カテゴリ:上海譚( 9 )

上海を思い出す

a0028025_21333026.jpg


町で見かけた、タピオカ入りジャスミンミルクティー。
上海の街角でも見かけましたね。

けっこう美味しかったです。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-08-27 16:33 | 上海譚

再見(4日目、帰国と総論)

さて、次の日はもう帰国でございます。

朝5時におきて、まだ覚めきってない上海を迎えの車で後にする。
ガイドのお兄さんいわく「われわれはもっとがんばって、もっといい町にします」
今の上海は、昔と今とがすごいスピードで交錯している街だ。

リニアモーターカーが走り、世界で3番目に大きなビルをはじめ、高層ビルが立ち並ぶ浦東を、「ミライの上海」の理想と位置づけて突っ走る一方、昔ながらの小さな家々や、屋台が立ち並ぶ庶民の市場とが共存している。日本円で3万円はするヘアサロンと一個10円程度の、美味しい肉まんが並列した街。そして、街はリビルドされていく。
アウトサイダーであるわれわれにとって、「昔の街並みがいいじゃん」というのは簡単だ。しかし、上海の人々はおそらくもっとヒップな、ヨーロッパ的なものにあこがれているかもしれない。
どっちがいい、とはいえないが、この街のスピードが、「廃墟」的未来ーこの旅行で垣間見た、浦東の寂れてしまい昔ながらの持ち味を失ってしまうこと-に向かわないことを祈る。

そして、また近いうちに上海、行きますよ。ちったあ中国語覚えて。
a0028025_11573567.jpg
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-27 09:05 | 上海譚

3日目(夕方~夜)

さて、骨董市で晴れた日の上海の午後を楽しんだ後、もうちょこっと歩いてまたしても豫園へ。
今度は純粋にお土産を買ったり、お茶を買ったりしに来ました。

で、ちょっと疲れたところでまたしてもお茶。
さっきお茶を買ったときに試飲したけど、茶館でゆっくりするのは時間も込みで気持ちいいものです。豫園周辺は週末の雑踏。しかし、建物2階の喫茶店の中は、ゆっくりした時間が流れていました。ふう、ちょっと回復。

その後、中国語のCDを買いに「上海書城」によったあと石門一路まで地下鉄で行き、「梅龍鎮酒家」で上海風四川料理をいただきました。

このお店、かなり大きく、かつ有名らしい(国家特級)しかし、週末、込んでいたみたいだけど、ちょっと待たされて、無事テーブルに通される。
ちなみにこの時点での2人あわせて200元強しかもっていない。。。よってメニューは悩む悩む。

さて、漢字から類推して、、
麻婆豆腐、春巻き、麺、中国野菜とたけのこの炒め物、えびを頼む。
えびはエビチリがおいしいときいたのだが、、、どれだかわからん。でもえびは頼む。
中国茶と、お茶請けは専用の係りのにーちゃんがさっとやってくれ、料理を待つ。

で麻婆豆腐・・・!おいしい!「龍の子」の麻婆豆腐も好きだけど、こっちはもっとすっきりしていて食べやすいし、美味い!っと炒め物・・・さっぱりしていて美味しい!えびは、、、やっぱりエビチリではなく、えびの揚げたもの(フリッター)に四川風の味付け・・・うわああ美味い!!!
春巻きも美味しかったのですが、忘れるくらい美味しく、ボリュームもたっぷり。
麺は洗面器ほどもあるスープボウルで来るし・・・!!
しかし飽き足らず、われわれは回鍋炒の包み物も頼んだ。これがまた美味しいの何の。

いままで買い食いしていたとは思えないほどのくいっぷり&すばらしい料理に、隣のテーブルの日本人2人組みもホイコーローを追加していました。

で、気になるお値段は・・・196.9元!
うわあ、この時点で二人合わせて電車賃4間を抜くと、、、10元くらい!
なかなかすばらしい計算能力。

腹がいっぱいで苦しいのでちょっと周りを散策・・・。
まあ、コーヒーでもと思うお金しかないが、、、もう何も入りません!
ってわけで、適当なお菓子を買って、苦しい苦しいといいながらホテルに帰りました。

うーーーん、大満足!
a0028025_11563716.jpg
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-26 19:30 | 上海譚

3日目(お昼間)

いやあ、昨日は歩いた歩いた。
結局地下鉄で河南中路までと、浦東往復、豫園からのタクシー、帰りの地下鉄以外は歩きですからね。でも今日も歩きますよ。

今日は飲んでばっかでお土産かっていない中国茶を買ったり、豫園ではない、もっと生の上海でもないかしら、と昨日乗った地下鉄2号線沿いではなく、もうちょっと南の旧フランス租界をぶらつくことに。

しかし、土曜日、、、人多いな。
地下鉄はぎゅうぎゅう、駅に降りたら、、、マーケットが近いとあって、「トケイアルヨ」と中国語、日本語、英語、韓国語で話しかける人々多数・・・。

まあ、市場はなんかよくわからんちんでしたね。LVのモノグラムのぺらっぺらのベルトを、警官の前で売るのはどーかと。DiorHommeはモノグラムのマフラーなんて作ってねーぞ、勉強不足ですから!
って感じでとりあえず脱出。上海灘(shang-hai tang)へ行きました。
ここは、知る人ぞ知る、モードでかっちょいいチャイナ服を売る店です。しかし、1元2元の食物に慣れた身に、USドルで800とか600とかいわれても。。。困ります。
東京にいたら普通に買ってしまうのですが、ベルベットのチャイナJKT、、、買いませんでした・・・。
で、気を取り直して現地感覚を取り戻すために?野菜のたっぷりつまった肉まんを1元で購入し、再び歩き出したのでした・・・。

向かうは地下鉄からはちょっと離れた某ストリートです。

上海病院、大学を通り過ぎたあたりの、昨日見たエリアよりも「今の上海」の住宅地といった感じのエリア。
ここでパン?せんべい?のようなものを買い、反対側を見たら美味しそうなワンタン(饂飩、と中国語では書いてありました)を発見!しかも安い!
私は野菜×12個(大)いりを、友人は肉×20個(小)を注文!
これまた小学生低学年と思しきかじゅ(仮名)がお店を手伝っていて、鼻歌を歌いながら私の注文したワンタン(野菜入り)を作成していました。かわいい

っと、味のほうも美味しかったですよ~。
さらにこのあたり、実はけっこうなおしゃれエリアとしてまるで裏原宿的なお店もけっこうありまして、、、一本筋を入ったところにある「生」(フランス語で読んでくだされ)というお店、残念ながらレディースの店でしたがかっこいい洋服、おそらく上海のデザイナーズが並んでいました。
リネンのワンピースや、伝統的なチャイナドレスの柄を裏地にしたベルベットのコート、トレンチはもちろん、けっこうほれたのがセットアップになったニット!おそらくVIAB●Sあたりで3万はするだろうなあというデザインセンスのアイテムが1万円しなくて並んでいました。
いやあ、かっこよかった。

上海にきたらまたここをチェックすることでしょう。

このあとはまた歩いて(結局歩いてばかり)昨日行けなかった骨董マーケットへ行きました。
ここではあまり収穫はなかったけど、晴れた道端にはおばあちゃんたちがいすを並べ、コンビニ前にもおばちゃんがたむろし、電線には洋服、道端には靴まで干している、上海の庶民LIFEを垣間見ました。さてはて、まだまだ買い物は続くのでした。a0028025_115719.jpg
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-26 09:25 | 上海譚

2日目(夜・・・)

豫園までの道、適当に目印のビルがあったのでそれを見ながら小さな路地へと入っていくと、そこは完全に住民のためのスペース。

自転車一台、横には入らない路地を歩くと、外に出ている蛇口で洗い物をする老人、ドアを開けたらすぐに寝室の家、京の町屋を、コンクリートで作ったような小さな家々。一本隣の路地では大規模なマンションを作っているのに、この格差は何なのだろう。

暗い路地を抜けた先には商店街があった。1元で買える粥と湯豆腐?豆腐をしょうゆベースの汁の中にいれ、香菜をちらしたもの、やクレープになにやらおいしそうなソースを塗ったものを売っておりました。

もちろん買いました。
どっちもおいしかったけれど、湯豆腐のほうがおいしかったかな?いやあ、どっちもおいしかった。

その後、豫園に電気がともり、まるでセンチヒのようになっていて、一本となりの結構暗いとおりをもと来た地下鉄の駅方向に歩いていきました。
途中で有閑倶楽部の可憐がやっていたダイエットマシーン(上にのったらくるくるまわるやつ)やウォーキングができるやつなど、なぜか健康グッズが道端に設置されていました。公園?

そして、、、写真をとっていた携帯をこのあたりで紛失しました。。。
残念・・・。
残念のあまり、ご飯を食べる小紹興飯店までは、タクシーで行くことに・・・。
しかし、そう、中国語できない!おまけに乗ったタクシーの運ちゃんが道わからないとかぬかしてたのでとりあえず「人民公園」に行ってもらうことに。

・・・運転手さ~ん、なぜ、高速乗るかな?地下鉄一駅分だよ?
・・・おいこら!おりんかい!
ってことで、高速を降りるとそこはかなり先。料金もいやに高い。
むかついたのでとりあえず目的地の近くまで行ってもらって、降りる際、半分も料金を払わず降りた。何もいわなかったとこ見ると、運転手も自業自得と思ったのだろう。ざまあみろ。

まあともかく本日の夕食は、とり料理でございます。
紹興酒につけた蒸し鶏と滋養たっぷりのスープ。
朝から食べっぱなしですね。

ホテルに帰って、中国のMTVを見ながら夜はふけていきましたとさ。
a0028025_1739314.jpg
イメージは有閑倶楽部の可憐ですね。意味なし。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-25 19:10 | 上海譚

上海2日目(午後)

さて、豫園庭園を堪能し、その後入り口近くの湖心亭という茶店でお茶をいただきました。

相変わらず中国語は一切話せない2人組で行動しております

茉莉花と烏龍と緑茶の違いはわかるぞ、ってことでお茶の中で花の咲く茶葉を選び(ってほとんどそうか・・・)わいわいと大騒ぎのガキ軍団を眼下に、優雅なひと時をすごしました。ちなみにお茶菓子として出てきたのはお茶と八角で煮た鶉の卵と饅頭と干し梅、そしてスイカの種を炒ったものでした。後ろの席では日本人×中国人が日本語でビジネスのお話。観光地のど真ん中でビジネスってあたりが、なんともこの混沌ぶり?発展ぶりをあらわしていますな。

その後、骨董市が立つという通りを目指して、歩いていたのですが、そこは庶民エリア、崩れかけた壁、そして街の再配置が進むなかで小さな食堂や屋台がひしめくエリア、、、生活密着エリアを通り過ぎると大きなビル、マンション、、、今まさに発展し、リビルドの進む上海でした。
・・・しかし道を反対に進んでいたらしく、目の前には河が・・・。仕方ないので未来都市の様相を見せる浦東(プードン)エリアを横目に外灘(バンド)沿いを散歩していきました。

川向うはクレーンが立ち並び、高層マンションが建築中、そしてグランドハイアットやTV塔が見え、いかにも発展中の上海に圧倒され、、、目を通りの反対側に向けるとまだまだ古い軒並み。そして屋台のちまきを食べ(二個で3元)租界時代の伝統建築を見ながら食べ歩き・・・。お昼過ぎの段階でホテル朝食→小龍包→湯葉を揚げたもの?→お茶+お茶菓子→ちまきですね。屋台くい歩きです。ほかも食べた気がしますが、忘れてますw

で、せっかくだから浦東エリアにも行きました。

しかし
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-25 13:10 | 上海譚

上海2日目(午前中)

今日は思いっきり観光気分。
まだ金曜ということでビジネスマンも多いホテルでの朝食もそこそこに地下鉄で河南中路へ。
上海、やはりビジネスの街。都心?の人々のスピードも、車通りも東京よりも素早い。
そして、、、信号守らない・・・日本で言うなら青山通りのようなでっかい通りも、渋谷ハチ公前スクランブル交差点も信号無視でわたるようなもの。しかも車そこまできてるのに・・・。

でっかいウェスティンホテル(明日わかることですが、ここのトイレが一番綺麗かつゴージャス!)を通り過ぎると、高い近代的な軒並みが消え、低層の住宅が並ぶエリア、上海城エリアに到着。

豫園を中心としたこの一帯は昔の中国人居住地ということもあって、昔ながらの住居と伝統的な-まあ一部は観光地的なー建物と、その中にちらほらと高層階の建物が建設中のエリア。

ひとまず向かったのは、、、南翔饅頭店。世界一美味しい小龍包やさんですね。ちなみに日本にも六本木と川崎にあります。しかしここ上海の本店は格が違いました。
値段も16個8元(大体100円くらいですね)とあの、1000円のランチセットで饅頭4つの日本とは大違いです。味も、、、すばらしいですね。朝早く行ったのであまり並んでいなく、15分ばかりならんで16個の饅頭を無事ゲット、香酢をさっとかけて、豫園の広場でほおばりました。
・・・至福でした。
豫園では、近隣の幼稚園?保育園の遠足に遭遇しました。中国の子供は、、、かわいい!うるさい!てぇつなぎすぎ!なんといってもみんなおんなじサイズで、みんな口々にわいわいと感想を述べ、お友達と手をつないで旧正月の飾り物を一心に見つめていました。なんとなくかじゅとはるきの大群を見た感じでした。

豫園は庭園もあります。こちらは30元とちょっと高めの入場料。なかは外と違って静かで、荘厳な雰囲気。龍のいる壁"龍壁”や変な形の門、そして池とそのまわりの奇岩を堪能してまた雑踏の中へ。。。
このあと、湯葉の揚げ物にはじまりお土産も買わず、昼飯を食わずに買い食いに走りましたとさ・・・(続く)
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-25 09:30 | 上海譚

上海1日目-移動日

移動日です。
上海のホテルに着いたのは、なんだかんだで20時過ぎ。
中国東方航空では、機内食も出たのですが、まあ何はともあれ夜の上海へ!

泊まったホテルは、MayfairHotel上海。
Bクラスとのことでしたが、ふつーのシティホテルでした。うん、なんというか、これでBクラスだったらラグジュアリーなホテルはどーなってるんだ??それは今度の宿題ですね。

地下鉄2号線、中山公園路の駅のすぐ近くにあり、同じ地下鉄路線上の「石門一路」にある、「揚げた小龍包」のお店に狙いを定めてGO!

しかし、、、切符買えない、、、書いてあった英語読みでは、100元紙幣の使える窓口のおばちゃんには通じないんですね~。漢字を書いて対応。。。

で、駅のホームに行くと、、、テレビがついてる。しかもしゃべってる。
ここは渋谷の大スクランブル交差点かってくらいの音量で、しゃべってる。そして地元のみなさんもしゃべるしゃべる。もちろん、携帯使用OKです、地下鉄。ちなみに、電車の中にもありました。TV(もちろん音声付き・・・)

お目当ての小龍包は、、、21時30分までとガイドブックには書いてあったけれど、余裕で22時過ぎまでやっていました。とりあえず羊肉の串1本1元(=13円)を買い、食べ長柄お店を探すと、、、ありました!並んでる!
またしても中国語がしゃべれないくせに「これ!2人分!」と何とかかんとか伝え、レシート片手に列に並び、無事ゲット!

揚げてあるのでかりっとしているけれど、皮を破ると美味しいスープ、しかもちょっとラーメンのスープに似た味がしました。美味しい・・・美味しかった!
もうこれだけで明日が楽しみになる、そんな小龍包でした。

写真も撮ったけれど、なくしたんで、文字だけです。。。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-24 14:30 | 上海譚

上海旅行概論

2月24日から3泊4日で、上海に旅行に行きました。
まあ、初日と最終日は移動なので、動けるのは2日間。
久々の海外でございます。
SUPERCARの解散ライブをふっての、そしてがきんちょとドッジボールをふっての旅行でございます。ドッジボールはいかがでしたかしら?姫様への伝言は伝わったかしら?

ま、悲しい報告としては、、、携帯なくしましたTT
デジカメとして使っていたので、当然のことながら、1日目、2日目の写真は、上海の道路に消えていきました・・・。
嗚呼・・・・

詳細は後日、のんびり書きます。
とりあえず、食って、食って食いまくりました。。。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-02-24 11:30 | 上海譚