<   2005年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ま、とりあえず3点

宮本先生のおしゃれディフェンス(byタカタン)(&オフェンス)も冴え、ゴールの取れないFW陣にあきれながらも勝ちは勝ちですね。

バーレーン、負けはしたけど強いよ。
次のアウェー、大丈夫かなあ・・・。
しかしテレビ◎日の「日本快勝」はないですな。あれだけ攻めてて、前半7本?もっと?CK打ってて、入らないし、最後の1人がいないのはひどいね。

まあ、俊輔は健闘してました。ヒデもまあまあかな。加地くんもよくやってた!アレックスも奮闘していたし、シュートも(はいらないものの)よく打ってました。
なんつーか、思い切りがない。シュート打ってこうよ。はずれてもいいからさぁ。

とはいえ、後半12分のようなチャンスはものにしろよ!!
あとた~か~は~ら~。おまえはほんとにFWかよ。
まあ、サルミーンのナイスシュートにより点は取ったものの、決定力不足もいいかげんにしろ!

次はアウェイ、こうはうまくいきませぬ。
すくなくともサルミーンはもう味方にはならないでしょう。
がんばれよ~。

※消化不良だったため、焼酎のみながらこのあいだのチェルシーVSバルサを再度観戦。
・・・日本代表よかずっとつええ・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-30 21:40 | Footballiloveit

かっこわりーな、au

auデザイン盗用

あーあ、あの見た目もマテリアル感もapple社製の携帯プレーヤーとそっくりなフューチャリスティック感漂うauのPENCKですが、大きな特徴のひとつである、フォントがデザイン盗用だったそうで・・・。あ、だから外観もipod・・・
まあ、フリーフォントで無料配布してあったものらしいけど「自分で作った」見たいな記事まであるのにかっこわるいったらありゃしない。

まあ、俺はvodafoneとDoCoMoを応援しているんで、YUKIの宣伝に負けてauに一瞬惹かれたけどお二方、こういうダサいことしないでくださいね。
かっこつけてる会社ほど、お粗末に見えますから。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-30 10:01 | ke-tai

Dior再び

今日はDiorのファミリーセールで、六本木1丁目にいってきました。

まあ、あまり予算もないということで、今回は基本的に物見遊山のつもりで。

朝11時に、会場に着いたら長蛇の列。僕は第2部なんで整理券だけ貰って、ヒルズまで友人と散歩、エストネーションやY’sを見学し、六本木でハンバーガー(日本で初めてハンバーガーを出した店だとか)を食べ、再び会場へ・・・。

・・・。


・・・。

えっと、人多すぎ。
しかも皆さん目がぎらぎらしています。おかしいですよ。。。
a0028025_23114715.jpg
で、狙いのDior Hommeはそれほどなく、友人がシャツをゲットするにとどまりました。
かばんはたくさんあったんだけどね。



その後友人と銀座Diorへ、
ここでいろいろ試着したら、ほしくなったー。
やっぱかっちょえー。

ある意味危険な一日ですねえ。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-26 11:00 | fashion

加藤ミリヤはフェイクなのか、否か

少し長いけれど、菊池さんにちょっとだけ反論してみよう。まあ、菊池さんのお話(っていうか文章)はかなりの計算が働いているので、額面どおり受け取りはしないのですが。

まあそれはともかくとして、「加藤ミリヤはフェイクか否か」
超ダルいね。ヒップホップつったって、ソニーのオーディションに合格するようなヒップホップでしょう。(中略)すっかりこの国に定着した商業ヒップホップ界のアイドル候補生。かも知れない加藤さんは、バックトラックが歌謡ヒップホップ寄りすぎるのと(せっかくBUDDAH BRANDとかECDとかを起用してるのに、寄せる必要全くないと思いますけどね。どうなんでしょう)、リリックが、もはやヒッピホップでも何でもなく〈ギャル界の日常〉という訳で、

さて、加藤ミリヤ、かなりギャルである。見た目は。それは確かだ。そして”ロンリーガール”のトラックもかなり「歌謡曲」側であることは確かだ。まあ、"Beautiful"も"Never let go"もHIPHOP SOULというよりは、もっと売れセンな音だったし、"ロンリーガール"も、サビ(これは石田さんのと同じフックですね)以外はかなり抑え目だ。
とはいっても、けっこうサンプリングセンスは悪くないと思う。
確かにこれ一瞬90年代ノット・デッドに聞こえるけど、
これはこじつけですね。90年代とは関係ないですね。もともと"ロンリーガール"は80年代の歌ですからね。(ECDのもカバー。しかし原曲(佐東由梨なるアイドルの曲らしい、ちなみに筒美京平作曲)は聞いたことない。。。
菊地さんがいやに90年代をけなしているのは面白いですが、ちょっとやりすぎですね~。

とまあ、それはともかくとして(サンプリングです、菊地さん)
加藤ミリヤはA面ではかなり「歌謡曲ソウル」を披露している。それは確かだ。しかし、B面-デビューシングル"Never let go/夜空"は両A面だが夜空のDEV-LARGEのリミックス((DO THE BOBO JAMES REMIX)をB面と考えよう-はかなりHIPHOPよりだ。

"夜空(DO THE BOBO JAMES REMIX)"ではブッダブランドが再結成しているし、"AT THE FEVER"でもTWIGYやブッダMC'sと絡んでいる。
夜空のブッダのリリックはかなりピンクなものもあるし(書けませぬでも"人間発電所"にも同様のリリックがあったな。うーんタイトなパンチライン)TWIGYはセルアウトするようなMCではない。(と俺は信じてる)ミリヤ、けっこうホンモノなんじゃ?と思うのはむしろこのB面にある。

そう考えると、彼女が帰るべき所はB面であり、A面はあくまでCM(まあ、セルアウトといったらそれまでだが)なんじゃあないですかね。A面でひっかかったライトリスナーにコアなHIPHOPを布教している気が・・・。"ロンリーガール"もクラシックと化しているECDに目を向けさせるため?まあ、カバー多すぎですけどね、ミリヤさん。

A面のPOPさ、ライトさは「売り切れ」や「誰も知らない」(こいつらのメロディアスなラップこそ気持ち悪い、キエロ)並みだが、裏の顔、HIPHOPサイドは歌謡HIPHOPのフェイクMCを軽く凌駕はしていると思う。しかも勝手に教育係を買ってでる16歳・・・。
まあ、さっさとアルバム出してください。HIPHOPサイドだけで。

で、ギャルな歌詞form"ロンリーガール"に関して。
まぁ、ECDとK-DUBのお説教ソングにきっちり反論してるのがポイントだと思うんで、甘めです。いいじゃん、菊地さん、大目に見てやりなよ。

※斜線部分はbounceより引用
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-25 21:21 | music

加藤ミリヤ、鈴木亜美

さて、いま昼休みでHMVで聴いてきました。ミリヤ、そして鈴木亜美。
ルックスはいうまでもなく?亜美タンの勝ちです。(個人的趣味ですけどね)
タワレコ行きたかったが、14時から会議。(行きたい理由??それはシークレット。。。)

CDは株券ではない
、にもついでにTB

加藤ミリヤ「ロンリーガール」
「ECDのロンリーガール」へのアンサーソング。
ECDのでは「援助交際とかしちゃって大人の振りしてまだ子供」といわれていた「ロンリーガール」たちですが、、、K-DUBのラップの切れが一番まともな「ロンリーガール」ですが、加藤ミリヤのアンサーでは「おっさんたちに分析されたくないわ。私たちは1人、でも時代を作るのは私たち」とばっさり切られていましたね、石田さん、各務さん。でも一番ある意味、一番斬られていたのはいたのはK-DUB好きの似非社会学者、宮台(※女子高生の分析で一躍有名になった、浅い分析が自慢の社会学者)ですね。「勝手に分析とかすんじゃないわよ」
勝手にひとのことわかった気になって、いい気になっている大人たち。子供の話しをしているとき、自分がそうなっていないのか、不安ですがちょっと泣ける、いい曲です。お勧めです。買わなくてもいいけど。(俺も買ってないし)センター街にいって聞いてください。
ってか、「ガキを食いもんにして金稼ぎ」麻薬のディーラーや女子高生に群がる親父だけじゃないぞってことですね。
しかし、なんでかアメリカに逝っちゃった歌姫と声も歌も似てるんだなあ。
ヒップホップじゃないですね、ちなみに。前の"Beautiful”とか、結構びみょーだったしな。
ちなみにバックトラック、菊池さんは"TIME AFTER TIME"のサンプリングといっていますが、元ねた(ECDの)はマーヴィン・ゲイでしたよね。けっこうそのままっぽいけど?
まあ、3枚目、けっこうひとつの山ですよね。10万枚いけば恩の字かな。
はやくアルバム出せよ。

※ECDのロンリーガール、知らない人が見てもいみわかんねーだろ、マジ興味ねー、(DEV-LARGEの”ULTIMATE LOVESONG”より)ってかんじかもしれません。

亜美。
移籍第一弾。
おめでとうあみーご。それだけで俺は20万枚はいくと思います。うらやましいぞO場さん。
ちなみに音はあんま興味ないです。
”SA”が一番いいですね、音的には。

菊地さんには、90年代リヴァイヴァルとしてくくられていましたが、確かにミリヤさんの音には新鮮さはないですね。ノスタルヂック。(しかし、今の時代、新しい音で売れている人なんてほとんどいないぞ)亜美さんのはもはや誰に向けて作られているのかわからないですね~。ファン?いや、FANは音楽興味ねーだろ。数字は適当です。

bounceから飛んできた方、、、もう一個、加藤ミリヤに関しては書いてます。もしよろしかったらそちらもどーぞ。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-24 13:47 | music

うまくいえないけど

とりあえず、半旗を掲げます。
いくつかエントリ内容を変えてありますが。

何か言いたいけど、いえないものですね。
気軽に言える言葉でもなく。

彼女が作った歌の中でも、一、二を争う(と僕は個人的に思っている)名曲、プリズムでも聞いて、勝手にウイスキーでも飲んでいよう。

旅は終わりを告げることはない。
でも、悲しみを抱いて、見果てぬ空の上を想っているのだろうな。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-17 23:32 | music

AIRアーコスティックツアー

今当選通知が来ました!

京都から。

・・・。


京都?

TOKYO
KYOTO

似てるけど違うよ?

東京は??


外れました。。。


5月21日、京都です。

行くか・・・、京都いくよ。


ちなみに、未だにAll time AIR bestは
"Lucy,Can you see orion?"
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-15 15:33 | music

「もし僕らの言葉がウィスキーであったなら」

ウィスキーはお酒の中でも上位ランクに入る「好き」なものである。

けっこう癖のあるお酒だとは思うが、その「くせ」が癖になると、やめられない。
芋焼酎と一緒である。(芋焼酎もすき)

さて、そんなシングルモルト・ウイスキーを訪ねてスコットランドとアイルランドを村上春樹が訪れた
旅行記。
めちゃくちゃウイスキーが飲みたくなりました。
いい本ですね。

とりあえずアイルランドが次の目標ですね。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-12 10:00 | sunday people

Tokyo No.1 Soulset Live!

っと、bounceでは今日アナウンスされたみたいですが。
すでにチケット入手済みです。野音。
野音!!

小沢健二がソロデビューコンサートをやったり(見たことない)、ソウルセットがその前座で出たり(うらやましすぎ)フィッシュマンズ(今度ベスト出しますね)がやったとき、ナイトクルージングだかシーズンの途中でBIKKEがライムしたり(アルバム「八月の現状」ではナイトクルージングの途中、ってことはSEASONだな)なにかとうらやましすぎる野音!(そういえばソウルセットのライブ盤も野音ですね)

行きますよ。楽しみ。もちろん、ベスト盤もNewAlbumも楽しみ!

Tokyo No.1 Soulset All time my best
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-11 22:58 | music

友達と

めんそーれーーー

今日はグルメ三昧。
恵比寿に沖縄料理も食べに行きましたよ。
ここのところ寒くてへこんでいたのもアゲさせてもらいに。
この間シュウカツ関係で後輩を紹介させてもらったお礼?をかねて。

楽しい時間がすごせました。
大学時代は、やはりそのときの話が多くて夢見がちなところもあったけど、社会人になってから話すと視点や考え方が変わっていて、面白いですね。
でも、時々あの時代に帰れるのがまたいいところ。

バイトの話が出て、僕のバイトがあまりにも楽しそうだったという話で盛り上がりました。
そりゃ、楽しいやつばっかだったからねえ。。。

ちなみに「ゴーヤチャンプルー」はどこでたべてもお気に入りです。
沖縄蕎麦も美味しかった。
実は足を踏み入れたことない地域として「沖縄」と「山陰」があるのですが、いつかは行きたいですね。沖縄は後輩が消防士やってるなあ、元気かなあ。山陰は、大学の後輩でかわいーこがいたなあ。。。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-03-10 01:00 | sunday people