鹿島戦の前に、気合の入れ直し

って、要は「浦和戦はもはや、ダービーより、クラシコより、心の底から『勝ちたい』という一戦である」ということ。

浦和戦、アジスタ。どうも2004年以降まだ味スタで浦和に勝っていないらしい。
(ついでにいうと、埼スタでも勝っていないのか)

天皇杯の熊谷と、去年の国立Home。

僕がFC東京戦を見に行ってから浦和に勝ったのはこの2戦だけ。

浦和からしてみれば、彼らが調子を落とした時のお得意さん。
今回だって「まさかの」ジャイアントキリングくらった直後というまたリスタートにふさわしいよう、仕上げてきたわけで。

前半早々のビハインド、そして、あっという間の逆転。
ゴール裏レベルではプレイの中でのシュートは見えても、PKの細かいプレーまでは正直わからないところも多いので(特に遠いサイドだとね)、PKのプレーがどうだったかはリプレー頼み。

しかし、帳尻合わせるかのような前半だけで2PKも加わって、そして、「不可解な」そして「不運な」平山菜交代劇もあり、前半終了時ですでにぐったり、手に汗を握る展開だった。

それまで、負けても勝っても1点差、それも2得点以上は決まらない試合ばかりだったのでこの段階での3-2、しかも優勢はなかなか記憶にない。ああ、そういえばいつかの埼スタで後半30分からで追いつかれたり逆転されたよな、、、ということばかりが思い出されたな・・・。

という気持ちと、いやいややってやるぜ、がないまぜになった後半。
浦和に押し込まれる。押し込まれる・・・。きがつけば3-3.

そこで、決めたのが武藤。超ナイスゴール。ゴール裏も沸騰。
悪い流れの中での追加点は本当に素晴らしい。そりゃ代表も選ばれるって。
(※ヨネが選ばれるべき、とかコウスケはどうした・・・とかはおいておこう)

応援のボルテージも上がって、このままフィニッシュ・・・といかないのが浦和戦。
これまたPK,というおいおい首位にやさしくないか?という素晴らしいゲームコントロールを見せた今日の主役のおかげもあり、結局ドロー。

なんというか、応援している側としてはどんどんアツくなる浦和戦。
負けたくない!という気持ちが試合を重ねるごとに強くなるということも含めて「面白い」試合ではあった。
だけど、勝てる試合だったよなあ、PKさっぴきゃ3-2なわけで、、、リプレー見ればそういう気持ちもわいてくるモヤモヤ・・・。

うん、次だ次。味スタで、浦和に何とか勝つ。
埼スタで、浦和を黙らせる。
味スタで、浦和に完勝する。

どれもまだ見たことがない、そして希求する試合。

正直、相手がだいぶ格下になっちまったダービー戦よりも、バナナをくれないクラシコよりも、ホーム浦和戦こそ順位、状況にかかわらず負けてはいけない、勝つべき試合になってきた。

それがこの10年なんだとしたら、まだまだ面白いんじゃない?

もちろん、次の鹿島戦、これまた難敵だし、ゲンがいいとは言えないスタジアム(アウェイ)での試合。
ここで勝てば上にくらいついていけるし、まければ「また」中位の上位かあ、、、で終わってしまう危険性すらある、大事な試合。

もちろん勝利を信じているけれど、今シーズンの残りのFC東京の冒険もまだまだ続くけど、僕はまた、来シーズン以降の浦和戦もすでにちょっと楽しみだったりする。
[PR]
by nariyukkiy | 2014-08-30 00:44 | Footballiloveit


<< End Of Summer..... ひさびさの、、、味スタ >>