京都、イルギオットーネと肥後橋 トゥールモンド

京都は清水寺の近くにある、イタリアン、イル・ギオットーネ

GWを利用して関西に訪問した際にいってみた。

a0028025_17172960.jpg


清水寺へと登る坂の途中にある五重塔、その奥にさりげなくあった。
意思がないとたどり着かないよなあ・・・。

アラカルト、という選択肢もあったが、お任せコースで自家製ソーセージとタコを食べさせろ、とオーダー。
飲み物はビールとワイン。

前菜が3品に、メイン、パスタとリゾット、口直しのシャーベットにデザート。

どれもこれも水準以上の美味しさだったが、特筆すべきはパスタ。明石のタコにたけのこ、だっけか。

a0028025_17495491.jpg


こいつは美味しかった。

もちろん自家製ソーセージも、リゾットも美味しかったけれど、このパスタはそこいらじゃ食べれまい。

デザートは写真がきれいに撮れたのでのっけてみよう。

a0028025_1751193.jpg


どれもこれもすばらしい。
京野菜をつかった、ちょっと創作よりだけどしっかりとした技術や、何より「食べる」人のことを考えてくれている料理だった。





翌日、菊地成孔×南博のコンサートを梅田で堪能。

17時から始まったコンサートで19時には終了。
せっかくだからと前から気になっていたという肥後橋のTout le mondeというフレンチへ。

結論から言うと、イルギオットーネが吹っ飛ぶほど、美味しかったしサービスもよかったのは、こちらの店だった。

正直、写真撮るのさえもったいないくらい。

前菜に食べたホワイトアスパラのアイスとミントのソースのサラダ。
アスパラのアイス、というのが既にびっくりだが臭みもなく、上にかけられたトマトとミントのソースも秀逸。
その下にはアスパラとトマト。

そんな前菜からはじまったおかげで、けっこうふっとんでしまって堪能した。
こちらも前菜があと2品くらいあって、魚(確かイサキだったかな)、肉料理は鳩肉のカツとロースト。
これまた美味しかった。


そのあと、チーズも出てきたかな。

この店のグラスワインがこれまたどれも美味しくて、白赤いづれも3種類くらいの中から選べるし、どれも趣向が少しずつ違っていて楽しめる感じ。

デザートを食べ終わって帰る頃には22時を回っていたが大満足でした。

京都の名店ギオットーネと、肥後橋のトゥールモンド。またどっちに行きたいかといわれたら肥後橋だなあ・・・。

料理が出てきたときの驚きもサービスも(ギオットーネはサービスはあの値段には見合ってない。パンのサーブ2,3回スルーされたし、料理の説明もたまにあやふや)肥後橋のほうがその時間を楽しめたんだよね。

ちなみにGWはこのほかにも恵比寿のDoRoaaneにいったり、実家でBBQ食べたり、恵比寿のボリートボリート(友人が働いている)で食べたりと少しやりすぎました・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-17 18:17 | sunday people


<< (sundaypeople的)... 「0 手仕事により、フォルムを... >>