<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ナンバーナイン回帰のシーズン

a0028025_2324498.jpg



気を取り直して、ファッションの話でも。

今期、気になっているのはなんと言ってもシャツ、そしてフォーマルな黒。

で、どこを間違ったか、ナンバーナイン回帰。
はじめてみたのはオリーブでKEE君が穿いていた、ワインレッドのデニムでした。
スリムで、深いワインレッドのデニム、なんてはじめて見てすごいと思った覚えがあります。
あ、ちなみにそのアイテムは持っています。縦糸が黒で、横糸が赤なんですよね。すごいなあ。

けっこう売り飛ばしてしまい、後悔するアイテムや高くて買えずに悲しい思いもしているのですが、その分、もっているアイテムは着倒すつもりで持っています。


なかでもREDISUN期の黒のタキシードパンツ(withスカート/エプロン)には役に立ってもらうつもり。

で、これは同じくREDISUN期のタキシードクロスの巻スカート。
裏側はプリーツ入っています。

これに写真のようにスタンダード期のストライプシャツや、ズッカのストライプシャツ、もしくは白シャツや黒シャツなんかあわすとけっこうかっこいいと思うけど・・・。
あ、もち足元はブーツね。
ブーツインなんて、ださくてやってられっかい。

やっぱ街じゃ無理ですかね?かね?
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-30 23:24 | fashion

まけまけ

FC東京 VS. アルビレックス新潟

アウェイが続き、個人的にも旅行だのなんだので久々の味スタ。

で、スタメンは全員日本人でしたね。
しかし、栗澤、宮沢、トダの先発は個人的には嬉しかったですw

平山“キング”相太先生。
なんかリバプールに来たばっかのクラウチを髣髴とさせる平山システム(全てのボールは平山へ)と、周りのパス(チャンス)をことごとくぶっつぶしてましたね。

とりあえず足遅かったっす。しかもびっくりするほど。
そりゃトダやナオ、信男さんはスピード命ですよ。
早いですよ。
そんなのに見慣れている所為かも知れないけど、

やっぱ遅いですよ。


あと、クラウチじゃないな、と思ったのは足技ないですね。(そりゃそーか)
枠内へ平山が打ったのはヘディング1発ですかね。

終了間際のポカーンとパスを待っているのは
「守備をしない」と「ポストプレイ」じゃないですよね、もはや。

「何もしないで突っ立ってる」

に近かったです。(もちろんパスはカットされました)

で、結果は1-4.しかも逆転負け。どんどこFW系選手が投入されて、システムとか戦術とか以前に「攻撃せな!」という意図こそあれど、その意図をプレイに現すこともなく、敗れ去っていきましたね。

ま、平山はこんくらいにして。

今日の試合、何がしたかったんでしょ。

勝ちたかった?

カントクは、確か「守備から立て直す」といっていた気がしますが、実は監督交代後失点のない試合はないんじゃあないですか(オウン1点だけってのもあったけど)

モニいないとだめなチームなんか?

ガンバみたいに、取られたなら倍取ったる、という気迫はなかったですよね、今日は。


次はガンバとの一戦まで、味スタで見ることはできません。
その時までに、光が射していることを。千葉で見たあのチームが、真夏の幻でないことを祈っています。

追伸:今の平山なら、今シーズンベンチに入れる必要はないでしょう。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-30 16:58 | Footballiloveit

桜島その2

a0028025_16334210.jpg

去年も来た公園からの桜島。台風なんかいたの?ってくらい穏やかな鹿児島。
またやってきました。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-19 16:33 | sunday people

桜島

a0028025_14403443.jpg

[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-18 14:40 | sunday people

鹿児島にて

a0028025_10432746.jpg

台風一過の指宿です
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-18 10:43 | sunday people

もうFWいらないよー

昨日、味スタでどうやら試合らしきものがあったようです。

おかしいなあ、飛田給に行った気がするんだけどなあ・・・。

いやー、「意地見せろ!」って感じの試合でした。

なにかプラスの要素を見出した人、教えてください。

え?

ヒラヤマ?

うーん。

小澤君もワシントンも赤嶺もいるじゃん?

ササも祐介もレンタルちゃうん?

リチェーリもサイドバックじゃあないよねえ。

。。。

どっちかっていうと、補強する場所間違っている気が。

ヒラヤマもU-21の知り合いが多いから決めたのか??


まあ、お手並み拝見。

でも、まずワシントンみたい。

ワシゴールがみたい。

そっちが先でいいんじゃない?

More
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-10 23:11 | Footballiloveit

計画的衝動買い

a0028025_2365622.jpg

白いスニーカーがほしくて探索中。
ミハラ×プーマの白が気になっていたので、ミハラに行くつもりが冷やかしによったディストリクトでナイスなスニーカーがあって、そちらにしちゃいました。

Districtで取り扱っているドメスティックブランドは、kolor(CLAM)にしろ、Scyeにしろなかなかいいセレクトで、このDreaming of the shining starもそーいったドメスティックのひとつ。

真っ白でいいかんじ。スタンスミスな横と、ジャックパーセルなフェイスがにくい奴です。素材もエナメルですがあまりぎらぎらしていないので穿きやすそうだし、なんにでもあいそうですわ。

はよくたくたにしてやりたいですな。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-09 23:06 | fashion

ナツのおもひで(もしくは犬サポさん、おちついて)

夏のフットボールを振り返ると、文句なしに楽しかったのは、「ジェフ千葉VS.FC東京@蘇我もトウキョウスタジアム」だろう。

松本遠征や国立大爆発、ガーロたんサヨナラ負け試合×2(味スタ、浦和)なんかもあったけど、なんてったってクラマタトウキョウの門出を見れたんはよかった。

だいたい千葉に向かう東京サポの何人が「今日勝てる!」と心から思っていただろう。「惨殺はやめてね」「よくて引き分けかなあ」「何があってもブーイングはしねえ」そんな感じじゃなかろうか。

かたやジェフ千葉。ホームで勝てない勝てない言っても、「カモがきた」「きっちり勝ちましょう」そんな感じで、楽勝とは言わないものの負ける気はしてなかったに違いない。(実際mixiとかの書き込みはそんな感じだった)

それが、あの結果だ。それだけでも笑いが止まらないのに、どー考えても「ホーム東京、アウェイ千葉」なサポート状況。

詳しいことはおいておいても、赤嶺の同点ゴールと、阿部ちゃんの勝ち越し弾は完全に「サポーターが呼んだ」ゴールだった、といっても過言ではないだろう。

実際、赤嶺は後半あの時間まで消えていた。繰り返される赤嶺コールは、彼に対する奮起を促していたし、そして、赤嶺はそれに応えた。(福岡戦でも同じ光景が見られたんだが・・・)ナオのゴールもすばらしかったが、羽生に追いつかれた後の東京の応援は、追いついたのが東京だったのかと思うくらいフクアリを支配していたのではないだろうか。

たぶん、あの日フクアリに入ってくるまで、東京サポはもしかしたらどこか弱気だったのかもしれない。だけど、キックオフが近づくにつれて―「ホームで勝つのはジェフ!」とか言われたり、いかにもすげーぜ俺ら~みたいな千葉の選手紹介を聞いて「タダでやれれてたまるか」と思ったのか、もしくは味スタと比べらんないくらいカレーや美味しいタコスに元気になったのか(酔っ払ったのか)「あの日、負けるのは俺らじゃない」という気分になったに違いない。

それくらい、東京側のサポートは千葉を圧倒し、ゴール裏だから、とか「いつもは声出したり拍手とかしないから」とかいう気分すら吹っ飛ばしてフクアリをホームにしたんじゃないかと思う。(実際、僕は味スタではバックスタンドで見ることも多い)

また、あんな応援光景がみられるのか、参加できるのか。
それはわからないけど、あの時確かに「12人目の選手たち」がFC東京には存在し、不幸にもジェフ側の12人目を消していた。


サッカー観戦ってたのしーなーと思うのはこんな瞬間があるからだろうね。

おまけ
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-05 22:16 | Footballiloveit

サヨナラ、サマーディ

ビルの谷間にぽっかりとあいた公園、夕暮れ時。
去年、ソウルセットで来た時は夏の初め、まだ明るい中でライブが始まったのだけど、今日はもうすでに暗く、鈴虫が鳴いていた。

照明が舞台を照らして、はじめの1音で「あ、この曲!」とわかった”プライベートサーファー”。手にはビール、つまみはたこ焼き(・・・爪楊枝も箸もないので、手づかみ(苦笑))緩やかな空気が、2006年の夏にサヨナラを告げていた。

このあいだまで、暑くて、なんとも形容しがたかった風が、今は涼風、という言葉がぴったりのさわやかさを。
空はいつのまにか高く、心なしか少し澄んでいる。

UAの日比谷野音ライブ。スカートの砂、踊る鳥と金の馬、そんな空には躍る馬、タイトルはあれど、UAが歌う「うた」はその場で形を変え、空気と一体化している。

あっという間に1時間以上の時間が経っていた。

静かに始まったアンコール。
”太陽ぬ落てぃまぐれ節”も、最後にやった”甘い運命”もよかったけど、個人的には、”水色”が美しかったなあ、うん、よかった。

なんか、夏っぽいことなんもしてないけど、こんなライブで〆る夏、というのも悪くない。



夏の疲れを癒すおすすめ法は?
と、いうわけで夏の疲れは、音楽とUAのライブで癒してくださいな。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-02 18:37 | music

リンク追加

地味にリンク追加してみました。

365日FC東京ゴール裏!
・・・ゴール裏とバクスタどっちにも出没するけど・・・(汗

JBアンテナはいつも使ってるから、行きやすいように。
相互リンクは希望出さないと、だめっすか?(べつに相互にリンクされなくてもOKなんですけど・・・)
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-02 13:31 | Footballiloveit