<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

年越し行事

と、いえば恋人と過ごすのでも、サッカーを見るのでもなく、もちろん、Tokyo No.1 Soulsetです。

閉店3日前の新宿リキッドでのオールナイト、移転した恵比寿でのパーティー、スライマングースとの対バンときて、今年は単独ですよ、兄さん。

こりゃ行かないわけには行きません。

恋人と過ごすのでもなく(いや、恋人といければ一番なのかもしれませんけどね)、サッカーを見るでもなく(いや、FC東京が天皇杯勝ちあがればハナシは別)、ソウルセットのライブなのですよ。

2時間以上にわたって、あの世界が目の前に繰り広げられる、ちょっとハイテンションな俊美さん、キレルBIKKE、淡々と回す川辺ヒロシ、どこを切り取ってもソウルセットなのです。

今年もいろいろありました。
でも、新曲(作りかけ)をやっても、やはりそこにあるのは去年みたソウルセットであり、1年たって少しかわったソウルセット。

KeyWordはライブで見るとぜんぜん違う曲なのに、やっぱり美しい。

また来年も見れることを祈って、Sundayに飛び跳ね、Jr,でこぶしを上げ、終わりの続きを進んでいくだけなのです。

あー、まじよかった。

やっと年も越せます。

でも、リキッドルーム恵比寿のPAさん、今度からはもうちょい低音絞ってくださいね。

まあ、とりあえずは
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-29 22:26 | music | Trackback | Comments(0)

エイプリルズ

a0028025_2140362.jpg



Softly Nigthtだっけ?
イマイさんに誘われてふらふらと代官山UNIT

忘年会帰りで焼酎のみ杉で到着。

で、いきなりエイジアエンジニア?が「東京は夜の七時」をレゲトンカバーしてるし。(アレ反則だよなー、でも小西さん好きそう・・。)

で、エイプリルズ。ネオ渋谷系の王子(笑:本人曰く「俺は(ネオ)渋谷系じゃない!」とオリラブな発言)とイグチ姫、そしてエイプリルズのダンスマシーン、ナカマさんのダンシングステージです。

Vライブの曲もやっとリリースするみたいだし、軽快に踊れましたよー。

いや、楽しかった。

帰りにFootnikでウイスキー飲んで帰ってきました。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-27 21:40 | music | Trackback | Comments(0)

DCPEG@代官山UNIT

今年最後の菊地さん、そしてDCPRGは代官山UNITでのオールナイト。

3時過ぎにステージ所狭しとならんだ機材のあいだに人が並んで、小林怪のかなりナイスDJ(すっげーおどれるJAZZでした)がフェイドアウトして始まった「ジャングルクルーズにうってつけの日」

その後は、ポリリズムの中に放り込まれてあっという間の1時間30分。

あれで、踊らないやつはどーにかしてます。ってか、菊地さんみにきてんだったらどっか後ろに行ってくれ。

BOZOや渋谷毅オーケストラでもおなじみの津上さんのSAXが少し調子悪かったみたいでソロが苦しそうでした・・・。うーん残念。

まあ、んなこともありつつ、今年はDCPRGも3回くらい楽しんだのかな、1月、7月、12月と。

で、そのあいだにはペペありKNQDあり。UA×、もありました。

結局毎月のように菊地さん見ていたりするんだよなー・・・。

来年はDCPRGの「アメリカ」は決定としても、KNQDの音源ほしいなー。歪んだ虹(ボーカルレス)と、甘いキヲクがききたいっす、菊地様。

共演者
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-23 03:00 | music | Trackback | Comments(0)

サッカーな洋服。

a0028025_16122738.jpg

今シーズンよくきているのがこちら。
フェイクロンドンのサッカーユニなカシミヤニットです。

何年か前に買ったんだけど、今年はよく着るなあ。

ちなみにこの日もコレきて、UNITへGOでした。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-22 22:12 | fashion | Trackback | Comments(0)

メリークリスマスFrom FC Tokyo

a0028025_1601358.jpg

当日の予定はなんもないんですけどね。
規朗の笑顔がいいですねー。

手前に映っているのはカピバラさんです・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-20 16:00 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)

右脳と左脳

右脳左脳占い

結果はSASAです。

【性格】「デジタルじかけの、正義の味方」

インプットもアウトプットも左脳で行う「ささ」にとっての判断基準は、「正しいか、正しくないか」。ものごとに真正面から取り組んでデータ・情報の収集や分析を熱心に行い、自分が知らない情報の穴があることによる間違いを恐れます。
→そうだねえ。

そんな堅実な姿勢のあなたに信頼をおいている人も多いはず。周囲からは「物知りさん」として重宝がられます。
→どでしょう。

ものごとを進めていく上でもっとも重視するのが「段取り」。リスクを負うことを誰よりも避けるので、ひとつずつ課題を解決して積み上げていくスタイルをとっていきます。途中でそれがくつがえされたりするとかなりのストレスを感じることも多いでしょう。
あー、そうそう。

ざっくりした会話やニュアンス的な言葉がキライで、大勢で話すより、1対1でじっくりと話し込むのを好みます。人間の感情を読み取るのが苦手で、本質的な間違いをおかしたり、融通のきかないタイプに見られることも。
→ざっくりした感じでいいけど。

理想は高く常に完成型を求めていますが、それは自分の経験と知識のデータの中だけから作られているので、本人が自負してるほどまわりはセンスを感じず、あまりそれを主張すると偏屈モノ扱いされます。
→うっさい、余計なお世話や。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-18 00:34 | sunday people | Trackback(1) | Comments(6)

Tokyo No.1 Soulset Live!

12月29日
Tokyo No.1 Soulset@LiquidroomEbisu

チケットあまっちゃったよ・・・。

どなたか行きます?

ただ、ソウルセット知っていて、Sundayでこぶしを突き上げられたり、「何の役にはたちやしない」なんて叫べる人のほうがいいと思います。

完全なる、「仲間うち」の世界だと思うから(もちろん、いい意味で)

Jr.の瞬間に立ち会える喜びを。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-15 01:59 | music | Trackback | Comments(0)

2006-07AWのまとめ

Comme des garcons Homme plus
プリントストライプシャツ

Kris Van Assche
キルティングインナー付Pコート
イニシャル付シャツ

Cosmic Wonder
Grayジャケット
刺繍入りブリーチデニム

District
Clamストライプシャツ
Dream of shining star 白エナメルスニーカー
アンティパストのソックス

Theater Products
エスニック柄ロングカットソー
麻雀パイ刺繍のシルクステンカラー
(×ユニクロ)白シャツ

Bottega Venetta
ウールネクタイ

Number(n)ine
アーガイル刺繍モヘア切り替えしVネックニット

んなもんか。
あと欲しいのはヨウジのワイドパンツとニット、Districtのパンツとかかな。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-13 00:36 | fashion | Trackback | Comments(3)

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール

あいかわらず、無国籍な感じのするペペ・トルメントアスカラール。

入り口にはUAと野宮真貴さんからの花束がどーん。
なんじゃそりゃ。

新アルバム「野生の思考」の曲を全部やります、ということだったけど、もちろん「南米のエリザベステーラー」からも。かわりに「You Don't Know what love is...」や「isfahan」のぺぺパージョンが聴けなくなったのは少し悲しいか。

しかし、クインテットライブダブがジャズが基本にあって、その音を歪ませることでさらにジャズしてるのと違って、こっちはなんとも艶やかな音。ハープやバンドネオン、ストリングスにパーカッションと菊地さんのサックスが絡むのは本当いやらしいわ。

そしていつものことだが「京マチコの夜」は色気がくらくらすぎて、目でも閉じないとやってけない。で、セットリストの順番は違えども「はなればなれに」で意識が起きてくる。

チェルシーブリッジの南さんのピアノは美しかったな。

なんとも濃密な空気に満ちた九段会館、2時間でした。

そして、最後の「ファムファタール」
細野晴臣が「癒し」のために作ったそうだが、確かにそんな感じ。
熱がくらくらと飛散し、陰鬱な空気が、自分の中にある鬱性を刺激しました。

SETLIST
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-11 19:00 | music | Trackback | Comments(2)

東京都現代美術館

大竹伸朗 全景
MOT(東京都現代美術館)で開催中の、大竹伸朗氏の回顧展に行ってきた。

現代美術、特に日常から廃棄されるゴミを再構築して作った絵画や、船の廃材をキャンバス代わりにした作品、日本をはじめとして、ロンドン、ニューヨーク、アフリカなど旅先でのスケッチや収集を基にした作品などが有名らしい。

結論から言うと、つまらなかった。

イカだけがよかった。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-12-10 10:39 | sunday people | Trackback | Comments(0)