらもsince2004

僕がFC東京の試合を本格的に見たのは、2005シーズンの開幕から。

と、いうことは2004.9.23の浦和への勝利は、情報としては知っていましたが、「サポーター/ファン」として東京の勝利は、今節、つまり2013年9月14日が初勝利。

リーグ戦9年ぶりの勝利ですか!

a0028025_103012.jpg


今まで、1点取っても、2点取っても勝てなかった浦和戦。

じゃあ、3点取れば?勝てましたよ!
(注:2004年以前は1点でも勝っています)

特にポポ体制になってからの東京対浦和はどの試合も見ごたえがあったわけで。
昨シーズンの1回目は「負けなかった」と少し安堵した。
だけどやはり「勝てない」ことへの悔しさはある。それが3回続いたわけで、「いい試合をする」こと、その結果負けて相手を調子づけていただけの2010年までよりはマシなものの、なんだんかなあ、という。特にあのクソ長い浦和美園からの道のりを思うと・・・。

そして、2013シーズン、ホーム国立戦。
セットプレーから2得点。浦和にボールを持たれていても決定的なシーンは抑えられていた前半と、うってかわって反撃された後半。

いつの間にか、システムはいつもの4バックに戻っていて、ナオ平山、と攻撃的なカードを切っての反撃。
ネマが入ってすぐのセットプレーで、ついに「3点目」が東京の手に。

リプレイで見てもなかなか泥臭い、というかここしかない!という場所へのヘディング。
なんというか、なかなか活躍できてないシーズン、移籍を考えたシーズンであろう平山の意地とながかった雌伏の時間が、どこかFC東京のなかなか浦和に勝てなかった時間とも重なって喜び倍増。

この段階で90分。ロスタイムの4分が本当に長かったなあ・・・。

というわけで、ようやく「浦和戦勝利」というエントリーをあげれることができました。
来シーズン以降もこのタイトルの記事、あげられるよういきたいね。

そして、シーズンが経つごとに「負けてたまるか」となる感じが正直多摩川クラシコや緑とのダービーよりもでてくる、本当の「クラシコ」になることを祈っております。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-09-16 17:24 | Footballiloveit


<< 2013-14AW 勝っても負けてもトーキョートー... >>