<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年末

倒れてます。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-31 13:03 | sunday people

年末恒例

今日は年末恒例、ソウルセットのライブ。

2006年12月

特になんてことない、いつものライブ。

2005年12月
スライマングースとの対バン、SDP乱入

2004年12月
パーティ形式でながながと。

で、この前の2003年12月にも新宿リキッドルームで見ています。
このとき聞いたJr.は本当にすごかった。
(オールナイトで、スライマングースをはじめて見た)

たぶん、本格再始動してからの年末ライブは全部行ってるのかな。
とりあえず、ここ何年か、年越し=ソウルセットなわけで。と、いうかコレさえ終わればもうあとはどうでもいい。

今年は何度かお世話になった恵比寿17番でピッツァやサングリアを楽しんでから行きました。

で、ライブ。
いつも以上にBIKKEがやる気でしたね。客あおっていたし、「はいしんだ~」(配信)とノリノリだったし。トシミさん、なんか声が辛そうだったなあ・・・。でもKeyWordはやはりライブバージョンが思いっきりいい。ビッケのラップがないのが悲しいけど、それを差し引いてもレゲエっぽいバックトラック(というかギター)と、トシミさんの声が・・・。泣けますわ。

新曲も、最近のシングルもよかったし、新しいアルバムもかなり期待できますね。

で、本編の最後がOUTSETでかっこよくしめて、アンコールの終わりがJr.
やっぱりこの曲ですよ。

正直な話、ライブの途中からライブの終わり=Jr.というアンセムのイントロをどっかで期待してるんだよなあ・・・。

毎年毎年、この話題ばかりで恐縮ですが、この曲の引力は本当に大きい。
この曲のリリック、どこをどう切り取っても完璧すぎる。

「おぼろげな日々が、いつまでもいつまでも あることであろう」だもんなあ・・。

新曲たちも良かったし、innocent loveも、SALSA TAXIもBigPartyもいいけど、やはりKeyWordとJr.が聞けただけで、このライブにいった価値があるってもんだ。

そうそう、大人計画アラカワさんの暴走は今年もエスカレートし、ついにステージに招かれてましたw

TooDrunkToLive,なんて飲みすぎ賛歌を歌っていたBIKKEが禁酒しているってのもかなりびっくりでしたw


雨の中汗かいたし、さすがに寒かったけど、コレで年が越せます。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-29 20:11 | music

今野 the capitan

今野、来年も東京で、戦おうぜ。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-26 00:46 | Footballiloveit

菊地成孔 Bunkamura2Days

はてさて、菊地成孔 Live2007 Bunkamura2Days(2007.12.07-08)
エントリ、わけろってか。

1日目が南方志向の現代音楽とJazzとタンゴのごった煮スモール・オーケストラことペペ・トルメント・アズカラール(第1期最終公演だそう)。2日目が2006年、真夏の夜の夢、cure Jazzの再演。

1日目、パーカッションの音の響きの美しさ、KipHanrahanのリズムセッションとタメをはれる「打楽器がリズムではなく、メロディを奏でる」ことの美しさを存分までに楽しんだ。
しかし、いつものことながらはじめのうちは、あまりの美しさにうっとりしすぎて、夢の中にはいりそうになる(笑)
そして、「はなればなれに」あたりで(曲順にかかわらず、この曲は覚醒作用がある/そして、結局いつもいい感じの時間帯にやる)覚醒して来るんだが、この日も例にもれず。

PEPEは、各ホール公演、クラブハイツ、モーションブルーなどで見ているが、一番いいのは赤ワインでもひっかけながら、くらくらとしながら見るのだよな。本人曰く、『ホール仕様』だそうだが、酒必要よ。あと、なんだかんだでリズムが良すぎるから踊ってでもいい。

菊地氏が風邪を引いていたらしく、最後のルペ・ヴェレスの葬儀ではいつもほど緊張感を感じなかったのと(それでも十分すごかったが)「幕間」で観客が総立ちじゃないか、くらいの勢いでワインをもとめて殺到するのは(たとえ本人がすすめたとはいえ)あまりエレガントとはいえないなあ、と。幕間もすこし緊張感をそがれましたね・・・。終演後近くのイタリアンで飯を食って、大いにワインを楽しみかえってきましたとさ。

2日目。
一番びっくりしたのは、昨日あんなに調子悪そうだった菊地氏の調子が戻っているように見えたこと。どうやら昨日4時まで飲んでいたとのことで、その所為か(笑)

Over The Rainbow。いきなりオーチャードに静寂と、緊張が走り、UAの声が、ピアノが、DUBが虹をかける。(KNQDのVersionが一番好きだけどね)

セットリスト
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-12 01:51 | music

サカダイかな

コラムを読んで納得したのは。

アジア王者(笑)や、意味不明の日本枠、アマチュア呼ぶならUEFA杯の優勝者が、欧州各リーグの優勝者でも喚んでほしいよね、クラブ世界1。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-11 19:20 | Footballiloveit

映画「おばさんたちが案内する未来の世界」を見る集い

「思い出したことを、いってください」といっていたので。
映画「おばさんたちが案内する未来の世界」を見た、そのときのことを覚書として。
(あとでメールでも送るかも)

<映画について>詳細(ネタバレあり)
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-11 02:33 | oza

ハッピーバースデー、自分(with cake)

a0028025_2350353.jpg

わかる人にはわかっちゃうか、このケーキ
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-08 23:50 | sunday people

おいおい

いや、エジミウソンほしいならやる。
梅崎?どーぞどーぞ。

なんなら加地でもマグノアウベスでも何でも持ってけドロボー。
ってかこの田舎。

柏木?勝手にしろ。






コンノはダメ。


※他チームの場合は、選手名を入れ替えてください。
東京もコンノを札幌からとってきているけどね・・・。

とにかく赤はヤダ。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-08 01:07 | Footballiloveit

20 川口信男

20番は、加地がつけていたナンバーだった。

加地が移籍するかもしれない、と言っていたときに、僕は「20」の入ったFC東京グッズを購入した。
そして、次の年、SASAがニアミスで21番だったときにちょっとがっかりしたけれど、すぐに「20」のグッズを買ったことを、うれしく思っていた。

それが、川口信男の、「20」番だった。

最終節、スカパーの解説で「川口は全試合、ベンチ入りしているんですよ」と、いっていた。「ベテランなのに、最後まで居残り練習をいとわないんですよね」とも。

「先発を取ってみせる」といって東京に来た信男さん。内心はどう思っていたんだろう、「心強いバックアッパー、もしくはスーパーサブ」としていることを。

そして、今日「契約非継続」のお知らせ。

土肥、福西に続いて発表されたのは、「川口信男」だった。

この季節に、お別れは仕方ないとは思う。
だけど、僕にとっての20番は、「川口信男」の番号だよ。

彼のサッカー人生に、幸あらんことを。
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-05 01:04 | Footballiloveit

甲府に何とか勝利、でリーグ戦終了

既に降格が決まっている甲府相手に、なかなかすっきりした試合ではなかった。

塩田のがんばり、成長、ビックセーブが連続し、それだけが救いか。

横目で見ていたNHKのほうが、いい試合だったな・・・。
まさか、今季J1で2勝しかしていなかったチームの3勝目が、堅守を誇るアジアチャンピオンwだとは・・・。

NHK、後半ロスタイムに浦和の試合フェードアウト、鹿島の優勝の瞬間独占中継はまずいでしょ・・・。(まあ、俺はいいけど)

まあ、惜しくも優勝を逃したチームも「取れるタイトルは全部取る」ってことで、天皇杯でFC東京と当たるとこまでくるかしら(こない)、それともセパハンに(以下ry

東京は、来週の鳥栖、そして元旦まで突っ走ってほしいですね。リーグ戦は終わっても、まだシーズンは終わってないのですから
[PR]
by nariyukkiy | 2007-12-01 23:53 | Footballiloveit