Comme des garcons-少年の心

たまには洋服について。

僕がなんだかんだで一番すきなのは、やっぱり洋服ではcomme des garconsです。
いろんなラインがあるけど、中でもHomme Plus(コレクションライン)や、フランス生産のシャツラインがお気に入り。

その流行に流されない、でもしっかりとどの時代も流行のど真ん中にあるギャルソン。
独特のデザインやアイディア-たとえばパッチワークやスカートパンツ、子供服を剥いでオトナサイズに再構築したり、バイアスを自由自在に使ったり、インサイドアウト(裏表)のデザインだったり。

「少年のように」というブランド名がそのままコンセプトになっています。
藤井フミヤや、竹中直人さんとかがひいきにしているのがうなづけますね。

だからか、つまらない大人の皆さんは「なに、その変な服?」というありきたりかつつまらない感想しかもてないようです。

先日着ていた、シャツラインのネルシャツ。
左胸に大きく十字架がきってあり、裏地が当てられているというデザインのシャツですが、大人の皆さんには「変な服ー」としか思われないようです。みなさん、よほどコンサヴァティブな格好が好きなのね。

しかし、なぜか小学校1年生の少年には妙にほめられたりしました。

やはり、「少年のように」というコンセプトは健在のようです。

そういう、「少年の心を忘れない」大人になりたい、という方にはお勧めの服です。
つまらんオトナには、変な服と思われますけど。
・・・まあ、「仮面ライダーリュウキ柄」のシャツはさすがにおいらにも理解できませんでしたが・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-11-20 15:20 | fashion


<< 犬もいじめちゃったね。 Sweet Memories >>