<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

bounitへゴー

bounit Vol.3に行って来ました。

いい天気だったし、自転車でGO。
夏日でしたね~。

代官山は人が一杯。
UNITも入り口に人だかり・・・。

まあ、裏口から入ったんですけど(笑)

とりあえず今日聞いたのは、、
DJ 坂口修一郎(Double Famous)  
まずはじめに地下3FのSALOON。
すいてました。けど、実はけっこう心地のいいハウスミュージック。
午後の感じが(いや、室内で暗いんだけど)非常にまったりと。

cro-magnon のライブ      最近、こーいうSlyMongooseっぽいの増えたよなー。とか思いつつ、音圧がすごかったな。でもSlyMongooseのほうが好きです。(きっぱり)

曽我部恵一BAND のライブ
     円陣組んで「世界のニュース」から。いや、前に聞いたときはアコースティックな感じだったんで、だいぶ感じが違いました。すっげーロック。観客よりも本人たちが熱くなっていました。「Telephone Love」のコール&レスポンスどれだけやりゃ気が済むんだ・・・。「瞬間と永遠」、ソロになってから一番好きな歌なんで、やってくれてよかったー。

ここで15時から始まったライブも早くも3時間経過~ってことで外に出てみたら・・・。
まだ明るかったです・・・。曽我部BANDの感じから、勝手に真っ暗だと思ってました。外・・。

EGO-WRAPPIN' のライブ   RSR以来ですな。前よりなんだかロックっぽかったな・・。
高宮紀徹 DJ     レゲエ・ディスコ・ロッカーズの頭脳、リズムといえばこの人。どこかRDRの切なさが残っている、そんなDJでした。またしてもSALOONでのんびりと聞くにはちょうどよかったなあ。

SOIL&"PIMP"SESSIONS   巷で話題(でもないらしい)SOILのライブ。なんだか熱かったなー。アジテーターなる社長が面白かった。

最近、KNQDやpepeのように、影のある音楽ばっかり(特にライブでは)聞いていたので、久々に陽性のパワーをもらいましたわ。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-22 00:25 | music

電気グルーヴというバンド・ユニットのすごいところは「富士山」や「誰だ!」といった迷曲と、「虹」のような美しいテクノ・アンセム、どちらも作ることができる振れ幅にあるのだろう。

最近、Jazzばっか聞いているように見えて、実はこの曲、けっこう聴いているんですよね。

しかし、テクノというとビートの反復ばかりが思い出されるが、虹は、なんともセンチメンタルでメロディがビートの中を泳ぐ、まさに虹のように美しい曲だ。

そしてまた、歌詞がなんとも美しい。
虹、というあっという間に消えていく美しきものをうまく歌詞に落とし込んでいるし、テクノ、というかリリース当時最先端の音であったであろうサイケデリックトランスの風味も入っているのかなー。とかおもいつつビートの中をたゆたう10分間あまり現出する虹に魅了されています。


・・・。やっぱりあんま精神状態は上向きではないようですな(汗
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-20 00:26 | music

憂鬱とともにある音楽

そう、ここのとこワタクシはずっと憂鬱なわけです。

理由はいろいろあると思います。
そして、そんなときはやっぱりジャズ、が一番です。

南博の"Praise song"然り、KNQDの"Over the rainbow"や渋谷毅オーケストラの"Soon i'll be done with the trouble of this world"...”大停電の夜に”の中から”Candy”もいいですね、これも南氏だ。

Jazzというのはなぜか僕の心の中に甘い痛みを残し、そして、その甘い痛みは憂鬱さを助長させ、そして癒してくれます。

4月に行った”夜の全裸”でのpepeの演奏、中でもウェイン・ショーターの"プラザ・レアル”やミシェル・ルグランの"はなればなれに"、"You Don't know what love is"なんてのは、まさに官能と憂鬱を刺激し、このまま眠りにつく、それもとわの眠りでもきっと後悔しないだろうな、と思いながら家で聞くKNQDのライブ録音、甘い思い出だけが僕の心を刺激し、癒してくれます。

5月17日に、職場のすぐ前で行われたKNQDのライブ・レコーディング。
いつもとちがう、商業施設でのインストア・イベントに興奮したのは僕や観客だけでなく、菊地氏もまたそうだったらしく、その日の"You Don't know what love is..."のアレンジ、ダブはあまりに美しく、その後に続いたインプロゼーションやIsfahanもよかったけれど、この曲が聞こえているあいだは何とか生きていけそうです、という気分になります。

それでも憂鬱さは晴れないもので、毎日のようにJazz、という音楽が残す心の痛みだけを希求して、毎日が過ぎていくのでした。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-19 23:18 | music

中立の立場(どっちかというとアーセナル)

と、いうか、某や○っちFCのえこひいきがキライなだけですけどね。(バルサのバンド、もっていますし)
ちょうどニック・ホーンビィの「僕のプレミア・ライフ」を読み返していたので、ガナーズを応援していました。

しかしまあ、結果は皆さんご存知の通り。
レーマンの微妙な退場(流してもよかったけど、ここで点が入るのもなあ・・)で一気に優位に立ったように見えたバルサですが、その割には攻め手に欠いていました。
先制点はまさに見事なセットプレイ。ぐうの音も出なかったでしょうね。

しかし、10人対11人、後半エンジンのかかる天才を擁したバルセロナは、エトォ→ラーション→エトォ(こんくらい東京の選手にもパス&ゴーしてほしいですな)で同点。勢いでもう一点。

アーセナルにしてみれば、納得のいかない試合だったのかもしれません。バルサも(相対的に見れば、ですが)そこまで圧倒していなかったし。

もっとも僕にとってはレッズが敗退してからテンション下がりまくりの(こちらとら、予備戦も予備戦から戦ってたんだぜ)今年のCLでしたが、やはりレベルは高かった。

いつか見に行きたいぜ。


ビッグイヤーは青赤へ!!
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-19 22:58 | Footballiloveit

こないだなんでこれができない?

テレビで観戦中。

福岡戦よりもぜんぜん気合はいっているじゃないですか。
結果は0-0だけど、内容は悪くなさそう。

毎回、気持ちだけは忘れずにプレイしてほしいですね。

若いチーム、というか、キブンヤ過ぎます・・・
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-17 22:27 | Footballiloveit

巻!

タコとか納得いかないとこあるけど、巻!
マキィ(って感じですか、ジーコ発音だと)よかったー。


追記。
冷静に考えると、松井、佐藤寿人、阿部、そしてモニも落選なんですね。
試合勘や、欧州での活躍具合を考えても松井はタコより上だろうに、競争激しいポジションですからね。

あと骨折。久保が落ちて骨折が受かるのもよーかんがえると同じくらい不安要素があると思うんだけど・・・。久保は今のコンディションを考えると、致し方ないと思います。が、柳沢もベンチウォーマー→鹿島で打ち上げ花火→あっというまにリハビリ生活。どっからどーみても不安です・・・。

巻の代表入りは、今シーズンの動きを見ていれば、サプライズでもなんでもないですよね。
千葉戦で大敗したのも(しかも、それをあきらめと賛美を持って受け入れざるを得ないのも)彼の活躍だし・・・。

とりあえず、W杯の間はイングランド&巻応援ブログ(もちろん土肥も)ですな。

というか、イングランドといえばFAカップファイナル。
すばらしい試合でした。最後の最後まで勝っていたハマーズ、そして、足が止まったレッズ。
最後のあがきもポストに嫌われて、、、っと走りこんできたジェラーーーーーード!
すばらしい同点弾。そして、レイナのPKセーブ。
やはり、このチームには「あきらめる」という言葉、途中でくじけるということが似合いませんね。



Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-15 14:28 | Footballiloveit

君たちは一体何がしたかったのか。

FC東京VS.アビスパ福岡●0-1

まさかのゼロイチでの敗戦。
キックオフ前には「今日は4-0で勝ってもらわないと~」とかノーテンキに言ってたのですが、始まってみたら引いて守る福岡に、攻めがセットプレイだけ、それも決まるのは時間の問題・・・と思っていたけど決まらない。

そうこういっているうちにカウンターくらってあわわ、という試合展開。どんどんくらーいかんじに・・・。

こー言うとき何がダメなのか。もうみんなわかっているはず。選手も、監督も、サポーターも。
だから、梶山→イノハは妥当な策だったと思うけど、次はササ入れてポストになってもらわないと。。。ミヤザー→ササで、キックける人いなくなっちゃうし、とき既に遅し。

選手も、いーかげんどうすればいいのか、わかってくるんじゃないのか?
ゴール前フリーで横パスとシュート、どっちを選択するべきか。
監督の策が尽きたとき、どうやって打開するかはフィールドにいる11人にしかできないんだから。

ついでにサポーター。なんか途中で鳴り物がなくなっても選手をコールしたり、歌を歌ったり、応援する気持ちはなくしたくないですね。


つーか、今日何してたか、印象に残ってないので記憶ナシ。が本音です。
ぼーっとしてましたよ、今日は。以上。

Jam8さんにTBしましたー。06ナビスコ終了
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-14 22:54 | Footballiloveit

五月病に効く音楽

五月病に聴く音楽は?

久々にbounce.comにTBしてみました。

五月病。

既にあげられている人がいますが、まず浮かんだのが、やはり?モラトリアム・ミュージックといえば、フィッシュマンズ。

あえて事実上の解散アルバムでもある、"'98'12'28男たちの別れ"から、"ひこうき"の最後のMCから続く、"IN THE FLIGHT"をあげたいと思います。

「あと10年経ったら、何でもできると思っていたけど、やっぱり僕は、僕さ、何もできないよ」

・・・。やばい、暗いですね。しかし、へこんでいるときは、思いっきりへこんだほうがいいと思います。しかし、このアレンジといい、MCの「ずっとバンドをやっていたい」といいながら、「結局、減ってるじゃん!」と自分で突っ込む・・・。やばい泣けてくる。

※知っている人には蛇足ですけど、この後佐藤氏は永眠し、事実上「消滅」しました、フィッシュマンズは。

これで、どん底まで落ちたら、後はあがるだけ。


芸がないけど、いまなら
"Praise Song"/Hiroshi Minami Trioですかね。詳細はこのあいだかいたんで、そっちみてください。


もっとも、音楽が聴けるうちは大丈夫です。
本当にへこんだら、音楽聞いただけで崩れ落ちます。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-11 00:09 | music

昨日の試合よりも

栗澤遼一選手の検査結果

こっちのほうが心配です。

どうせ当確のこのオトコ↓
a0028025_1991224.jpg


代表への召集令状と勘違いして赤紙(レッドカード)でももらってやがれぃ!

※エキサイトではTB企画、あなたの予想するW杯日本代表は?をやってるけど、考えるだけ無駄というもの。どーせ相変わらずでしょうよ。
っていうか、
FW:腰痛、コネ(しかも骨折)、犬好き、枠よりポストのチームで干されてるやつ
誰が点入れるのさ。

あとコネfromスイスと通訳もどうかと思うぞ。
ついでにあの不安定なGKハムカツはブラジル戦での降臨まで使わんほうがいいんじゃないのか?
他のチームに目を向けると、グティが代表から落ちたり、サビオラが微妙だったり(メッシも怪我で微妙だけど)、カーンがサブになっていたりと、最新情報にUpdateされているチームが多い中、「貢献度」とかいって、しっかり日本タテ社会受け継いでるブラジル人さんよぉ(以下略・・・)

※しかし昨日の試合は眠かった。
後半、気がついたらメンバーがなんだか入れ替わりすぎてて、意味不明でしたw

※サッカーマガジンを立ち読みしていたのですが、FC東京のコーナー、名古屋戦ではチャントがはじめ半音低かったようです。で、ルーカスゴールの22分、チャントが半音上がったと。
ほんまかいな。

※しかし眠い。

※16日追記・・・巻おめでと。久保嫌いなわけじゃないのよ。でも今のコンディションじゃね・・・。
っていうか鹿枠ないっていうけど、やっぱり骨折とにやけ顔フロムスイス・・・orz
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-10 19:11 | Footballiloveit

やな負け方

逆転、とかロスタイム弾、というのは基本的に勝ち方としては最高に楽しいけど負けたほうとしてはほんと納得がいかない。

後半、意味のわからない失点でおいつかれ(テレビでみるまで納得いかない。。→今テレビで見たけど、やっぱりよくわからない)
前半早い段階で先制して、守備の要モニが交代して守備一辺倒になってしまったのがここまで響いたのか。これまでのいい流れ、は前への姿勢を忘れないことから出ていたんじゃないか?

そーいや、リチェーリはロビーニョじゃないな、と思ったシザース、シザース、ボール置き去り!でしたね(苦笑)毎回それかよ。

ドローか、と思った瞬間。
最後の最後に描かれた美しい放物線は、アウェーチームのものだった。勝敗を決したそれは、すばらしい勝ち方と、大きな落胆にスタジアムをわけ、二日酔いの頭ははれることなく、僕は帰途についた。


とうぶんリーグはないと思うと、悔しさ倍増だなぁ。。

あと横浜VS千葉の横浜のゴールもゴールライン割ってるよなあ・・・。
中断期間、審判もしっかりお勉強して、チームも強くなって戻ってきてほしい。
今日、中断明けのホームゲームのチケット、交換してきたよ!

・・・。
そう。
松本です。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-05-06 18:49 | Footballiloveit