夏の終わり

今日はとても涼しかったですね。
まあ、スーツとしてはこのくらいのほうがすごしやすいのですが、否応なく“夏の終わり”を感じさせる一日でしたね。

しかし、一年の中で僕はこの季節が一番好きですね。
暑かった日々、旅行の思い出、日焼けのあと、ずっと聞いていたレゲエ。
そういった一つ一つが新しいモードに切り替わっていく中で、少しずつ過去の物になっていく。
長袖をきるのが楽しみになったり、次の旅行に思いをはせたり、撮った写真を眺めたり。
新しく買ったJazzのアルバムと、読書。マイヤーズとコロナのストックがなくなって買う、シーヴァス・リーガルとギネス。
人気のなくなったビーチや、いつのまにか空が高くなっているコトに気がつく昼下がりの空気。ひとつひとつが、「ああ、終わっていくんだなあ」という、夏の終わり。

でも、そう思っていると、まだまだ、とばかりに暑い日が戻ってきたりする。しまったなあ、とばかりにはしゃぐ街並み。サングラスとノースリーブの女の子達。

大丈夫、また夏はきっとくる。


とまあ、青臭いことかいてみたけれど。
こういう内容の、“ゴーゴーガールズ⇔スウィングアウトボーイズ”という本が、僕は一番好きです。OK,ボーイズ。この本を読めば、いつでも夏はくる。
[PR]
by nariyukkiy | 2004-08-24 02:01 | sunday people


<< R.D.R city-country-city >>