夏祭り

この土日で、またこどもと子どもと子供と
1泊2日たわむれてきました。
んー、色々あるけど、楽しかった!!

土曜日。
遅れて行ったらこどもに取り囲まれる。
はたかれる。
もう。。。俺のこと好きなのはわかったからさぁ。。(言ったら即座に否定する、君たちが大好きです)

気を取り直して、とりあえず、準備、準備、準備・・・・・。
わが班のこどもは、あきやすい奴らが勢ぞろいなんで、高校生リーダーも大変なんだろうなあ・・・ってか、おい、、、(以下自己規制)

まあ、いつもとはちょこっと違うこども(あんまからんでない)達と、この夏何故だか縁のある少年、今回はなんだかんだ言って、キャンプより頼りにしていたよ。子供があまりに(っと自己規制)

作業はそれほどないだけに、こどもの事を見ない「リーダー」にちょこっと切れそうに。

悪いが、僕は高校生の面倒は見る気にならない。
と、いうのも、彼らは半分はオトナなのだし、自分が子ども扱いされたら、いやじゃないのかな?僕は少なくともいやだ。目に見えて助けられているのがわかるのは。それに甘えるのも。そうじゃなくてもサポートされているのに、ことさらそれを強調されて、いいのか?って感じ。少なくとも自分で自分の役割を意識して、できないまでも、やってほしい。そしたらきちんと支えるからさ。
去年、仲が良かった高校生(今でも仲がいいけどね)とは、「子供」という視点で付き合っていないと思う。自分と対等、ではないけれど世話する対象というよりは一緒に何かをできる仲間だと思って接していたし、尊敬できるところは素直に尊敬できるやつらだと思っている。今年一緒にやった連中は、良くも悪くもまだまだ子供。高2と高3の違い?だけなのかなあ。違うと思うぞ。

次の日作業放棄している高校生を見て、そんな怒りを(自己規制)小学生が孤軍奮闘している(ま、あとの二人はすき放題だったけど、一人で五人+お客さんはさすがに見れない、本部のリーダーに助けてもらっても、、、無理だよ・・・)のが痛々しい。し中学生もなんだか自分のやりたいことができなくてぼんやり。

あきれつつ、怒りつつ。でもなんとかしなきゃってね。

まずは祭りのお店は満員御礼。隣の空きスペースに追加出店。中学生がやっと生き生きとする。よかったよかった。本店もそれでまわりはじめたかな?まあ、あいかわらず遊んでいる小2たちと、ぼんやりしてるL一名はそのままほっといたけどね。

1日長かったですね。
[PR]
by nariyukkiy | 2004-08-31 00:26 | sunday people | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wonderword.exblog.jp/tb/951601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< EARTH 街 >>