<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

TokyoNo.1Soulset Live2008 "No.1"

静岡から帰りの車を東名出口で降りて、すぐに直行した恒例のソウルセットのライブより帰還。

Jr.が流れる瞬間がないと、どうも年が終わる気分にならない。

サッカーは確かに僕にとって大きな要素だけど、それと劣らないのが、僕が好きな音楽のある生活であることもまた、確かだ。

そんなひとつが、ソウルセットであることは、毎年毎年のように行っている年末ライブが証明している。

今年はそんなJr,から始まり、新曲をメインに。
いつものメドレー(JIVE My REVOLVER~Willing or Not~BigParty...)や、No1からの曲、アンコールにはSundayもやって、最後も新曲(しかしこれがまたアッパーな名曲だったな)

Jr.からスタートというのは前にも一度このパターンがあったけれど、一番盛り上がる、というかオーラスな曲からはじまる、「終わりの続きを進んリリックにふさわしいライブだった。

それにしても、2000年代に入る直前の休止から、復活した後のソウルセットのダイナミックさは、Jr.当時の熱気とはまた違い、ふっきれたかのように熱く、そして、新しい。

そのひとつが、ソウルセットのライブにいったときに感じる、フロアとステージとの奇妙なシンクロは彼等の友人がたくさんフロアに混じっているというだけでなく、そうでない普通のお客(僕や、僕の友人たち)さえも巻き込んだ一種の「共犯感」ではないか、と思っている。

新宿リキッドがなくなる、その年の年末のライブでのアンコールはフロアからの「Jr.」だった。
今回の恵比寿では、「黄昏」のイントロから、拍手が起こった。

彼等のgdgdのトークと、僕らのいつものおしゃべりとの間にはほとんど差はない。
そんな雰囲気が、「いつもの」年末ライブの空気であり、僕らの日常と非日常の彼岸。

おぼろげな日々が、いつまでもあることであろう。というライムがいつまでも色あせないのは、それだけの確証があるからだ。

いつもどこか不安に思っている、この日常の延長が続くことを、これほど確かに感じることができる空間としての、ソウルセットの年末ライブ。

おそらくいつかはなくなる、そんな存在だとは思う。
だけど、今はその場所を、ただただ楽しみたい。

今年、そんなライブ会場を共有した皆さん、今日じゃなくても菊地成孔や、飲み会や登山や遊びに行くそんな瞬間を共有した友達たち、そんな人々にまた来年も会えることを。

もちろん、サッカーを通じて出会うことが出来た皆様にも感謝。

元日の国立、青赤を応援することはかなわなかった。
だけど、この一年の悔しさや、楽しみは、来年への期待を抱くに十分な内容であったのもまた確か。

エメや信男さんをはじめ、出て行く人もいるだろうし、去年の羽生のように大きな戦力が加入することもあるだろう。

それも含めて、僕を取り巻く世界は動いていくのだから。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-30 01:43 | sunday people

泣いたのは、僕だった。

弱さをみせないことが、そう、強さではないんだと君が、言っていたからだよ。

負けたのは、われわれでした。

試合をコントロールしたのは、柏でも東京でもなく、もう一人の人のようでしたが、その基準は大きくバランスを崩していたかと思います。
(これは、勝っても負けてもいいたかった)

それでも、両軍にはチャンスがあり、東京のエースは2度3度とそれをはずし、彼のエースは数少ないチャンスを、決めた。

その差だったとしか言いようがない。

a0028025_1735271.jpg

戦いすんで、帰りにエコパの記念写真。
遠いし、うなぎやはしまっていたしで散々でした。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-30 00:07 | Footballiloveit

今年最後の遠征。

次は、ホーム国立だからね。

ただ行くだけじゃしょうがない。
国立への切符、きっちり持って帰ってこないとね。

しかし眠れねえ。
朝早いのに(笑)

写真はこの間食べたカツレツ

a0028025_0563535.jpg


明日新幹線出るよね??
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-29 00:56 | Footballiloveit

柏戦に向けて

仕事納めも終わり、年末の行事といえば29日の柏戦、TokyoNo1soulsetのライブ、31日の菊地成孔でのカウントダウン、そして元旦国立。

どれもこれも、今年の自分から欠かせない要素です。

柏戦は、はじめていった日立台(&柏の「塩梅」のトンカツ、こいつ美味しかった・・・)、重馬場のなか梶山と今野の中盤が輝き、エメカボが惜しいシーンを作り、アカミネが試合を決める、というある意味今年の東京にふさわしい試合でした。

(ベストゲームはホーム鹿島戦かアウェイ緑戦かなあ・・・)

え、まあホームの柏戦の記憶がないのもまた事実ですが、あのイメージを持っている僕としては29日、急遽エコパ行きを決意し、そして十分勝機はあると思っていますよ。

柏は、いいチームだと思います。
チームとしてのまとまりは東京以上だし、俺の栗澤もいるし・・・。

しかし、だからこそ東京がファイナリストになるための相手としては最適だとも思います。

お正月休みを忙しくするためにも、そして清水にいけない人の分まで、応援しますよ。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-29 00:01 | Footballiloveit

ベストバイってほど買ったっけなあ・・・。

たぶんあっちのブログで写真の総括やろうかと思いますが。
まずはテキスト速報。

・ギャルソン・オムプリュスのキルトパンツ、ストライプパッチワークのジャケットのセットアップ。
ボトムをNumber(n)ineのスカパンにして、結婚式にも着れるかな。。。

・KINGRYTHEATERPRODUCTSのコットン×シルクのフリルシャツ。
思わずイエローとブルーの2色買い。

・ポンプフリューリー2色買い。
青赤と黒赤(イエロー)

・プリュスのショートパンツ、フィリップリムのハーフパンツ。
ハーフパンツはこの2つに限る。

・PRADAのサンダル。
これで10年は戦える・・・。

そのほかにもいろいろ買いました。
でも、通してみるとプリュスとシアタープロダクツの2本柱に、ちょこちょこいろんなものって感じかな。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-27 23:55 | fashion

うまいものを探して(漂流2008)

2008年の最大の悲劇は、行きつけの渋谷のイタリア料理屋、BACARIのシェフ交代にともなうなじみの店の喪失だった。

オープン当初から3年弱、ほぼ毎週のように通っていたので、店の扉を開けた瞬間につまみが用意され、3,000円も出せばお奨めのオードブル2~3個、メイン、パスタ、ワインとビールを気持ちよくなるほど準備してくれる(一回も「普通の」オーダーをしたことがない)感じ、最も仲がよい友達としか行きたくない(実際、そういうやつしか誘ってない)店だったのだが・・・。

おかげでなくなった後の外食するテンションが一気に下がった。
夜は自分の家で食べる率が上がった。

後継のお店もなかなか見つからず、いくつかの店を漂流する日々だ。
恵比寿の17番、18番や、目黒のランテルナマジカなど。
でもどっちもなじみ、というほどではない・・・。

やはりあの感じは、スペシャルだったなあ、と。

今日行った武蔵小山の「本田飲食堂」もなかなかよかった。
美味しかったし、値段もリーズナブル。

すこし地元感がすぎるので、そこがマイナス点だけどまあ悪くなかった。
もう何回かいってみたい感じではある。

まあ、それでもBACARIの幻影を追うのはもう止めよう。
来年は、きっちりなじみの店を作りたいなあ・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-27 23:29 | sunday people

流星の絆と、安直さ。

流星の絆は、なんだかんだで「パパと娘の七日間」(ガッキーカワユス)、「魔王」(とーまくんのガックリorzシーン萌え)に続いてつい、見てしまったドラマ。

まあ、名古屋まで某コンサートに行ってしまった今年だから見れたのかもしれないけれど・・・。

クドカンの演出はどこか過剰で、あまり好きではないのだが、ドラマ内の劇そのものの「過剰さ」に配置された錦戸くんと戸田ちゃんよりもニノの場合はさりげない掛け合い(ハヤシライスをめぐるやりとり、「アリアケスリー」を名乗る際の細かな部分)に回されたおかげでクドカン苦手な僕もそれなりに楽しく見ることが出来ました。

まあ、「かもねかもねそうかもね、癖になっちゃうかもねー」と「刑事遺族」(いうまでもなく元ネタは東京も採用しているアレだったり、日テレの神刑事ドラマ)といったコネタには不覚にもやられちゃいましたがね。

しかし、ニノの演技、前々から好きなんだけど、今回も群を抜いてよかったですね、3兄弟の中では。

脇を固める役者の渋さにもまったく遜色がないというか・・・。

中でも僕がすきなのは三浦友和とのこのやり取り。

三浦刑事「もし、犯人を見つけたらどうするんだ」の問いに、間髪いれずに答える、

ニノの「殺すよ」

これ、もう男でもぞくっときましたよ。はい。

あと、中島美嘉の「ORION」のつかい方。
冒頭の「泣いたのは、僕だった/弱さをみせないことがそう/強いわけじゃないって/君が/いっていたからだよ」
の歌詞が入ってくるのがうまい。うますぎる。

大概誰かが悲しくなるシーンなんだけど、使い方がうまいなー。

ま、その分本人のど下手演技(NANAで懲りたんじゃなのか・・・)と、なぞの役回りはいいのか?って感じですが。

あ、ところで原作者。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-26 02:31 | sunday people

スニーカーはこのくらいのほうが好き

さて、昨年購入したあのスニーカーを覚えていますでしょうか。



こちらが、一年のときを経て、なかなかいい感じになってきました。

a0028025_04625.jpg


ハイカットの白のスニーカー、といってもベージュやイエローのさし色が秀逸だった、逸品。
思えばこいつには泥だらけの田んぼや、雨のスタジアム、ハイキング的なものや旅行に付き合ってもらいましたよ。

やっとこさ、いい色になってきました。
ハイブランド?だから何?という感じですが、これだからこそ、ですな。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-24 00:06 | fashion

ワンセグでちらみのヨーロッパ王者

前半終了間際に一瞬みたそれは、ヨーロッパ王者が余裕の2得点、ボールをゆったりとまわしていた。

駅を降りてワンセグを再びつけたらスコアは変わらず。

こりゃ終わったな、とか思っているうちにルーニーが出てきて、ああこりゃ調整かね、とか思っていると、ガンバが一点返した。

と思ったらルーニーが点とってたw

あーあ、と思ったら家に着くまでにもう2点取られたw

完全に終了か、と思ってからの粘りはすごかった。

遠藤のPK(日テレの興奮しすぎのアナウンスはぶっちゃけ興ざめだったが)も見事にあの、マンUのゴールを割ったのは確かだし橋本の3点目はファンデルサルも悔しそうにしていたな・・・。
どうやら勝って余裕なコメントなようで・・・。

しかし、TVは実況ウザイね。


去年のミランに比べると明らかにガチではないモードのマンUが1点返されて本気モードに切り替わり、気がつけば虐殺モード(あれ?ユヴェントスとの東京のプレシーズンを思い出す・・・)

ここからのガンバの2得点が、今までにない期待を持たせる展開であったのは確か。
だけど、やはり欧州王者は違うわ・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-19 01:29 | Footballiloveit

クラブワールドカップ アル・アハリ対パチューカ

a0028025_141147.jpg


熊をつけていたり、はっきりエンブレムが東京だったりするひともけっこうきていた国立ホーム側で、中南米王者対アフリカ王者の一戦を見てきました。

しかし、ココロ穏やかに見られるもんです。
それがいいのか悪いのか、今日のガンバサポみたいに、本気で見られるほうが幸せといえば幸せなのでしょうか。(ちなみにフツーにアデレード応援していましたが)

閑話休題。

東京が4-4でドローの練習試合を演じたパチューカは、前半から攻め込むもフィニッシュの精度がいまひとつでゴールを割ることは出来ない。サイドからの攻撃やパスをつないで来る感じはとてもいいのだけどね。(あれ、なんか既視感が・・・)
一方のアルアハリはカウンター主体。一番近くにいた12番(DF、ジルベルト)がよく目に付いた。たまにどーっと上がっていって、クロスをするんだけどけっこう宇宙開発。一昔前のK○JIを思い出す・・・。あ、それでも彼はなかなか好感が持てましたよ。

得点もそんなアル・アハリのカウンターからのOG。盛り上がるアル・アハリサポーターとその周辺。めちゃくちゃお通夜状態になるパチューカサポーター。(みんな帰ったのかと思った・・・)アルアハリの2点目が入った後は、アル・アハリの太鼓とチャントしか聞こえず、パチューカのチャンスもなかなかサポーターは元気になれないようだった・・・。

しかし、後半交代をしたパチューカの15番が早速仕事をして、さらに見事な崩しから得点。あっという間に引き分け。やっとこさ復活するパチューカサポ。

その後もパチューカが始終押し気味にパスサッカーを展開して、アル・アハリを圧倒していた。

延長戦に入ると、またしてもパチューカの交代選手が仕事をする。あっさり逆転。そして、さらにもう一点。まさか2-0から4得点で逆転とは・・(あれ、なんか既視感が・・・)

最後のほうはアル・アハリはチャンスらしいチャンスもなく(きっと12番ジルベルトが下がったからに違いない)、サポーターもハダカで踊り狂うパチューカサポを尻目にしょんぼりしていた。

a0028025_1591081.jpg


結果として、パチューカが勝ったわけだが、パスサッカーの感じはガンバのほうが強いかなー。リガ・デ・キトに勝てるかなー、ムリだろうなーって感じ。(リガ・デ・キトがどんなチームか知りませんがね)

それにしても本日、客の入り3万人強。


a0028025_1573057.jpg

ほんとかよ?と思ったけど、気がつけばけっこう入っていたのか。
ゴール裏スッカスカでさすが日テレ。と思ったんだけどなー。メインやアウェイ側にも満遍なく人がいるからそんなもんか。

ちなみに、後ろのカップルはずっと男性が自分の自慢話をしていた。
(俺はスポーツも勉強もできて・・・。大学で一番がんばっているのは英語で・・・。昔からけっこうもてて・・・。今生化学に興味が・・・。)
お前は何でもいいから彼女にサッカーの解説でもしてあげろ。すっげー生返事で付き合っている女の子がえらいと思った。何も寒空の下で聞く話じゃないよなー。試合に集中しろよ。

そんな人もいれて3万人か・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-12-15 02:02 | Footballiloveit