カテゴリ:music( 186 )

小沢健二 魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ @ZeppNamba 2016/06/06

2012年の東京の街を奏でる以来の大規模なツアーは、バンド編成、新曲を携えてという事でのもの。

久々に沈黙を破ったひふみよツアーのドラマチックさや、朗読と曲で細切れになった実験的な(・・・最大限のフォローですよ)東京の街を奏でるとはまた違った構成だったけれど、結果としては色々とあったミッシングリンクを埋めることができたのでは、という内容だったと思う。

1曲目は昨日と今日。
バンド編成だからか、 BPM早め、グルービーにスタート。
いきなりデビューアルバムの1曲目というリスタート感と、モータウンかカートムか、といわんばかりのニューソウルなアレンジでスタートした。
このソウルセッションか、というアレンジは新曲も、過去も曲もうまく今のオザワケンジのモード、を印象づけいた。

そして、気になる新曲は、2曲目から。もともと新曲を携えてのツアーです、とアナウンスしていたわけだけど、前のツアーと違ってスクリーンに歌詞を映し出す演出。
リアルタイムでないこともあったけれどきちんと歌詞と曲をインプットしたい、という演出で、だいぶ親切設計。

2,3曲目に披露した曲は、歌詞は言うなればいちごが染まる系の復活後の系統なのかな。
童話のような、幼きものに話しかけるような、アメリカの絵本のような歌詞とソウルマナーの曲。この子どもたちに話しかけるような、小説を紡ぐかのような歌詞はうさぎ!の世界観をもちながらよりリアルな世界と、ファンタジーの世界とをつないでいる。まさにリアルと虚構をつなぐ秀逸なできで、「朗読」スタイルで同じこと言われたらさめさそうなことも表現を変えて歌にするだけでこんなにも違うのにな、というのが正直な感想だったり。

そのあとのホテルと嵐~大人になれば。
新曲である「涙は透明な血なのか」、をはさんでの一つの魔法。
このセットリストの流れでふと、ツアータイトルにもあった魔法が、以前の曲にも散りばめられていたことに改めて気がついた。
「いま」の小沢健二のモードが、長い沈黙の時間の前とつながっていく感覚を、ひふみよ、や「ヒット曲をたくさんやります」といっていた「東京の街を奏でる」よりもより強く感じられ、「懐かしの曲を、みんなで歌おう」という掛け声にも、どこか素直に乗れる感じだった。

そして、それはちょっと、ドアノックに続いて披露された「流動体について」、というタイトルの新曲。
これがなかなか衝撃的というか、インパクトがあった。

加速するグルーヴを伴っての演奏だったけれど、ふくろうやさめが出てきた今までの新曲とは打って変わって、「東京」が舞台。
ドアノックからの流れが、よりその歌詞を際立たせていた気がする。
「流動体について」のスクリーンに映し出された歌詞は、羽田空港に降り立った主人公の、「平行世界」での人生に思いをはせている。

そう、このツアータイトルをきいたときにまず浮かんだ「ある光」(前のツアーで唯一、この曲をライブで聴けたのだけが印象に残っている)で、JFKを追い、NYCへと旅立った小沢健二が、「東京」に、日本にいたら。
そう言えばひふみよツアーで披露した「時間軸をまげて」と、自分の思想だけからではないない物語を歌うとき、小沢健二は少しだけ時間や視点を曲げる。(それは天使たちのシーンだってそうだ)ボーイズライフの2曲も、そのあとにやった超越者たちも「時間」や「場所」が歌詞に登場し、また詩世界の中で重要な位置を占める。

物語を紡ぐ目線が、昔も今も小沢健二だからこそ、の感覚。


アンコールも含め、7曲の新曲。

そしてライブが終わって何日かたつけれど、ふとしたとき、確かに新曲の断片が頭をよぎる。
心に残っている。

これは、今回のソウルバンドアレンジや歌詞の見せ方を含めた楽曲に集中させる演出の果たす役割も大きいが、何よりも新しい楽曲の強度によるところが大きいと思う。
もうライブでしか新曲を披露しないかも、とか音源出さないかなとかいろいろ思うけれど、今は音の余韻に浸りながら、ポップスターの帰還を喜ぼう。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2016-06-09 22:00 | music

FlyingLotus 「You're Dead!」

2014年、今までで一番音楽に触れていなかった年・・・。

後半(2014年7月~)行ったコンサートは、Perfumeと、FlyingLotusのみ・・・。
新譜、という意味ではFlyingLortusだけやん。

実際、BEST10なんてポストできません。
たぶん、2014年CD30枚くらいしか買ってないんじゃ・・・。

前半、よく聴いたのはEno/Hydeの2枚と、菊地成孔とぺぺの「戦争と戦後」
Teebsをまとめて買ったけど、思ったより聞かなかったな・・・。

そして後半は、もうFlyingLotusの新譜ですね。
ライブも素晴らしかった。

フライングロータス自体はCosmogrammaで話題になったときから聞いていたわけだけど、ライブにいったのは初・・・。というか単独での来日は今回が初!

いろんな方のレビュー見る限り「いつもより進化した」「けれど予定調和的でもあり」なライブだったようだけど、
初見の私としてはなかなかに楽しめました。

会場にセットされた3D投影のスクリーン・・・HyperCubeというのか、の中に入っていく怪しげな人影、
そして始まるビート。。。

映像と音とが混然一体となるステージは、電子音なんだけどどこかジャズっぽい、彼の音楽と世界を体現していました。

サポートアクトのドリアン・コンセプトもDJ-SETのようだったけどところどころのアドリブがすごく効いていて、フューチャージャズ」ってよく言うけどそれがどういうものか、というのを自然と体現していてアメリカのビートミュージックって、ジャズが自然と組み込まれているんだな、ということをありありと感じました。

これが日本だと「ジャズ」はジャズ、クラブミュージック(ビート/エレクトロ)はそれ、と結構分けられていてクラブジャズってのもなんとなくおしゃれなウワモノ主体になりがちだからなあ。

こういうジャンルを超越する、というかジャズを昔のものととらえない、アティチュードとしてとらえるのはやはりかの国ならでは。

そして、そのうえで非常に気持ちよく踊らされるとは、、、
[PR]
by nariyukkiy | 2014-12-23 00:33 | music

「戦前と戦後」菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール

ずっと出す、出すといっていた「菊地成孔のウタモノ」がペペトルメントアスカラールの形で結実した、ということか。

全11曲中10曲が菊地成孔による歌唱。
中にはVoiceとしてSIMILABからOMSB、DyyPRIDEのほかLeija Hanrahan(って、Kipの娘さんだとか)がはいったKipHanrahanの楽曲(Michalangelo、ってTanogo ZeroHourしか出てこなかったんだけど)やBeautiful Scarsに収録されていた「Caravaggio」のカバー、はてはフランクオーシャンの「スーパーリッチキッズ」まで!

1曲目の「退行」からして、南方指向のオルケスタ(※よくわからないで真似しています、いいかた)、ジャズオーケストラであるぺぺの「官能と憂鬱」がたっぷりと入っている。なんとなく「京マチ子の夜」にVocal入れたのかな、という第一印象だったのだけど、それはいきなり甘美な世界に引き込まれる、ということ。
(「南米のエリザベステーラー」も「京マチ子の夜」で完全にその世界にはいったのだから)
WomanもKNQDのライブでも披露していたが、バンドネオンとピアノが絡むアレンジがなんともこの曲の隠微な空気を醸し出していて、これまたいい感じ。

そのままの流れでのKipの楽曲にナレーションやラップ。KipHanrahanの持っていたNYCのアンダーグラウンドな雰囲気から発した無国籍性が、ラップが絡むことで逆に引き立つ、という演出は何とも心憎い。

ぺぺの魅力はやっぱりこのちょっと憂鬱な感じなんだよなあ、という前半。

インストゥメンタルを挟んでの中盤はちょっとポップな感じに盛り上がっていたらFrankOceanのカバー。
これも、原曲の乾いた空気がどことなく湿っぽくなっているアレンジ。

これまでのぺぺはどちらかというと菊地成孔以外の歌唱や、ナレーションがほとんどだったことを考えると一気に菊地成孔Sings、色を強めたわけだけど特にカバー曲のチョイスがラテンジャズアレンジのヒップホップソウル、それも出自がヒップホップじゃない曲へのラップの挿入だったりと「誰かが気づきそうで、誰もやっていない」ところのアイディアとそのアウトプットのクオリティの高さがまた際立ったアルバムに仕上がっていた。

気が付けば10年目?のぺぺなわけだけど、なんだかこれからの動きが楽しみになる、そんな一枚だった。
(っということは、ここでおしまい、というのも十分ありそうだなあ、と思うけど)

戦前と戦後
[PR]
by nariyukkiy | 2014-03-28 01:39 | music

LEVEL3は確かにまたひとつレベルアップしていたよね、ということ。

今さらですが。

2013年のライブはいつものようにTokyoNo.1Soulsetで〆たわけですが、12月のライブ、というとPerfumeのドームコンサート、こちらだったわけで。

思えばPerfume?なんか胡散臭いな、、、と思っていた日から幾星霜・・・・
いつの間にかコンサートでMY COLORのふりを全力でやる、そんな感じがとても気に入っているわけでもある。

しかし、初めてPerdume見たときは「・・・曲よりMCのほうが長い、という噂は本当だったのか―」とかPTAのコーナーに面食らっていたわけだが回を追うごとにそんな定番は定番として、Perfumeの魅力―中田ヤスタカのサウンドと、PerfumeのVoce,パフォーマンス、演出の高次元のリンクを楽しんでいるし、なにより「テクノポップ」と評される彼女らの楽曲はその実もはや「レイブ・ポップ」なのではないか、と勝手に悦に入っている。

なんだそのレイブ・ポップって。

今回のコンサートでいうとしょっぱなのEnter the SphereからSpring of Life...(デリック・メイのStrings of...を髣髴とさせるタイトルだよなあ、聴けば聞くほど)のオープニング、そしてParty Maler~エレクトロワールドまでのレーザービームバッキバキの中盤に感じたのはこの会場の広さ、そしてテクノ・サウンドの上にのったVoiceの感覚がテクノというよりはまるでElectroGlideかWREにでもきて、Underworldなんかとつないだって違和感ないよなあ、と思ってしまったわけで、そのテクノサウンドと、歌謡曲的な、J-POP的なバランスの良さが、Perfumeのコンサートで感じる一番の心地よさ、な気がしているわけなのだ。

もちろん、彼女たちの軽妙な、というには明らかに比重を重く占めているMCやダンス、テクノ色が薄い楽曲やキュートなダンス、サンタコスプレ(おもにのっちの)も大いなる彼女たちの魅力だし、あ~ちゃんがライブのたびに「Perfumeは成長している!」というのもまったく嘘ではないと思うし、そりゃデトロイト・テクノのコンピとかURのライブ盤、テクノのDJMIX聴いているとPerfumeをテクノといっていいのか?というむきにも賛同したくなる。

だけど、それでもこのコンサートで感じたレイブの高揚感、をかわいい女の子たちが体現して、そしてさらに先に進もうとしている、ということ、そのストーリーはまだLevel3、なのだなと思うとちょっとまだまだ楽しみだ。

うん、とりあえずPerfume CLipみよっと。

ちなみにセットリストはこんな感じ
[PR]
by nariyukkiy | 2014-02-19 23:19 | music

James Blake

気が付いたら2013年も半分すぎていたわけで、そんな半分、いくら音楽に疎くなったとはいえ、毎月1回はライブにいっていたなあ、と思うわけで。・・・あれ、2月俺何行ったんだっけ??何かチケットかった記憶はあるのだが・・・まあ、いいや。

1月 菊地成孔Dub Septet
2月 
3月 坪口、菊地、本田(坪口昌恭 PIT INN)
4月 菊地成孔クインテットライブダブ、
5月 DCPRG(with 在日ファンク、SimiLab)
6月 James Blake

見ていただければわかるように、6月以外は全部菊地成孔関連である。
やれやれ。俺は菊地成孔しか聞いてないみたいじゃないか。
(だいたい間違いではない)

Best Live,Best set
[PR]
by nariyukkiy | 2013-07-08 01:59 | music

2012 Best 3 Music

遅まきながら2012年のベストアルバムってなに?っていわれたら 

1.七尾旅人/リトルメロディ
2.DCPRG/SECOND REPORT FROM IRON MOUNTAIN
3.LAMA/Modanica 

の3アルバムを推します。1~3はほぼ順不同。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2013-01-20 23:10 | music

菊地成孔 DCPRG @新木場StudioCoast

a0028025_221875.jpg


結論から言うと、DCPRGの音楽はジャズであり、ファンクであり、フリージャズであり、そしてヒップホップだった。

4月12日 スタジオコーストでのDCPRG(not Date Course...)の、セカンドアルバムリリースパーティ。

キラースメルスのライブは、いかにも「フロントアクト」という感じではあったが、深夜ラジオっぽさと、スパンクスの時の胡散臭さを菊地さんが醸し出していて、結果として面白いライブではあった。(ビールを2杯)

で、次にあったSIMI LAB単体のライブ。
SIMI LABのライム、フローは久しぶりに聞いた日本語HIPHOPの「衝撃」だった。
僕は日本のヒップホップに関しては完全にミドルスクール(さんぴんCAMP前後の、MUROやBUDDAやLB)しか聞いていない程度だし、それだって現場にいったり、というほどではない、かなりミーハーな聞き方だと思う。
それでも、SIMI LAB単体のライブはとても、「のれた」ライブだった。
なんとも気持ちがいいRapのリズムと、タイトなバックトラック。

(なんとなくビートとラップがTWIGGYを思い出したけど、それはもしかしたら俺がTWIGGYが好きなだけかもしれん)

そして、そのSIMILABもゲスト参加するDCPRG本編。19時40分ごろスタートで、22時すぎ終了。2時間30分弱とほぼ通常運行ですね。

ただ、今回は新曲多数だし、Catch22もRap入り。SIMILabさんも入るからなー、と思っていたけど、初めの1時間くらいかな、ハノイやサークル/ラインといった曲からまずはフロアをあっためてからの、Catch22.

大友さんのRapからボカロに渡って、菊地さんのMC(ラップの方ね)とこれまたSimiLabとはだいぶ違う、ラップというよりポエトリーリーディングかアジテイトに近いラップが、これまたCatch22のポリリズムとあうんだよなー。気持ちいいなーと思っていたらの、マイクロフォンタイソン~アンコモンアンリミックス。
SimiLabのトラックで聞くのもいいけど、生演奏というかDCPRGの演奏にバッチシはまっていて、いや、まじやべえっす。という感じ。
さすがDCPRGのメンバーというべきかもしれないが、そのアドリブというかソロにも負けないRapをSIMI LABの面々も繰り出していて、まさにコトバが武器だなあと。

その後も新生DCPRG!な曲を楽しんで最後はアリミ・バラカさんをフィーチャーしたデュラン。
DCPRGのライブといえばこのCDJで「誰かの」(大統領もあったし、コーランもあった)演説なんかをマッシュアップしていたけど、公式に音源まで出しちゃうとはw。という感じではあったが、やはりライブではそれがいい。

しかし、音楽理論的な知識が全く無知なので理論的に「どこがいい」という指摘ができないのが歯がゆいのですが、それでもDCPRGのライブ、感覚的に何度聞いても、ジャズのようで、ジャズだけでなく、じゃあファンクかといわれるとすこしクールすぎるような気もするし、みんなでわーーと盛り上がるというよりもみんながばらばらにうわーーとなっている、この感覚が、本当に心地いいんですよね。

で、その心地よさの最たるものが、この日のアンコール。
MirrorBallという曲だけでも十分そうなんだけど、このみんなバラバラだったのがぐわっと一つになる、そんなデザートの上に、SimiLabの曲【後で確認したらThe Bluesという曲らしい)をマッシュアップしていたわけですが、これがまたすばらしい。
5MCがマルチにグルーヴして、そのトラックがMirrorBallのベースを刻む。
DCPRGのアンコールといえば、なこのキラーチューンにRapがポリリズム的に作用して、その魅力が増していた、まさに「キラー」な1曲。

長丁場のライブをきっちりと〆ていた。

そう、ライブってやっぱりこうだよ!
この昂揚感。解放される感じ。

こういうのを求めているんだよ!というライブでした、まさに。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-22 19:58 | music

人生に影響を与えた45曲 Ver.BELLEAND

wokingさんに触発されてエントリした企画ですが、音楽好きなら気になる!というわけで、
Twitterでいつも絡んでいただき、いつも良質な音楽を教えてくれるBELLEANDさんがぜひやってみたい!ということで、ぜひ。

と、ゴタクはこのくらいにして、さっそく、BELLEANDさんの45曲、行ってみましょう。
その前にご本人のご挨拶↓

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
はじめまして。ツイッターでnariyukkiyさんにお世話になっている
BELLEANDと申します。

「人生に影響を与えた45曲の企画が面白そう!」とツイートした所、nariyukkiyさんから「ブログを貸しますよ」とお声掛け頂いたので選曲してみました。

More 
[PR]
by nariyukkiy | 2012-02-02 22:14 | music

「人生に影響を与えた45曲」ver.nariykkiy

「人生に影響を与えた45曲」ver. woking1998を、やってらしたのをみて。

正直、結構かぶってるんですけど、考えるのが楽しいですよね、これ。
一応、1アーティストにつき1曲(じゃないとオザケンで45曲終わるから)
「一番好きな歌」ではなくて「聞いたことで明らかに人生に影響を与えた」
そんな曲をチョイスしております。

Youtube重いけどどーぞ。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2012-01-24 01:03 | music

2011年にいったライブ

を、印象に残っている順番で並べるとって何かなーと考えたとき、

1.Kip Hanrahan"BeautifulScars"@BlueNote Tokyo

2.Naruyoshi Kikuchi Lost Quintet@Shinjyuku PIT INN

3.DCPRG "GAP" Ebisu Liquid Room

4.Arashi Tour 2011-12 "Beautiful World" @Kyosera-DOME

5.Tokyo No1. Soulset ×Sunny Day Service @Ebisu Liquid room

6.Kikuchi Naruyoshi Quintet Live Dub @JZbrat

7.Belle And Sebastian@Sinkiba Studio Coast

8.Tokyo No1. Soulset "すべて光" @Ebisu Liquid room

9.World's end girlfriend @Ebisu Liquidroom

10.DCPRG“NEW ALBUM「ALTER WAR IN TOKYO」Release Party @Ebisu Liquid Room

・・・。見事なまでに菊地さんに偏向してる。
KipのBeautiful Scarsを生で聞けたのと、GAPでの菊地さんのレイ・ハラカミにむけたメッセージ、ソウルセットの年末ライブの「来年の今日まで、解散」というMCはなかなか耳に残る、心に残るメッセージでした。

そして、何気に嵐の「僕が僕のすべて」で始まったコンサートは、彼らなりの東日本大震災への思いが伝わってきて、けっこうぐっときました。

震災関連、というかライブで見たわけではないけど七尾旅人とFishmans+のDommuneでのライブはあの震災のあと、ミュージシャンがどうすればいいかという「思い」や戸惑いがそのままネットを通して伝わってきて印象深いな。

もちろん、震災前のベルセバなんかもかなりピースフルでいいライブだったんだけどね。

心残りなのは「花と水」にいけなかったこと。

だんだん音楽にさける時間が少なくなってきた感があるけど、地味にCDを再生する機会は増えているので、懲りずにいろいろライブ行こうっと。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-01-09 00:43 | music