カテゴリ:sunday people( 262 )

大阪滞在はアートの日々

先週末をはさむけっこうな時間、大阪滞在していました。

daywlkerさんの大阪行きに遅れること約30分。Twitterでおっかけていったのは完全な偶然でしたが。

で、大阪ではTimeTrain@Six、ナマエのないカタチ@伊丹、Theater Productsの買えるアトリエ@grafと、なかなかアート三昧。

そういえば伊丹では酒盃の展示もあって、勢いあまって変なの買いそうになっていましたw

More
[PR]
by nariyukkiy | 2010-12-15 00:07 | sunday people | Trackback | Comments(0)

Winter day

10数年前、このいちょう並木の横で過ごしていたんだなあ。
今は忘れてしまった、たくさんの思いが、少しだけよみがえる。

a0028025_042770.jpg


弾けるココロのブルース、少しだけ考えてる。
”いちょう並木のセレナーデ”より。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-12-08 00:04 | sunday people | Trackback | Comments(0)

精神

精神 
2008年
想田 和弘(監督・撮影・編集)

観察映画第2弾。

精神病院、というか診療科にくる患者さんと、医師との会話、患者同士の交流、ヘルパーさんとのやりとり、監督自身とのコミュニケーション、それらを淡々と進めて行くというまさに観察映画。

躁うつ病、統合失調症など、さまざまな「精神の病」のヴェールの向こうで、生きる人々の、彼等の言葉は時に重く、時に自分で原因がわかっていながらどうしようもなく、時にナイーブすぎて、だからゆえの「いま」があることがわかる。

僕と彼らとの差はないに等しい。どちらかというと僕のほうがよほど鈍感で、よほど偽悪的で、偽善的で、よほど軽く生きている。同じように悩みがあったとしても、目を閉じて、適当にやり過ごしている。

どっちが正しいか、ではない。どっちが病か、でもない。

ただ観察する、話を聞く、ということ。自分の気持ちをどこかにぶつけられること、それがすべての人間にとって大事なことであり、それを必要な時期に、(もしくは、追い詰められる前に)その手が差し伸べられたかどうか、そのタイミングの些細な差が、こんなにも分厚いヴェールになっていたのか、と思うとなかなかぞっとするし、そうと気付けたことが、ありがたくも、またこの映画の肝なのかもしれない。

ラストの詩の朗読のシーンのナイーブさ、明日のわからなさに戦慄と感激を覚えました。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-11-28 22:45 | sunday people | Trackback | Comments(0)

ネイチャーセンス展@森美術館

行ったのはだいぶ前だけど。

ネイチャーセンス展@森美術館

ネームバリューというより、中身で興味をひかれて行って来ました。
吉岡徳仁、篠田太郎、栗林隆の三者三様のエキシビジョン、「自然」というか、都会の中に不意に現れた(置かれた)自然、という感じで、なかなか。

しかも写真取りホーダイという太っ腹。
まあ、美術作品というよりインスタレーション主体だからできるんだろうな。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2010-10-29 22:34 | sunday people | Trackback | Comments(0)

大奥(思わず笑えた)

映画『大奥』 - シネマトゥデイ

大奥(3点/5点満点中)
(2010年)
よしながふみ 原作
主演 ニノ、柴崎コウ、堀北真希、阿部サダヲ など

いちおう、ネタばれるんで見たい人はさっさと映画館へどうぞ。





 

発想はいいと思うんですよね。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-10-19 23:40 | sunday people | Trackback(2) | Comments(0)

Disります。誰かこの本の魅力教えて・・・。

mixiの再掲

青木 淳悟/こないだ東京でね

えーと、なんだろう。どうすればいいんだろ。
東京の描写だったり、感情を廃した文体だったり、なんか斬新なのだろうか。

マンションを買うときの「行動の描写」だったり、東京の道と風景を延々とかいたり、下手な文化地理学のレポートなんだろうか、とさえおもってしまう。
特定の人物がいない、観察とその描写だけがすすんでいくのだが、何も関心がもてない。
きっちり読もうとして表題作は3回は読み直したが、眠りに導かれるのにちょうどいいとしか言いようがない。

ぼくの趣味に合わないだけだとはおもうけど、久々にはずれひいた。
この人の魅力、誰か解説してくれ・・・。

同じ東京だったら、町田康の「東京飄然」のほうがエッセイなのに小説的で、好きだなあ。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-10-19 23:03 | sunday people | Trackback | Comments(1)

休息の一日。

a0028025_20553432.jpg


こっちにこんな服載せちゃ、あっちの意味がなくなる(笑)

今日はBandOfOutsidersの白シャツ。ボタンホールがマルチカラー。
Number(n)ineのチェックパンツをハンパタケ化。
DiorHommeのコンバットブーツにN(N)のラインソックス。
帽子はワークのcoeurで、今日も陽気にクルージングです。

しかし今日の格好はなかなかお気に入りの格好です。


で、一応目指すは新宿伊勢丹。
ソロイストのホースライディングジャケットは、思いのほか着易い洋服でした。
ブラックのマイサイズ完売とかで、スルーしましたが。パジャマパンツというか、ボトムも素材が柔らかくてイノくんの購入も納得ですわ。

しかし、伊勢丹は本当に買い物する気持ちのなえるつくりだなと。Bandもあったのですが、見せ方最悪で、ありゃ売れ残ってセールで回収できるなとw

その後、RUST made in Englandの東京本店へ。まあ、いつもの通りですが、レディースをチェックして帰宅の途へ・・・。

このまま
[PR]
by nariyukkiy | 2010-10-11 21:53 | sunday people | Trackback | Comments(4)

届くかどうかなんて(君に届け)

ぶっちゃけ、そんな問題ではないんですよ。(すんませんw)

a0028025_23292051.jpg

(リンク先は公式)

要は、黒沼爽子ちゃんのジト目は、例えばガッ○ーや、北○きいちゃんには逆立ちしても出来ないわけで、かといって天才成海璃子ちゃんではセンシティブになりすぎるわけで。
あの貞子ヘアーも、うれしくて泣きそうなのを我慢するしかめっ面のかわいさも、多部未華子ちゃんだからこそ、成立するわけで。


何も公開日に見に行かなくても、と思いつつ、つい、行ってしまいましたが、原作は1巻をなめただけ、。興味があったのは多部ちゃんだけというひどい僕です(笑)

More
[PR]
by nariyukkiy | 2010-09-29 00:08 | sunday people | Trackback(1) | Comments(0)

きゅうしのおしらせ

a0028025_539105.jpg


少し前まで、この時間に寝苦しくて起きていたのに、今では少し肌寒くて夏なのか秋なのか、微妙な季節ですが、今年何度目かの、夏の色を探して。

というわけで、多分本当のBGMはやけのはらなんですが、気分はAIR。
ようやく長い休みです。

大阪も行きますよ。>関西のかたがた

More
[PR]
by nariyukkiy | 2010-09-15 05:56 | sunday people | Trackback | Comments(2)

金沢、夏、2010。

a0028025_033410.jpg


夏は、暑いけど、どこかに「涼しい」ポイントが来る瞬間が好きだ。

朝目を覚まして外に出るとまだ外は涼しかった。
駅まで歩き、早起きして向かう特急電車。

国境の長いトンネルの向こうは、やっぱり夏だったけれど。

Summer Never Ends.

金沢では
[PR]
by nariyukkiy | 2010-08-31 00:47 | sunday people | Trackback | Comments(0)