<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

虚構の世界に見る既視感とは

前々から言っている様に、東京の郊外で育った僕にとって「耳をすませば」のOPシーンはまさに"Take me home,CountryRoad"とマッチする最高のシーンだ。
というかあの映画はこのシーンだけでいい。
(さすがに映画のシーン抜き出しは著作権とかいろいろやばそうなのではらない)

そして、先週深夜に突然現れたこのCMのインパクトもけっこう強烈だった。



いわずと知れた大ヒットアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のCMは、印象的なピアノのメロディと、坂を駆け上がる少女、雑踏のオトだけの非常にシンプルなものだ。
彼女がどこに向かうのか、何で走っているのか、なぜアンニュイな音楽なのか、(もちろん、アニメ中でつかわれる音楽なので見たことある人間はハルヒ?と思うのだが)一切の説明はなく、あとは背景に広がる都会。

彼女の「憂鬱」はmelancholy、すなわち「うつ状態」なわけだがこの映像から伝わってくるそれは、何でもありそうに見えるこの世界が、実は何も持っていないのではないのか、自分と世界との関係は、自分が思っているほど強固ではない、そういった類の憂鬱だ。

ハルヒは同様の独白を本編(憂鬱)の中でもしているが、彼女の憂鬱は「不思議探検」と称して街を歩こうと、一時の恋愛感情に流されて付き合ったとしても拭い去ることができない。
この街には何でもある。遊ぶ場所があり、放課後による喫茶店があり、図書館があり散歩にふさわしい川沿いの散歩道がある。それでも根本的にこの世界は退屈であり憂鬱なのだ。

「耳をすませば」、のオープニングで映し出される多摩川沿いからの東京は、そこにある無数の暮らし、日常生活の中の小さなドラマを予感させたが、ハルヒのCMから伝わってくる憂鬱は同種の郷愁を感じると同時に、日常生活の気がつかないうちに忍び寄ってくる陰を感じる。



たとえば放課後の教室。
同じ京都アニメーションが手がけた「らき☆すた」や「けいおん!」の終わることのない彼女たちのおしゃべりやぶかつ!の陽性、ノーテンキさの反対側に埋めることが出来ない彼女しかいない教室がある。

他愛のない、果てしないおしゃべり、部活の時間、一見充実しているように見える日常生活は、裏返すとただの退屈の塊だ。

でもだからこそこの退屈は美しい。
30秒間の中にはその退屈さと、いつも自分に付きまとっているような既視感を感じ、ついこういう駄文を書いちゃうんだろうなあ。

以上、夜更かししてミステリックサインを見てしまった俺でした。
サッカーと洋服と音楽だけで十分カオスなので、アニメネタは封印しようかな
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-30 12:57 | sunday people

川崎に3年前の借りを返されたのか。

写真アップする気になれませんorz

多摩川クラシコと銘打ったはじめのホームゲーム、0-7での敗北がFC東京サポにとっての屈辱だったとすれば、2006年11月11日の東京対川崎は、川崎サポにとっては、昨シーズンの2敗よりもよほど大きな屈辱だったに違いない。

この試合も、東京にとって(やや悪意のある言い方をすると)都合のよいように川崎からは2名の退場者が出て、3点差をひっくり返しての勝利だった。バックスタンドで見ていたが、「でたらめだ」と笑うに笑えないけど、喜ばせていただいた。

このときのレフリングの借りを一気に返された感じだったよ、本当に。


相変わらず、川崎は転び方の練習をしているチームだったし、うまいことカウンターをつかれた。

前半、せめて攻められて、東京は先制をしていい感じに終わっていたし、後半の追加点もいいタイミングで入った。
レフリングははじめっからブレブレだったのも承知の上だとおもうけれど、結果としてブルーノにレッドがでて、一人少なくなった10分の間に、ばたばたとやられてしまったのはまだまだ未熟なんだろう。

それまでの今野-ブルーノのDF、石川、カボレの突破、平山のポスト、横浜戦や千葉戦同様、戦術はうまくはまっていた。
コーナーからのこぼれから1点、カボレ、平山とつないで石川が決めた2点目、どちらも今までなら勝ちコースだった。

それが、ブルーノが退場したあと、ばらばらと崩れたのはそれまでブルーノや今野が攻めあがっていたりしていたからカバーできていた「ほころび」をつかれたんだろう、と思う。

それは、梶山のところ(怪我明けだったし、ホクトとの交代は彼でもよかったのでは)と、SBがなかなか思い切った攻め上がりをしてこない(できない)ところだったのかなあ、と思う。SBについては、横浜戦のときも思ったんだけど、思い切りせめあがるというよりはなんとなくどこか悩みながら中途半端にあがっているような感じがするんだよなー。

だから、モニワになったときに今までの攻めていた起点が弱くなって、一人減っているということとあいまって、東京のボールに出来なくなってしまっていたんだよなー。

結果論だけど(羽生が怪我交代だったらもうどうにも出来ないが)梶山→北斗、カボレ→達也or赤嶺だったんじゃないかな。

ナビスコ京都戦は今野-ブルーノラインがごそっと換わることになってしまいましたが、どうなることやら・・・。


せっかくのスカパラの楽しい気持ちではじまった試合だったのに、信頼感0相性最悪の審判とよく転ぶ相手との相乗効果で結果としてしょんぼりで終わってしまいましたね。こういうのに勝ててこそなんだよなー。

しかし、
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-24 23:46 | Footballiloveit

いいカードにくそレフリー

試合ぶちこわすなよ。審判
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-24 15:58

気がつけばフクアリ

仕事よりも何よりも東京!を実践するとあまりいいことがないような気がするのだけれど、
その後悔は明日することにしよう。

a0028025_23452596.jpg


すなわち、気がついたら僕は千葉へ向かう京葉線に乗っていて、その電車は新木場を出ると蘇我まで止まらないとかいうわけわからんフクアリへGO列車。

相変わらず蘇我の駅はローカル線に毛が生えた駅で、青赤黄色で一杯。

イヤー、仕事よりもこっちですよね、、、的なことを話しながら、多分周りのかたがたもそんな人ばっかり。

フクアリにたどり着いたのはキックオフ直後。ふつー、04分からじゃないのか、おい。

試合はというと、横浜戦に引き続き、東京はいいペースで攻められている。
セットプレーもやったら多いし。ってこれは千葉がラフプレーが多いってことか?

なんだかヒートアップしていたしなー。

で、19分に祐介のシュートで東京が先制。
左からドリブルの音がして、角度がないところから(と、ゴール裏からは見えたけど、実際はどうなんでしょう)ゴールネットに突き刺した。

その後も、カウンターがたまに来るくらいで、千葉の攻撃はそんなに怖くない。
怖いのはMAKIのヘッドくらいかな。ブルーノも今ちゃんもよくとめていた。
この2人のセンターバックは、かなり固いし、攻撃スイッチはいるとどこまでも攻めあがれるという点で非常に魅力的。ある意味ボランチ4人いるようなもんだもんな・・・。

後半もカウンターを仕掛ける千葉、守りながら攻める東京、という感じで米本の惜しいシュートや、中村北斗→平山への惜しいクロス、羽生の攻め上がりなど、見どころはあったけどゴールは遠かったな・・・。

ただ、苦手意識なのか終盤になればなるほど千葉がボールを持って攻めるシーンも増え、ひやひやもしました。

しかし、だんだん守備から攻撃へのスイッチがこなれてくる感じはあるし、米本は完全に先発定着クラス。

椋原のSBと田邉のサイドは、まだまだだけど、時折おっ!というものは持っていて、東京で磨いて欲しいと思う。

週末はクラシコ。

あおり広告の皆さんや、今日のエルゴラの対談の皆さんは出てこれるのかなぞだけど、楽しみになりました。

やっぱり仕事より東京だな!

More
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-21 00:13 | Footballiloveit

北斗祭り(横浜Fマリノスケ対FC東京ドロンパ)

京都戦では、内容は悪くないもののスコアレスドロー。

ホームでアレはちょっとね・・・。という采配の煮え切らなさと、それを上回るシュートのなさに写真をアップするのも億劫でした。

ここのとこ勝ててないなあ、でもいっちゃうかー。
東急線で菊名まではあっという間。
新横浜では大塚愛のコンサートとどうやらバッティング。そっちにいこうか悩んだ末、日産スタジアムへ。

おーおーお、おーエフマリノース。
なゆずが頭っからはなれないスタートからはじまって、前半京都戦同様攻め上がる東京。
達也のサイドがけっこうよかったな。

惜しいシュートもいくつかあったけど、榎本じゃないほうの横浜のキーパー(誰?)や横浜のDF陣は固いね。
「崩して点をとる」ということについてはまだまだ未完成な東京攻撃陣ではムリだろーって感じでした。

何でミドル打たないんだろうねえ・・・。

後半、やはりなかなかいい調子で攻めたりなんだり。
そうこうしているうちに梶山が傷んで中村北斗in.
ホ・ク・ト、モ・ク・ト、とかいっているうちにシュート!ファーストシュートはサイドネットだったけど、なんだかいい感じ。

心なしかいつも後半になったら失速気味だった平山もまだ走っている。
いけんじゃないの?という何本目かのCKからのボールを、その北斗がミドル!ゴーーーール!

いやー、いっつも「シュートは打たなきゃ」ですが、今日も打ったら入ったじゃん!
そんな感じの思い切りのいいシュートでした。

その後はなんだか本気になった横浜の皆さんが監督の意図と反して放り込みサッカーを展開して、まあそれに見合うDF陣だったのかなかなかこっち側にはせめて来れない東京でしたが、米本の「え、俺のとこ着ちゃったしここ最前列だし・・・エイ!」的なシュートとか大竹がやたらステレス製を保っていたりするシーンとか、すばらしいレフリーにCK一本見逃されたりとか3分くらいかと思っていたロスタイムが5分もあるなんてやっぱりこのクソ(以下自己規制)とかやっている間に終了。

周りに人がいないゾーンだと思って最前列にいったのですが、ワラワラとイケイケの皆さんがやってきてしまい・・・。

a0028025_1926156.jpg


まあ、場所は死守しましたけどね。
この柵の向こうはなぜか奈落になっているため、さすがイケの皆さんはなれていらっしゃると・・・。

コールと人に埋もれながらも、意外に近い場所から北斗コールで喜んで帰ってきました。

a0028025_1928470.jpg


しかし北斗、いいね!
梶山がいなくてもある程度ボールが回ったのは北斗だったからでしょう。
もっとgdgdになるかと思ってひやひやでしたよ。

ホクト!東京!

5月20日はフクアリか・・・。いけないなあ・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-17 19:29 | Footballiloveit

2009SSBestBuy

普段の洋服はいつもどおりWalkSlowlyのほうに。

今期はいつものごとくギャルソン(プリュス、ジュンヤ)、シアタープロダクツに加えてBAND OF OUTSIDERSがかなり気分。

もともとシャツ好きなのは仕方ないが、本当に自分にフィットするサイズ感のシャツは大事だなあ。

まだ原宿にあった頃から好きなNumber(n)ineは来期で終了。
レイヤードが効いたコレクションラインは自分の服ではないが、メッセージ性のあるTシャツのデザイン、というか言葉の選び方のセンスはやはり、音楽の中にあるブランドならでは。

kolorのゆるい感じとすこしだけドレスアップする感じ、BANDのカジュアルなんだけどタイドアップが似合う感じ、シアタープロダクツのいっつも足が地に着かない感じ、どの洋服にも共通しているのはどこか間が抜けている感じだったり、ポップだったりするそんな雰囲気。

チェック柄やストライプ、ドットなどがいい感じなのはそんな洋服が僕を呼んでいるからかしら・・・。

a0028025_1953368.jpg


BestBuyはBANDの黄色ギンガムチェックのシャツ、そしてギャルソンプリュスのスカートか。

と、いうか今期ボトムはスカートしか買ってないような・・・。いいのか?
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-17 19:05 | fashion

(sundaypeople的)日本で一番美味しいパン屋 Takeuchi

これも関西の話。

美味しくてそれなりの値段が張るパン屋は東京にゴマンとあるし、天然酵母使っている以上まあそうよねー、と納得する部分はある。

学芸大のパン屋だって美味しいし、普段使いにしている武蔵小山nemoのパンもコストパフォーマンスだけ考えてもかなり高水準。

MaiさんのMaqha(なにやら大人気みたいですね)のパンはまた食べたいランキングの常に上位だし・・。

それでも、残念ながら本ブログの美味しいパンランキング第1位は、大阪・本町のTakeuchiで決まりなのです。

a0028025_18312162.jpg


白金豚の入ったハード系、オリーブのパンは完全に鉄板においしいパン。何度食べても、いくつ食べてももだえる美味しさ。口の中で解けてしまうのではないかと思うほどのブリオッシュ生地に包まれたクリームパンにあんぱん、柑橘系と栗の入ったパンたちは他の追随を許すわけがない。

じゃあ食パンは、というとこれまたフツーの顔してぜんぜんフツーじゃない。トーストして食べるだけで世界は変わります。

なのに、値段はそれこそ「街のパン屋さん」の値段。高くて美味しいのは当たり前すぎ。(浅野屋とかね)
これ以上大きくなるとやっていけないと思うのか、大阪でもここでしか買えない(近くのレストランでは食べられるところもありますが)パンは、12時過ぎにはいったんクローズ。15時にまた開店しても18時には閉店を強いられる(どっちも売り切れのため)超人気店なのに、敷居が低いのです。

a0028025_18371393.jpg


ちなみに2階にあるカフェのサンドウィッチとスープのセット。
こちらも800円でご提供中。

すばらしすぎる名店なのです。

ちなみに
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-17 18:40 | sunday people

京都、イルギオットーネと肥後橋 トゥールモンド

京都は清水寺の近くにある、イタリアン、イル・ギオットーネ

GWを利用して関西に訪問した際にいってみた。

a0028025_17172960.jpg


清水寺へと登る坂の途中にある五重塔、その奥にさりげなくあった。
意思がないとたどり着かないよなあ・・・。

アラカルト、という選択肢もあったが、お任せコースで自家製ソーセージとタコを食べさせろ、とオーダー。
飲み物はビールとワイン。

前菜が3品に、メイン、パスタとリゾット、口直しのシャーベットにデザート。

どれもこれも水準以上の美味しさだったが、特筆すべきはパスタ。明石のタコにたけのこ、だっけか。

a0028025_17495491.jpg


こいつは美味しかった。

もちろん自家製ソーセージも、リゾットも美味しかったけれど、このパスタはそこいらじゃ食べれまい。

デザートは写真がきれいに撮れたのでのっけてみよう。

a0028025_1751193.jpg


どれもこれもすばらしい。
京野菜をつかった、ちょっと創作よりだけどしっかりとした技術や、何より「食べる」人のことを考えてくれている料理だった。

翌日は肥後橋へ
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-17 18:17 | sunday people

「0 手仕事により、フォルムを作り直した女性と男性のための服」展

「0 手仕事により、フォルムを作り直した女性と男性のための服」展
メゾン・マルタン・マルジェラのいわゆるアーティザナル展。
昔店でみたもんもあったけど、個人的にはボウタイで作ったドレスとウェディングドレスから作ったイブニングドレス、ネクタイで作ったジレとカマーバンドはよかったな。

前者はぜひ似合う女性に着ていただきたい。

まあーんなにいないだろうけど。
いやいや、意外といけるかも?
こういう手仕事とリメイクをさせたらマルジェラはすごいよなー。
似合う。と言わせたいけど、たぶん俺はむりなんだよなー。

来週末までらしいので一見の価値はありますよ。
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-10 02:40 | fashion

さすがファストファッション(笑)

TROVATAに訴えられる

さすが。

安きゃいいってもんじゃないでしょ?
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-04 06:47 | fashion