<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夜のみだらな鳥

不協和音の中に、メロディを感じ、いくつものハーモニーとビートが重なり、SAXがそこをたゆたう。

菊地成孔とペペトルメント・アズカラールのホール公演第5弾、九段会館では3回目になるのかしら。(あとどこだ?有楽町と天王洲か)

この間のクラブハイツ公演は、ピアノが電子だったり、音響よりも雰囲気をとっている感があったけれど、ホールでは音響も、雰囲気もどちらもいい。

イントロのインプロ、おなじみといえばおなじみか。コンガ、ドラムが静かにリズムを刻み、ストリングスがその上に乗る。そして、次の曲へすっと、入っていく。

「野生の思考」から組曲シリーズが演奏され、「南米のエリザベステーラー」からの「京マチコの夜」へとつながる。

一瞬の静寂の中、「はなればなれに」が演奏される。いつもの口上はなし。そして、カヒミ・カリィが紹介もなく(しかし、いつもと同じタイミングで)すっと舞台に現れ曲が終わるのを待つともなく待っている。

この次の瞬間があまりに美しかった。

南博がピアノで一音を奏でた瞬間、その曲が「the Look of Love」であることが伝わった。カヒミ・カリィがそのウィスパーボイスで歌いだす。

そのときの九段会館、きっと菊地成孔のキャッチフレーズである「官能と憂鬱」に多い尽くされていたのではないろうか。

「パリのエリザベステーラー(存在しない)」を朗読し、まだサックスソロが続く中カヒミ・カリィは退場していく、もともと舞台上に女優は存在しなかった、とでも言うがごとく。

「プラザ・レアル」のタメと解放。さまざまなリズムと旋律の中を泳いでいくサックスソロは、デートコースとどこが違うのだろう、と思うほど自由な音だった。

本編の最後は、バンドネオンのソロから、ピアノの印象的なイントロ、そしてその華麗さはまるで没落貴族の葬式であるかのごとき「"ルペ・ベルスの葬儀」

いつもの饒舌なメンバー紹介のあと、カヒミ・カリィとのかみ合わない会話の最後に菊地成孔は
「この曲でカヒミさんとはお別れし、またわれわれだけで、、、旅に出ます」そういって「クレイジー・ヒー・コールズ・ミー」をはじめた。

ラストは「You Don't Know What Love is...」(Vocal)
幸運なことに、立ち見だったので踊りだせそうだった。

そして旅は続く、人生も
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-30 20:28 | music | Trackback | Comments(0)

来年のことを言うと鬼も笑う。(コレクション関係)

と、わからん人には意味不明かな。

08SSコレクションが続々でてますね。

写真とかはどっかで探して。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-30 09:42 | fashion | Trackback | Comments(0)

アクティブなのか、なんなのか。

mixiではつらつらかいていますが、先日北海道に行ったときに足を捻挫して、なかなか治りません。

総合病院の判断は「全治2ヶ月の靭帯損傷」って、サッカー選手みたいですが、原因は第2ターミナルのエスカレーターです(苦笑)

なので、ここのところ出不精気味なのですが、東京関連と、どうしても行かないと行けないものはやはり行かねばならぬもので・・・。

そのついでにTheaterProductで秋冬見たりプレセールしてきたりもしてるのですが・・・。

一応、この時期そのほかでどうしても行きたかったのは、ホンマタカシの展示会。

パルコのロゴスギャラリーのと、表参道のギャラリー360°
どちらも行ってみたけれど、空間という意味ではやはり専門ギャラリーが上かなー。でもロゴスのほうも悪くなかったな。

前のMountain of GODのときもいろいろ見に行ったり、BRUTUS買ったりしたけど、こちらもかなりよい。波というのは形が一瞬しか作られない。その一瞬を切り取る力は、東京郊外で魅せた彼の力の真骨頂かもしれない。

というわけでついポスターまで買ってしまった。どこに飾ろうかしら・・・。

そんなこんなで怪我してる割にアクティブ。早く治そう・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-24 23:26 | sunday people | Trackback | Comments(0)

土肥に土下座しなさい

あんだけ神セーブして、鼓舞してこれじゃ浮かばれません。
はあもうなんもいうことありません。

原さん、なおじゃなくて赤嶺じゃね?つーか控えのFW電柱一本ってなによ?

15分で二点、フットニク沸騰。

ハーフタイムに抱いた淡い幻は、やはり幻でした。あーばんどの喜ぶ顔下品すぎる。なお何してた?空回りすらしてねーし。梶山てめーもつるまで走れ。その点イノハのほうが潔い。

もう少し健闘すると思ったんだけどかなー。

終わってみたらなんすかこれ?ですわ。

はぁ。ぐったりです。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-23 20:58 | Footballiloveit | Trackback | Comments(2)

納得はいかない

今日の勝利者はそれでもきっと正しいジャッジだったと判断している我らが審判でしょう。
東京はチャンスを作り続け、やっと実を結ばせたと思ったジョーカーを失い、甲府は反撃の狼煙をあげ、まだまだというときにエースを失った。

リチェに与えたはじめのファール、あれはカード出す基準なのか?そのあとのレイトタックルっぽいのにはださないのか?

茂原のは遠くてわかりづらかったけど、別にカードってほどには見えなかったが。

ノリオの先制点、福西ールーカスの追加点、土肥のビッグセーブ。いづれも素晴らしかったと思います。

だけど、ガンバや鹿島に勝てるか?と言われるとあと一つ何か足りない。最後、原さんは再三「シュート打て」といっているようだが、シュートで終わろうという意識がやっぱり少ない(リチェーリだって、シュートうっときゃよかったのに!信男さんもためすぎ)川口はサイドチェンジだけじゃなくてシュート打ってほしい。ノリオは得意のゾーン以外でのシーンでもっと魅せてほしい。梶山や栗、福西の動きがフィニッシュにつながってほしい。
確かに今日は勝った。けれど、浮かれきれない気がします。
大阪、そして海外とアウェイが続きますが、ぜひとも踏ん張ってほしいな。
見に行く人、いいなぁ、うらやましいなぁと思える内容、サポートを。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-20 22:31 | Footballiloveit | Trackback | Comments(8)

すごく悪くもないけど、よくもない。

FC東京0-埼玉赤2

なんだかんだで完売の割には人が入っていなかったり、前の優勝かかった味スタよりは確実に敵のサポーターもぬるかったし調子もそこまで「かてねーーー」ってほどじゃなかったと思うのですが、、、結果は0-2。1失点目は土肥ちゃんパンチングしかできなかったかー。あれキャッチしてれば・・・。な感じ。そんなにゴラッソーーーって感じじゃないけど、やられちゃいましたね。

で、まだ時間も早かったし、ゴール裏はまだまだ、って雰囲気でしたが、ピッチの上は「失点したとき」Ver.になっていたのかしら・・・。ノリカル砲はすこしづつ枠によっていくものの、そのほかの攻め手に欠き、運動量も前線からのチェックも清水戦に比べれば格段に減っていたように思えます。

そう、エルゴラに書かれていたとおり「梶山を押さえてしまえば、東京は・・・」でしたよ。うまく梶山の攻めを封じた、赤の守備陣(ハゲのぞく、アイツ嫌い。)はすごいなと思います。

0-1で折り返したときはまだまだ、と思いましたが、そこは腐ってもチャンピオンチーム、あっけなくOwnゴールを献上してしまったあとは向こうのつまらないサッカーに合わせてしまい、自分のペースをつかめなかった東京の負けです。局所的には惜しいチャンスもあったのですが、それを決められないのもまた今の東京なのか・・・。

上位にいけない、ガラスの天井。それは決定力だったり、安定していないパフォーマンス(試合の局面、というよりは試合ごとのコンディション)だったり、もしかしたら浦和のつまらんサッカーをできない、という部分なのかもしれないけれど、確かにあるのを感じました。何試合かアホみたいに爆発する試合があって、何とか勝つ試合があって、こうやって負ける試合がある。それはそれでいい気もするけれど、今のスタイルをもっと昇華して、楽しくて、勝つ試合をたくさん見たいですね。

そのためにまた、試合を見に行きますよ、かっても負けても、次の試合はすぐ来るのだから。次は楽しく勝てるかもしれないのだから。(そして、それを裏切られるのもまた・・)

そうそう、どっかに「「勝ちたい」って気持ち選手だけでなく観客も・・・東京より浦和の方が強かった気がしました。。。」なんてコメントがあったけど、それ、君だけだから。きっと。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-17 21:25 | Footballiloveit | Trackback | Comments(5)

赤い悪魔はギャグ集団w

A3のPV?

3号艇・4号艇・東京生活さんのところで紹介されている、A3のPV、浦和強いのか弱いのかわかりませんw

まあ他のチームも「ドラゴンタックル」ってあんたファウル・・・みたいなのも面白いのですが、なんといっても浦和レッドダイヤモンズ。

やれんのか?とかいわれているし。

世界一まじめなブラジル人、ワシントン
一日一善。一ゴールてw(ありがとうサポーター、とかいってるし)

この男サムライにつき。ってあんた誰やねんw

そして埼玉の若大将、ハセベってあんたかっこわるー。だせー。
アジアの星になるらしいです。流れ星ですか。

キャプテン、山田だ!ってなんかいや、その通りなんだが山田!ってこういうときなんか平凡だな・・・。

そして、オチに使われているのはもちろんMVP。
これねー、完全に受け狙いですよ。吹きました。

アジアに響くか、PrideOfUrawa.
打ち砕かれるか、PrideOfUrawa.

どっちでしょうねえ(興味なし)
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-13 19:26 | Footballiloveit | Trackback | Comments(2)

スカパークオリティ

なんか実況がキレキレ。澤登もうっかり東京的な発言、してませんでした?
と、いうFootnik観戦の清水戦。人多かったなー。久々の試合ですもんね。

兵働のあれは事故としか言いようがないけど、ノリオのあれは清水的には大惨事としかいえませんな。かわいそうに。

とまぁファインゴールの応酬はノリカルに軍配。
スタッツ上はほぼ互角の戦いのように見えますが、東京の前からのプレス、カウンターのスピード、ノリオの左足、東京が5位でもおかしくないくらい圧倒してましたよ。なかでも梶山!いつもそのくらい走ってくれれば問題ないのになー。イノハくん、徳永君、シュート打とう。そしたらもっとよくなる。

次、満員のホームで(赤ばっかじゃないことを祈る・・)浦和をたたきつぶしましょう。普通に次の試合は負けられない試合です。
A3帰りでへろへろになっててくださいね。しかし、Footnik、空気嫁よな・・・。ここはどっかの田舎じゃないつーの、首都東京だっつーの
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-10 18:15 | Footballiloveit | Trackback(1) | Comments(2)

standard

a0028025_292312.jpg


画像とは関係ありません。

僕にとってのスタンダードは、流行と関係があったりなかったり、やっぱりどこかで気になったり、一回手放しても戻ってきたり、そんな力を持ったブランドや服なのだなあ、と思います。あ、だからスタンダードか。

たとえばNumber(n)ineのデニム。グランジだ何だと流行る前に、REDISUN期前後の「東京に似合う服」そしてどこか音楽のにおいがする洋服を作っていたこの時期の洋服は、その後「Standard」コレクションをする直前のこの時期が一番光っていたと思います。

ブーツカットのブルーデニム、灰色のラメの入ったブーツカット、ワインレッドのスリムデニム、ノン・ウォッシュのストレート、ディナージーン。黒いジャケット+でもあきがこない普遍的なデニムたちは、まさしくスタンダード。変な加工しなくてもいいのにな。
n(n)ラインのウォッシュ加工のデニムもなかなか細身でいいですけどね。うん、デニムはNumber(n)ineがやはりスタンダード。

ジャケットもけっこう好きで黒を中心にいくつか持っているけれど、こちらはやはりDiorHommeのセットアップに主人公を譲るべきでしょう。真冬と真夏以外はOKの黒の2つボタン。有名な1つボタンのチューブよりもスタンダードな型。セットアップのパンツも含めてPetieサイズの42というインポートにしてはかなりタイトなサイズ感も好きです。秋冬ならばプリュスのポリ縮の黒ジャケットもかなり使い勝手もよく、飽きがこないですね。N(N)から秋冬出るスタンダードラインも欲しいですけどね。

白シャツ。こちらは普段使いには”ジョゼレヴィ”のシャツが気に入っています。さすがエディの師匠。少しながめの袖や、Inしたときにいい感じのシャツです。タイドアップしてもいいしもちろん、Dior、KVAのシャツもいいですよね。

カジュアルに着るならばこのあいだ買ったTheaterProductsのラングラーとのコラボシャツもエントリーしたいところですが、まだ着てないからなあ。やっぱりDIGAWELの白シャツも加えるべきか・・・。今の売れ方はおかしそうだけど

ハーフスリーブではやはりNumber(n)ineからライオンエンブレム、くるみボタンの白シャツをエントリーさせるべきでしょう。こちら一枚でうっかり会社に行っても大丈夫だし、裾がきりっぱなしなので崩すのにもちょうどよい。このシャツとビート期にでたシャツは忘れてはいけないワードロープですね。


デニム以外のパンツではkolorのチノパン、KVAのスラックス(黒)、DiorHommeのカラーパンツが割とヘビーローテーション。ベージュのパンツは太目がいいですね、これに白のエナメルスニーカーなんかを合わせるといい感じ。

は、今のところコンバース、スタンスミスで事足りている感はあるのですが、まあBUTTEROのブーツとかミハラのブーツがある限り、新たに何か、というのはそんなにたくさん入らないかな。まあコードヴァンのあれとかKVAのスニーカーとか、欲しいのはあるけど「スタンダード」ではないか。


つらつら書いていくと、何がスタンダードだか分からなくなりそうだ(笑)

結局、Number(n)ine、ギャルソン、シアタープロダクツあたりに任せているのがここのところの流れなのかなあ・・。

あ、書くまでもないけど、帽子のスタンダードはcoeur。これnariyukkiyだけでなくわが両親でもそうですw
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-10 03:12 | fashion | Trackback | Comments(4)

気になる・・・

春夏ももう終わりだというのに・・・。

a0028025_1352571.gif


川久保さんのコレクションラインから出てきた金糸ステッチの白シャツ・・・。
GOLDENBOYはオールスルーのつもりが、つい大丸のギャルソン@神戸で見かけて試着してしまいました。あぁほしぃ。

再びこんな気分。

そして、マンションは更新間近。いっそのこと引っ越そうかと思っているのですが、この街からは離れたくないですね。同じ街で引っ越そうかしら・・・。

そのタイミングでDVDコンポとかテレビとかほしいなあ・・・。

あと革靴ももうそろそろ新調したい。いやコードヴァンだなんて贅沢を言う気はありません・・・。trippenでいいんだけどなー←十分高い。

最近ユーロ高で、インポートは軒並み高くなりそうですね・・・。

DIGAWELさんの白シャツ&黒シャツもきになります。

僕も秋冬は自粛モードのつもりだったんですけど、自粛って難しいなあ・・・。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2007-06-04 01:40 | fashion | Trackback | Comments(2)