KERA MAP#3 砂の上の植物群

新宿でKERA MAP#3"砂の上の植物群"を観劇。

ケラリーノ・サンドロヴィッチの描く、ナンセンスでべたな笑いと、残酷さがなんともいえず光っていた。

救いようのない残酷さと、先の見えなさ。
当たり前のように狂っている登場人物と、あっけなく訪れる破綻。

希望はどこまでもゆがみ、残酷な生が死へと導く。

この、どうしようもない残酷さと、ナンセンスな笑いが、なんともいえず好きですね。




そう遠くない未来。その旅客機は、日本へ戻る途中、とある戦地の海辺に墜落した。
油まみれの海に投げ出されて奇跡的に生き残った10人足らずの男女。
彼らは廃墟と化したかつての住居にかくまわれる。
屋上から見えるのは海と、荒れ果てた砂地に飛び交う銃弾と塵、転げ回り、やがて動かなくなる兵士たち、そして、浜に頭から突き刺さった謎のロケット・・・。
絶望と希望を独自の距離感でスケッチする、ケラリーノ・サンドロヴィッチの最新群像劇。

作・演出
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演
常盤貴子、筒井道隆、温水洋一、西尾まり、猫背椿、池谷のぶえ、赤堀雅秋、つぐみ、山本浩司、喜安浩平 ・ 渡辺いっけい


※常盤貴子かわいかったっす。美人でした。お芝居も下手じゃない。
※「ぽんずしょうゆ」はよかった。あんなにシリアスなのに、笑えるのはすげー
※べ~さめ~♪もよかったね。
※渡辺いっけいうまかった。西尾まりも演技お疲れ様。ちゅーしたりパンツ脱いだりはいたり。
※ストーリーはさすがケラさん。部隊挨拶でもでてきましたね。

”ヤングマーブルジャイアンツ”も見に行きたいですね(KERAMAP#4)
[PR]
by nariyukkiy | 2005-05-12 02:16 | sunday people | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wonderword.exblog.jp/tb/1926028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ひさびさにファンタジーサッカー 村上モトクラシ >>