ほしのこえ

ほしのこえ

で、こちらは「雲の向こう、約束の地」「秒速5センチメートル」などもきになる新海誠監督の「ほしのこえ」

実は漫画を先に読んだのですが、30分弱のアニメの中に詰め込むには少しスケールがでかすぎてなんとなく尻切れトンボな感じは否めないものの、それでも発想とこの胸いっぱいの切なさはすごいな、と。

オーバーテクノロジーと日常。その対比はエヴァとかでも既におなじみだけど、ケータイのメールが宇宙と地球で、どんどん遠くなっていってしまうところ、それでも純粋に相手を思っている、思わないとやっていけない感覚はすごく好きだ。

もともと、「夏の終わり」とか、「夏の始まり」とかそーいうのも好きなんですが、「ほしのこえ」の超遠距離恋愛も好きです。うん。好き。こーいうのはプロットの甘さとかそーいうのを通り越してココロの琴線に触れるのです。

しかしケータイのメールとタイムラグっての小道具、今まで散々あった「ワープに伴う時間のずれ」をこんなに新鮮に魅せることができるんですね。その発想に拍手。

ちなみに今日は「時かけ」も見ました。貞本キャラはいいな(苦笑)
[PR]
by nariyukkiy | 2007-07-21 23:50 | sunday people


<< アジアカップ 選挙(観察映画・2006年) >>