My ever changing moods,2016SS

なんとなくスタカンのMy ever changing moodsが聴きたくなる1月末です。

変わり続けるだろう、といいながらなかなか変わらない、変われないっていうことを逆説的に言ってるんじゃないかと思っていますが、その辺は、ソウルセットの「太陽が西から昇れば考えを変えるのだが」というリリックと同じじゃないかなと、どうでしょう?

というわけで、今年も洋服月では春がやってきました。

今年の春はまずはジュンヤワタナベCDGマンさん。
アフリカですよアフリカ。

2008SSにレディスでちょこっとやって、メンズでもシャツを展開しましたが減産でなんとか手に入れた気がしますが、今回はメンズでエスニック爆発。

パッチワークも冴えてきた昨今のジュンヤマンですから、相性抜群ですよね。

というわけで、シャツ&デニム。

シャツといえば、「値段を見たら負けなので気に入ったら『買う』と宣言する」しか買う方策はない(除くお金持ち)のCDGshirtsですが、山柄はコレクションみた次のタイミングで担当さんに連絡をする、というシャツの買い方にそった決定をしておりました。

よくみると山の絵の中に穴が空いていて緑のシャツ着れば草原が、グレーや白なら雪原が広がりそうです。
夢も広がります。

ここはプリュスのタトゥー柄で、お花畑(になるのか?)狙っていきますか。

そんな春夏のスタートです。

a0028025_11314023.jpg


a0028025_1132323.jpg



そういえば、BandOfOustidersのシャツシリーズ更新するの忘れてましたね。
[PR]
by nariyukkiy | 2016-01-31 11:32 | fashion


<< ホンマタカシ -何かが起こる前... 額装っていいよね、額装。 >>