カテゴリ:fashion( 165 )

Style Sample 2014SS

a0028025_0182621.jpg


JYUNYA WATANABE Comme des Garcons MAN
Band Of Outsiders

好きなブランドというか、最近よく着ているのはこの2つがメインになっています。
もちろん、プリュスも好きだし、ショーン・サムソンなんかも好きですが、Band Of Outsidersのシャツのサイズ感が気に入って以来、ギャルソンもバンドと合わせやすいジュンヤがメイン。

どちらのブランドもすごくベーシックな洋服なんだけど、どこかおかしい。
たとえばBand Of Outsidersはブランドの特徴的なアイテムであるシャツ。
いつものチェックシャツ、といっても他にはない配色だったり、切り返しだったり。
オックスフォードシャツのカラーだってオレンジだったりピンクだったり、その振れ幅が何度も魅力的。

ジュンヤも1stシーズンからのリーバイスコラボはもちろんのこと、毎度の何かおかしなコラボレーションだったり、服のつくりがベーシックなアイテムをひねっていて、そのひねり具合が秀逸なんです。

だからといって、そのシーズンの、一つのブランドだけでそろえる、なんてのはなかなかなくて、色々なシーズンの、バンドやジュンヤが混じっているのが僕のベーシックなんです。

というわけで、今シーズンのお気に入り。

Band Of Outsidersのコットンニット以外は2013SSのペイズリーシャツとリーバイス、それに10年以上前のミハラヤスヒロのデニムとミリタリーパンツのドッキング。

かたや、バンドのBDシャツ(青赤!)に今季のジュンヤのリバーシブルブルゾン、2013SSのリーバイスデニム。

そのシーズンが終わったらもう着ない、なんて贅沢は僕にはできないし、ましてや売ってしまって新しい服の資金にする、なんていう甲斐性はもちあわせておりません。
むしろ今の気分とシーズンの洋服がバッチしあうなんてことのほうがおかしいんだし。
[PR]
by nariyukkiy | 2014-04-07 00:30 | fashion | Trackback | Comments(0)

2013-14AW

a0028025_05419100.jpg


Band Of Outsiders Check BD shirts

今季も順調に買い足しています。
本当、自分のサイズに合うシャツに出会えた幸運に感謝ですね、この何シーズンも。
旗艦店もできて買いやすくなってしまったわけで、、、
まだ購入していない、コーデュロイパンツ辺りは買い足したいなあ、と思っている今日この頃ですが、やはりここのシャツは最高です。

HAT MAKER KIJIMA TAKAYUKI
coeurがブランド名を改めてリニューアル。直営店もリニューアルしてシックになっていました。
そして、ますます冴えわたるデザイン。いい意味で洋服を選ぶというか、かぶる人を選ぶというかかぶったときの洋服との相乗効果がハンパないです。
こちらのハンチング/キャスケットはそんなKIJIMAさんの新型。
まさにハンチングとキャスケットのいいとこどりの型に、ツイードの生地感が最高です。ほかの帽子屋さんではまず出会わない、そんな帽子がここにはあるんですよ、と。

このほかにも木島さんのとこではベースボールキャップ(ベルベットの)も購入済みです。これからの季節、かぶって出かけるのが楽しみ。

と、いうわけで今シーズンも順調に買い物しております・・。・
[PR]
by nariyukkiy | 2013-10-31 01:18 | fashion | Trackback | Comments(0)

Summer,T-shirts

はてさて。

じつは「Tシャツ」あんまり似合いません。
ええ、誰にでも似合うであろうこのアイテム、超苦手です。

それでもたまにフィットするTシャツがあります。

たとえば、This is not a poloのカットソー。

a0028025_1611645.jpg


先シーズンのボーダーのもよかったけれど、カラーブロックがなかなかナイス。
アメリカのブランドなのに、サイズ感がコンパクトなのもいいですね。

で、これも先シーズン買ってよかったのが”BWGH"
フランスのレーベルですが、アメリカ的というか、NY的というか。

こちらはもうグラフィックというか、柄勝負。

a0028025_1612843.jpg


セールで安かったのもあって、海外からやってきました。

ま、似合わないといいつつ、やっぱり欲しくなるし、買うからにはフィットするの、かわないとね。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-08-30 16:12 | fashion | Trackback | Comments(0)

sun-miのアフリカ柄スリッパ

a0028025_20263969.jpg


先日、大阪の名店、Publicさんで購入しました。

もともと、僕はなぜか派手な柄が好きです。
洋服を合わせるときも柄×柄も結構好きで、チェックジャケット×ストライプシャツ、とかギャルソンプリュスのわけのわからない(ほめ言葉です)柄合わせ、そんなのも好物だったりするわけで。

きっと、顔立ちが地味な分、洋服で遊ばないと、と思うのかなんなのか、きっとそうなんだろうな、と。

そんなわけで、家の中にアフリカンな柄のものがあったりすると結構落ち着きます。
Publicさんでみかけたこのスリッパもそんなももののひとつ。

つばめ柄というのもなかなかいいですし、裏がレザーでUVカット、という無駄に(失礼)高機能なところ、ケース付きでちょっとした旅行なんかに持っていくことができそうなところも愛嬌があってよろしい。

派手、派手、といっても落ち着いた色柄で部屋の中がちょっと明るくなる、そんなスリッパ。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-07-03 20:29 | fashion | Trackback | Comments(0)

2013SS Final

Districtたんでスリーピースのスーツ買っちゃったぜー。

これにて、春夏終了。

春夏のスーツ買うのは本当久々。

前に買ったのが早くもヘタる(ヤスモノ)という悲劇にあったため、信頼と安定のDistrictに。クールストラッティンのセミオーダーでもよかったんだが、たまたまDistrictのセールにいっちゃったのでね。

この春夏はけっこう「セットアップ」が推されていたのでセットアップで買ったの結構あるんだよなー、だから、〆はやっぱりセットアップだよね!

More
[PR]
by nariyukkiy | 2013-06-30 19:45 | fashion | Trackback | Comments(2)

Not Tokyo Day... 第三節 セレッソ大阪戦

a0028025_2215815.jpg


もうなんというか、FC東京の日、ではなかった、というしかない。
そんな試合が何試合かあるわけで、それをどれだけ減らしていけるか、が優勝を目指す、とか強豪だ、とかいうチームはやっぱり努力しているんだと思います。

鹿島とかね、なんだかんだそういうチームだよなあ、と思うし浦和も今年はなんだか強い。(でもドローだったけど)マリノスは確変中だし、やっぱり初めの勢いって大事なんだよなあ・・・。

セレッソ戦、入り方は東京のほうがよかった。
前節の勢いそのままに相手ゴールに迫っていたし、序盤から相手を圧倒していた。

だから、ゴールは時間の問題、と思っていたけれど、なかなか入らない。
入ったと思ったらなぜか取り消されたり(ハンド?をとられた)、相手の危険なタックルが流され気味だったり、なんとなーく嫌な雰囲気に。

ああ、たぶんこういうのってFC東京およびそのゴール裏が一番苦手な雰囲気です。
微妙なジャッジで、ピッチの上の空気が、なんとなく淀んでいく。
誤審、とまでは言わないけどなんとなく納得がいく感じのしないジャッジ(※実際正しいかどうか、は現地では正直わからないし、贔屓目がない、と言ったらうそになるけれど、なんとなくそういう空気は感染するのだ、残念ながら)のまま前半が過ぎ、後半。

相手は我らが椋原を下げ、(椋原をいぢるという最大の楽しみを奪われてますます気勢をそがれる)やられっぱなしの前半の借りを返しに。

それが実ったというのかなあ、きれいに突破されて失点。うん、このシーンはもう何つーか相手をほめるしかない。やられた。

なにより柏戦で見られた中盤の制圧がこの試合ではなかなか感じられなかった。ヨネはがっつり削られてから、秀人はどこか後ろ向きなプレーを選択することが多く、途中交代も納得のでき。なかなか前にボールが運べない。
ナオに交代後、李忠成もでて、追い付こう、追い越そうという意思は感じられるもフィニッシュがうまくいかない。なんだか図太いオフサイドラインは「細かくラインコントロールしている」というよりは「東京のぎりぎりはとりあえずオフサイド」という感じの線審に(真偽のほどはともかく)縦への、そしてラストの積極性に躊躇するプレーもあり、なんというか「審判への信頼感」が感じられない感じ。(もしかしたらそんな雰囲気になったのはゴール裏も含めて、だと思うと少し悲しいが)

李はあそこまでシュートして、キーパーを抜いて枠に行っても決まらない、となるとホットドッグ屋でケチャップのかけ方も練習した方がいいレベルで「もってない」状態だし、東も河野も石川もうわあああと一歩!!が決まらない状態で、最後ロスタイム5分もなんかしまりのない終わり方で(終わり?と思ったらもうワンプレーあったり・・・。あれじゃ権田もきれますわ)、終わったと思いきや権ちゃんが「何か」にブチ切れてポポがなだめていたり(で、最終的にポポもきれたらしい←まだ見てない)、早々に不人気なコールもやっちゃって、どこかおさまりの付かない、不完全燃焼な試合でした。

でも、だからこそ、ナビスコは切り替えてほしいな。李もここらで先発で出て決めてほしいし、東もあと少しなんだからそのプレーをやめないでほしい。高橋、権田はいないけどその分塩もソータンだっているし、層の厚いとこみせてやれや!という感じ。

もう明日だし、明日は明日で楽しんでいきたいなあ。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2013-03-19 06:20 | fashion | Trackback | Comments(0)

付け足しの青赤シャツ

a0028025_159636.jpg


もう春夏シーズンは始まっていますが、サッカー開幕とともにフル回転中の「青赤BDシャツ」(ネルシャツを除く)部門です。

一応、2011―12AW、12-13AW、12SSの青赤シャツですね。

Band Of Outsidersの「定番」といえばOxfordなわけですが、この3着はどれもOXではありません。
ちょっとやわらかい生地だったり、ツイルだったり、素材とガラ違いの形一緒、という枠ですね。

バンドのシャツとcoeurの帽子はシーズンごとに同じ形であっても追加したくなるものですが、青赤、という枠と重複しているのが、この青赤BDシャツ枠です、はい。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-03-19 02:08 | fashion | Trackback | Comments(0)

僕の色ち買いが年々ひどくなっている件。

a0028025_0563884.jpg


Band of Outsiders 2012-13AW pants...

形は全部一緒。サイズも全部一緒。
買ったところと時期は全部別。

コットンパンツはデニムと同じスタイルの後染め。
コーデュロイパンツはまさかマスタードも買うとは思わなんだ・・・(でも、似合ったんだもの)

マスタード、ベージュ、ネイビーの3色買いでした。
しかし、色合いの絶妙さといい、太さといい完璧です。

冬にもいいけど、春先にもきれそうな軽さもいい、逸品でした。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-02-15 00:58 | fashion | Trackback | Comments(0)

なぜ僕が広島まで行ってコム・デ・ギャルソン・オムプリュスを買って帰ってくるのか。

「これ売れ筋ですよ」とか「SEN◎Eの編集長がすすめてましたよ」というお店での殺し文句は、実に僕にとっては「じゃあ買わなくていいや」と思う一手に等しい。

別に売れてるもんがほしいんじゃないし、僕はM谷教でもない。黒は好きだけどブラックでなんでもコラボすればいいってもんじゃない。

特に「これ人気です」とか「たくさんつけてましたけど、もう最後の1品」とか言われた日にはじゃあ俺じゃなくでも買う人いるよね、でQED。お買いもの終了。

下手すりゃその店にはもう行かなくたっていいや、となる。

面倒くさい客だなあ、んなやつほかで買ってくれ、とたぶんお店の人は言うだろうから、別に向こうにとってもいいんだろうけどね。

で、本題。
「ギャルソン」、すなわちcomme des garconsのお店の店員さんは、どちらかというとそういうトークが少ない。(人にもよる)

そのうえ、割と着にくそうなプリュスラインの服でも、けっこう的確に人の好みや似合うものを見つけてくるのがうまいんだよな、と思う。

過去にも、たとえばギンガムチェックの3/4袖丈のシャツコートとかスカート付パンツ、後染めのキルトスカートやノースリーブのダッフル、、、すべて「買うつもりがない」はずが薦められて試着した結果、とても自分に似合っていて、結果としてお買い上げ、というものだ。

もちろん、ギャルソン以外にもそういう店員さんはいる。Dの店員さんは、ギャルソンだけでなくセレクトショップだからこそ、のいろいろなブランドミックスでの同じような接客が心地いいし、やはり結果として購入につながっている。

そりゃ、「たくさん仕入れて、よく売れてます」のほうが多くの人が刺さっているのかもしれない。
だけど、ギャルソンのようなひねくれた洋服たちには、もっと着る手のツボをつく接客のマジックがよく似合うし、その結果購入した洋服たちは手放すことができない。

2013SSシーズン、偶然広島で立ち寄ったコムデギャルソン。
プリュスはそんなに買うつもりがなかったのに、チェックのセットアップを買ったのもまさにそういった「偶然のフィット」がモノを言っている。
試着したときに、ああ、これは「意外に」似合う、という感覚。

この感覚を覚えた瞬間、広島だろうとどこだろうと、いっちゃいます・・。

まだ春物は始まったばかりですが、けっこういい買い物、始まっています。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-02-06 02:34 | fashion | Trackback | Comments(0)

The Soloist From GB

a0028025_19484673.jpg


グレー、ってのが絶妙ですよね、これ。
シルエットもちょっとぼてっとしていてローカットのスニーカーのバランスとしては最高。

ハイテクはポンプ一辺倒だし、ハイカットは基本KVAですが、ローカットのスニーカー部門、久々のエース級です。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-10-12 19:53 | fashion | Trackback | Comments(0)