カテゴリ:there will be angels( 6 )

鍵をかける

自分が思っているのは、望んでいるものはそもそも最初から存在していないと思い、いつものように鍵をかける。

ただそれだけのこと。

いつものように。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-10-16 23:47 | there will be angels | Comments(0)

レインボーブリッジを横目に

a0028025_16134432.jpg


東京散歩。

君の住む部屋へいそいでいるわけではないが、自転車で東京を疾走するのは快感です。
次はどこへ行こうかな。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-04-22 16:13 | there will be angels | Trackback | Comments(2)

今年の誕生日は

電気グルーヴの"Happy Birthday 俺!"
って気分ですな。

あれ?加湿器とどかないよー、みなさーん(笑)
べたに「ティエリーミュグレーのエンジェル」でもいいぞー(なるたんちがい)

メール、カード、メッセージ、プレゼント(予定)などありがとうございます。
皆様にも幸せが訪れますように。

えーっと、ちなみにヨウジヤマモトさんのかばんがnariyukkiyさんからプレゼントされました。ありがとうnariyukkiyさん。


2*歳は、30になってガタが来ないように、基礎体力(頭の中身も)をつけたいと思います。
日々は地続きで続いていくけれど、なんか違う一日のはじまりに。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-12-09 09:11 | there will be angels | Trackback | Comments(5)

神様は信じていないけど

どうにもならないいたずらや皮肉や、ときには運命的なその数々を、偶然や論理で片付けようとするほどリアリストでもない僕は、誰のものでもない存在としての神様を信じるしかなく、その神様は特別ではないこの世界に、何かしらの意味を与えるためにいるのだろうと考える。

何かに絶望するのではなく、先に進むために、神様は存在しているのだと。

僕に想像したこともないくらいの空虚さや、悲しみをもたらすのと同じくらい、神様は僕らに喜びや、本当にどうでもいいことなのに、いつものようにやってくる朝の光が何者にもかえることのできないくらい美しく光るように感じさせてもくれる。

僕は神様を信じていないけれど。

それでも貴方の存在を感じてしまう、その瞬間があるから、いきていける。

生と死。光と陰。
何事にも裏と表があって、僕らはそのどちらかだけでは生きていけない。

それと同じように、神様がいない世界でも生きていけないし、神様だけを信じても生きてはいけない。時には神様を信じる強さを、そして信じないと生きていけない弱さを抱えているし、信じているからこそ、過ちも犯す。

僕は自分しか信じていないさ、なんてうそぶきながら、自分すら信じていないかもしれない。
それでも、世界は続いていく。

僕の前からいなくなってしまったすべてのものへ。
僕は祈りをささげる。

僕がとっくの昔に忘れてしまって、過去形ですら話せなくなってしまった、すべてのものへ。
僕は祈りをささげる。

僕が普段気がつかないうちに通り過ぎている、毎日の出来事に-たとえば空に浮かんでいる雲や、人ごみの中で気がつかないうちにすれ違っている昔の友達や、道端のねこたちに
僕は祈りをささげよう。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-11-14 23:18 | there will be angels | Trackback | Comments(0)

なんとなく

a0028025_1517214.jpg

河川敷とかにきてみた。


[PR]
by nariyukkiy | 2005-11-06 15:17 | there will be angels | Trackback | Comments(0)

ディズニーシー♪

さて、今日は一日ディズニーシーへ遊びに行きましたよ。

まあ、もうすぐパスポートの期限が切れそうだったので、消費もかねて・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-10-09 07:20 | there will be angels