気持ち的にはトラックバック(猿と9番、おまけにプレイ)

気がついたら消えていたので、気持ちはトラックバック。

今日は洋服ネタです。

僕が98年くらいから気になっている洋服ブランドにNumber(n)ineがあって、その頃は今では「青タグ」と呼ばれるブランド名が記載されていないタグがかっこよかった、とかその次のシーズン、原宿の地下にあったお店は「ウラハラ」というよりは「裏外苑前」で、(自分の高校のすぐ近くだった)今はPledgeのデザイナーが普通に接客していたりするなか、Tシャツのデザインセンス、壁にディスプレイされたデニムやジャケットの格好良さにかなりほれ込んでいました。

N(N)のコンセプトはその頃は今ほどアメリカ寄りではなく、かといってモードなわけでもなく本当に「東京のストリートが似合う」服だったと思います。ジャケットのエレガンスさと、カットオフしたデニム、Tシャツをあわすというのは少し後のエディのDiorHommeじゃないか、というもの。

翌99年SSの「EXTRAHEAVY」、99/00「REDISUN」で東京コレクションのランウェイに登場したその頃が、「東京のストリートが似合う」服としてのN(N)のひとつのピークではないでしょうか。
上記のようなカジュアルとモードのミックス具合は、それまでのいくつかのシーズンのN(N)を象徴するスタイルでしたし、だからこそ「ブレイク」したのでしょう。

一方、POPEYEのエディターだかフリーライターだかをやっていて、JYUNTAKAHASHIになる前のジュニオさんとNOWHEREをやっていたAPEさん。あの、といって伝わりそうなアイコンと、アメカジとヒップホップをベースにしたTシャツのデザインや洋服はまさしく「ウラハラ」のど真ん中(の地下)に鎮座していたし、コレクションに出て行ったUndercoverと青山に居を移したのがやはり99-00シーズン。

どういった縁だか知りませんが、REDISUN期、そしてEXTRAHEAVY期のN(N)はAPEとコラボレーションをしています。といっても、APEのアイコンをサイズ標記にしたデニム、ブラウンを中心とした「APE」的な色にしただけのスニーカー、パーカ、ジャケットにライダースで、基本はN(N)のパターンをAPEのタグ(A BATHING(A)PEでしたか)で出しただけでしたが、これが大ヒット。おかげさまで猿のファンがN(N)を詣で、はれて「レア」が売りのウラハラ商売にN(N)は乗っかることが出来ました。(もともと点数も少なくて買いづらかったのに、恵比寿に大行列が出来たのには驚きを通り越してアフォかと思いましたよ)

と、ここまで書いていてお分かりかもしれませんが、僕はN(N)は好きですが、猿はいっこうに好きになれませんでした。ぱっと見でわかるアイコンやカモ柄にもいっこうに魅かれず。それはこのときも、今でもまったく変わらず。

一方のN(N)はその後ダメージデニムをはじめ加工ものを多く出したり、けっこうわかりやすいアイコン(ジオ柄、紋章など)を出したり、前からあったFenderなどのロゴも前面に押し出すようになり、(決してそれまでもなかったわけではないけれど)けっこう「わかりやすい」物が増えてきたように思えます。もちろん「わかりやすい」が増えている時期と「ブレイク」の時期は重なっているため、それが一因では、との声もありますが、まあそれはおいといて、APEとコラボ後、つまりREDISUN期以降のN(N)はどこか精彩を欠いているような、かといって「ぜんぜんダメ」ではないといった感じです。(それもパリに行くまでの短い間だけでしたが)

ジャケットのクオリティはパリコレに出た頃からどんどんダメになっているし、デニムこそn(n)ラインになってから細身でスタンダードなものを出すようになってだいぶよくはなっているものの、やはり東コレ期に比べるとなんだか、という感じもあり、結局すべてのケチのつきはじめはAPEとのコラボなのかもしれません。

とかいいつつ音楽ネタやイギリスネタが炸裂しているときは嫌いではないので、結局細々と買ってしまうのですけどね。昔のアイテムは大事に着よう、と思っています。

何が言いたいのかって言うと、別にないのですが、まあ、結論から言うとN(n)は昔好きだった人が気になる感覚でなんとなく見てしまったり、ちょっかいを出したりするのですが、昔から苦手だと思っている猿はやはりキライってことですかね。

あ、でおまけのPLAY。
ハートのアイコンってだけでギャルソンらしさのかけらも見当たらないギャルソンレーベルですが、なぜかみんな好きですよね。
あんなにプリュスやジュンヤの服は遠くからでもそれだとわかるのに、「ぎゃるそん」って入ってないと自信持てないのかなあ・・・。

まあ、先生のその目の付け所はすごいと思うけど、俺は買わないなあ・・・。って結局高くて一発でそれとわかるプリュス買っている時点で、レベルは一緒なのかもしれませんが・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-07-17 00:50 | fashion


<< 霧の鹿島から、亜熱帯の国立へ。 新しい靴 >>