カテゴリ:oza( 29 )

フクロウの声はどう聞こえるか

2017年9月6日(水) 小沢健二 と SEKAI NO OWARI 「フクロウの声が聞こえる」がリリースされた。

前のシングルである「ある光」のリリースが1997年12月で、「流動体について」(2017年2月)まで19年待った(とはいってもその間に2枚のスタジオアルバムと1枚のライブアルバム、謎の映画と3回のコンサート・ツアーがあったわけで少なくともファンにとっては定期的に「手紙」は届いていたわけだけど)ことを考えると、たった7か月で2枚目のシングルが届くとは、、、というオドロキである。

魔法的ツアーの中で、「新曲」として披露された順番でいうと今回の2曲、「フクロウの声が聞こえる」と「シナモン(都市と家庭)」は初めの2曲でもあった。
ギアをあげた「昨日と今日」でスタートしたバンドセットの初めの刺客。

当時の感想を僕はこう書いていた

>>
2,3曲目に披露した曲は、歌詞は言うなればいちごが染まる系の復活後の系統なのかな。
童話のような、幼きものに話しかけるような、アメリカの絵本のような歌詞とソウルマナーの曲。この子どもたちに話しかけるような、小説を紡ぐかのような歌詞はうさぎ!の世界観をもちながらよりリアルな世界と、ファンタジーの世界とをつないでいる。まさにリアルと虚構をつなぐ秀逸なできで、「朗読」スタイルで同じこと言われたらさめさそうなことも表現を変えて歌にするだけでこんなにも違うのにな、というのが正直な感想だったり。

>>小沢健二 魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ @ZeppNamba 2016/06/06

ひねくれていてすいません、というかスタンスとして「朗読スタイル」に対してちょっとトラウマを持っているので(w 同じような内容を伝える手段としてポップスを採用してくれているだけで結構素直に伝わるんだよなあ、と思った魔法的ツアーから約1年ちょっとでスタジオ録音盤が手に入ったのは素直にうれしいな、と思う。

曲を聴いた時の感覚、「フクロウ~」についてはだいぶポップに、そしてゴージャスにアレンジされているなと感じた。
それが「セカオワ」さんによったせいかどうか、を僕は判断できない。
だってセカオワそんなに聞いたことないもん。
ただ、魔法的の時と違ってああ、ポップだな、と。魔法的バージョンがソウルだとしたらまさに。

ポップさがこの歌に合っていないかあっているかでいうとあっていると思うし、「いちご」系の生活をきちんとしていくこと、「うさぎ!」的に言うと灰色に打ち勝つよう資本主義世界で生きていくにはこのゴージャスな曲と歌詞世界とがすでに本当/虚構、混沌/秩序といった二律背反の中で矛盾しながら生きていくことを表しているようでよりメッセージが遠くまで届きやすくなっているんだな、と思うわけで。

この歌詞世界は、LIFE前後の東京の(楽しい、そして刹那的な)日常生活―恋人や友人たちとの独身生活の楽しさ(やちょっとした悲しさ)から、ちょっと「大人」になった球体、そのあとのまるで去りゆく季節をいつくしむようないくつかのシングル群、NYに渡った後で明らかに色彩が変わっているわけだけど、Eclecticがちょっと異質なくらい「愛」によっているとしても、「毎日の環境学」のとき以降は(ついに歌詞が消えて、代わりに朗読(環境学のときはナレーション、だけど)自分たちの送っていた日常生活の裏側、外側にあるもう一つの日常を垣間見たなかでどうそれまでの自分たちの生活のQOLをあげていくのか、資本主義に流され過ぎずに都市生活を生き残っていくのかに変化していると感じている。

その中には結婚して家族ができたことも大きくかかわっていると思うし、僕がいわゆる「いちごが染まる」系がまさに該当すると思うけれど、それはこっち(リスナーである僕)も一緒なわけでやっぱり同じだけの時間、日本で、都市で生きていたからこの変化と、かわらないポップな、ソウルフルな楽曲を楽しめるんだと思う。

もちろん?、あの試行錯誤期(毎日の環境学、というかあの映画とか、「東京の街を奏でそこなう」)があるからのこの「復活劇」だし。

なんだかんだ、魔法的の7曲、もうスタジオ録音していない曲のほうが少ない。
「いちごが染まる系」だけのアルバムとか、今までとの並行世界を感じる「時間軸をまげて~流動体について」系でとか、その両方を融合させたまさにいつかもっと混沌と秩序が一緒にある、新世界をもっと見せてほしいよ、と今回のフクロウの声をたぶん何回もリピートしながら思っている。


[PR]
by nariyukkiy | 2017-09-06 09:06 | oza | Trackback | Comments(0)

オリジナルが出てから、2年たって「我ら、時」の通常盤が出るって

はてさて。

「我ら、時」のBOXが出たのが2012年3月。
「東京の街を奏で」損なってから2年か・・・。

このブログのアクセスの大半を、この2つのエントリがいまだ占めていることから、なかなか皆さん情報に飢えてるの?というかオフィシャルがいろいろ書いてるじゃん?と思うわけだけど、特にコンサートの肩すかしからか時折「我ら、時」を聴くくらいであまりチェックしていない僕である。

それでも、「笑っていいとも」が終わる直前に小沢健二を招待し、タモリに「さよならなんて云えないよ」を含むメドレーを披露する、というエポックメイキングな話題はそれなりに上がったし、この通常盤、どうやらそれなりに売れていることから弾みがついて次のアクションがあれば、くらいには期待している。


しかし、よく考えてみればコンサート(我ら、時)で体感したのが4年前、BOXで追体験したのも、2年も前の話だ。いい加減次のアクション、ほしいよね。



我ら、時 通常版

雑記
[PR]
by nariyukkiy | 2014-04-08 09:09 | oza | Trackback | Comments(0)

小沢健二 ひふみよ その2

全てのライトを落とした状態でスタートした「流れ星ビバップ」。それまでざわついていた-期待とか、不安とか、ホールの観客全ての感情がないまぜになっていた-空気が、一気に爆発した。歓声と、拍手の中、小沢健二は変わらぬ声で、歌を歌い、音を奏でる。熱狂の中、コンサートはスタートした。



1番が終わると、いったん音楽がやむ。ライトが小沢健二の顔を映し、彼は2003年のニューヨークで起こった大停電のエピソードを語りだした。
暗闇の中で、市民が自立的に、街を維持する話。やがて暗闇の中音楽が鳴り響き、パーティーが起こった奇跡。

改めて電気が消えて続きが演奏される。さっきまでの、爆発的な興奮は少し引いていて、暗闇の中で、人々は音楽でつながっていること。MCで彼が語った光景が、今ここに再現されている。


暗闇の中で、「僕らが旅に出る理由」の演奏に続く。心変わりは何かのせい、あまり乗り気じゃなかったのに。恋人の一人旅を見送る彼の気持ちと、彼の長い旅を見守ってきた観客たちの気持ちはどれだけ一緒だったのだろうか、さびに入るかはいらないかで、ステージライトが一斉についた。大歓声。変わらない演奏、そしてそのたたずまい。一瞬で、その前に語っていた、「音楽で、今までと違う世界を体験する」ということ、「その経験は、きっと忘れない。記憶の底に引っかかる」であろうステージが、本格的に目の前に現れたことを感じた。彼が、少しあとに演奏した新曲のタイトルを借りるなら時間軸は明らかに曲げられ、何年もの時が、一気に重なった瞬間。

この先も、ライブは続いていくが、たぶん、この瞬間の空気というのは、そのとき、その会場にいなければわからないと思う。
その空気に僕は一瞬戸惑い、その中で奏でられた「オト」の強度に驚いた。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-07-07 01:20 | oza | Trackback | Comments(0)

ひふみよの断章 1

小沢建二2010ひふみよの断章。

先週末にコンサートを見て感じたことを、断片的に書いていきます。
レポート的なものは書いたのですが、今のせるのは野暮でしょうしね。


コンサートを体験して、一番思うのは、もう二度と見たくない、見たところでこのとき感じた感情を越えることはできないということ。

小沢建二のコンサートを見たくない、という意味ではなく、一連のひふみよツアーにおいて、二回見たら感じられないであろういろいろな感情を、初見だったからこそ感じることができたのだなと。

まだツアーも残っているので、今はそれしか言わないけれど、そのくらい、このコンサートの中で感じる、彼の音楽や会場の空気は特別で、他に変えがたいものだとおもう。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-06-16 22:23 | oza | Trackback | Comments(0)

小沢健二 ひふみよ

仕事よりもFC東京は躊躇なく選べますが、小沢健二と、FC東京ならば残念ながら小沢健二をとります。

しかも、13年ぶりのライブですから。

詳しく書いていたら、現在3,000文字を突破したので、とりあえず一言だけ。

長い旅から、ようやく「オザケン」としての今の表現で帰ってきた。

そのことに、おめでとう。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-06-07 22:39 | oza | Trackback | Comments(0)

映画「おばさんたちが案内する未来の世界」を見る集い

「思い出したことを、いってください」といっていたので。
映画「おばさんたちが案内する未来の世界」を見た、そのときのことを覚書として。
(あとでメールでも送るかも)

<映画について>詳細(ネタバレあり)
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-11 02:33 | oza | Trackback(1) | Comments(0)

なぜか突然「犬」について。

生き物ではありません。
小沢健二の1stソロアルバム、そして日本のPOPS史上、控えめに言ってもベスト10には入るだろう「犬は吠えるがキャラバンは進む」について。

もっとも、既にレビューも書いているので、何をいまさらと思ってくれてかまいませんが。突然効きたくなって書きたくなったので、いろいろかいたのの補完のようなものと思ってくれれば(って、誰も過去を振り返りはしないか)

1. 昨日と今日
2. 天気読み
3. 暗闇から手を伸ばせ
4. 地上の夜
5. 向日葵はゆれるまま
6. カウボーイ疾走
7. 天使たちのシーン
8. ローラースケート・パーク

さて、この8曲。
1曲目、昨日と今日、は夕暮れから夜の歌だ。「昨日と今日がくっついていく」世界。夜に向かってずぶずぶと思考は内向的になり、2.天気読みはレイト・ショウの映画館。天気を読む男は、その活動をやめない。饒舌に「何か」を語り続ける。君に電話をかけてから眠りたい。夜空に浮かぶ星たちの向こうにある真実を、眠れない夜に求めている。この星では、夜と昼は、真実と嘘とはいつもとなりあわせなのだから。

3.暗闇から手を伸ばせ でもその夜の深淵からは抜け出せてはない。ただ、そこには少しずつ朝の光に対する、始まりに対する期待が見えてくる。暗闇から手を伸ばす。その闇の向こうにある希望や物語のかけらを、男は感じている。4.地上の夜は、まさにそんな夜の風景だ。

5.向日葵はゆれるまま

6.カウボーイ疾走
そして、朝が来る。明けない夜はない。夜明けはやがて弱すぎる光で夜に別れを告げ、太陽はやがてその光を強く強く、この世を照らす。陽炎をつくり、この世界に光と影のコントラストを生む。そのことを、喧騒に包まれるであろう新しい一日を、はじめは弱くても、確信させてくれる光の中に、男は駆け出していく。

7.天使たちのシーン
新しい一日がはじまった。そのとき、男のまわりに見える光景は、昨日までとは確実に何かが違う。
じゃあ、何が違うのか。それはこの曲をつむぎだしている視点が、今までは地上から見上げていた、周囲をうかがっていた視点から空から一人ひとりの生活を、人生を俯瞰する視点へと切り替わっていること。そして、その何気ない日常のワンシーン、ワンシーンを肯定していることだ。
今まで、このアルバムの主人公である「男」は夜をさまよい何かを求めてしゃべり続け、もがき続けていた。夜明け前の、まだ弱弱しい光の中、駆け出す男は、いつの間にか雲の上からこの世界を見、日常のすべてを、自分と世界とのつながりを体感し、そのつながりをいつくしむ。

「神様を信じる力を僕に」という印象的なフレーズは、「神」という宗教的な存在を想起させるが、実はその「神様」は世界のそこかしこに転がっている私や貴方の人生そのものだと思う。お金が有り余っているわけでもなく、成功した人の自慢話だけでもなく、「普通の人」が「普通に平凡な人生を生きる」ということ。そんなごく当たり前のことでさえ、「生きている」と言うこと自体が奇跡であり、信じるに足りることであるということ。

8.ローラースケートパーク
昨日の夜からの男の彷徨は、覚醒した朝、その視点を再び地上に戻した昼間の公園でひとまず、幕を閉じる。

夜更けのバーから始まったストーリーは、街の中をさまよい、夜明け前に「この世界を愛せよ」という天啓をうけ、日常に回帰する。

日常への回帰。日常を生きると言うことの肯定。
アルバムを通じて、音楽を通じて伝わってくるのは、そのことだった。

2ndアルバム、「LIFE」のあの爆発は、「犬」なくしてはありえない。あの、「誰かと一緒にいる、幸せ」を爆発させたアルバムは、この静謐なグルーヴをたたえた、1stがあってこそなのだと。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-11-30 00:59 | oza | Trackback | Comments(5)

小沢健二

a0028025_15155486.jpg

痛快ウキウキ通りとある光のレコード。

かなりレアだな。いまや。ある光はヒロミックスだったよなー、ジャケット
[PR]
by nariyukkiy | 2007-03-04 15:15 | oza | Trackback | Comments(4)

毎日の環境と音楽

a0028025_15545625.jpg
みなさん、オザケンのNewアルバムは購入されましたか?
静謐さに満ちたグルーヴ、まるでチック・コリアのJazzを聞いているような、クラブ・ミュージックのような、そして「静かなのに饒舌」なアルバムでした。

渋谷のタワレコでは宣伝もさほどしていないのに結構売れているとか・・・。
はてさてそんな90年代ノットデッド(by菊地先生)な渋谷の街ですが、最近僕の頭を流れるのはpolarisの「深呼吸」だったりします。あ、ポラリスもベスト盤だしましたね。フィッシュマンズの映画も見に行きたいなあ・・・。

晴れ後曇り時々雨、そんな朝は深呼吸して、愛を歌い願いましょう。

そんな単純なことなのに、なかなかできない。

しかし、いい曲だなあ、としみじみ、いつの間にか鼻歌に歌っている始末。

なかなか上手くいかない毎日や、どうしようもないことに一喜一憂しているとき、なぜか口ずさみ、深呼吸して、また前に進もうと思います。

ばいばい。

And Happy Birthday,Kenji Ozawa on 14. aipril,2006
[PR]
by nariyukkiy | 2006-04-14 00:01 | oza | Trackback(1) | Comments(2)

寒い冬にダッフルコートきて

原宿あたりを歩いていくのは、なかなか楽しいです。

高校の頃とはどこか違っている風景だけど、あの頃使っていたCDウォークマンからipodにBGMを流す機械は変わっていても、流れるうたは変わらない。

そして、オザケンはなんですか、このタイトル!曲名!(これが本題)
小沢健二、曲名、タイトル名決定(bounce.comより)

『毎日の環境学 Ecology of Everyday Life』ですよ。

僕らの考えを軽く跳躍するスピードで、彼は進化しているのでしょうか?
それともニューヨークにいるなんてのは実はうそで、ハワイあたりでウクレレかなでてるんでしょうか?小山田系のアンビエント/エレクトロニックなのかしら?

犬~Life、そして「eclectic」にあった「僕のアーバンブルーズへの貢献」がちょこっと見えないのと、球体路線のJazzでもなさそう、というあたりにドキドキしつつも3月を楽しみにしています。

気分は「春にして君を想う」ですね。
渋谷毅オーケストラとのコラボ、そして、(今のところ)最後のシングル。

早く春よ来い!オザケンちゃんとアルバム出してね!EMIホームページはこのままでいいのか!?
[PR]
by nariyukkiy | 2006-01-30 10:30 | oza | Trackback(1) | Comments(3)