<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久々の味スタ、久々の勝利、そして・・・

久々の祭りだーーー!

と、いうわけで6-1。

得失点差+5ですぜ。

ルーカスの技ありボレー(ちょっとまぐr)、椋原の左SBからの初ゴール(ナイスミドル!)と、前半で逆転するとか、そーいうのを待ってたとしか言いようのないドラマの進み具合。

後半のモリゲのドフリーヘッドで、ま、ここらで攻めあぐねるのが東京の・・・とか愚痴る前に4点目!!ってここまできたら決めてほしいよねルーカスとかいってたらの直接FKって!ハットトリックって!で、ラストは「サンキューサカタ!」なごっつぁんゴール!ナオすげー!(これはナオをほめるべきです)

気が付いてみれば、今までの3試合に平均2点ずつ分けてほしいくらいの圧勝でした、はい。こういう試合って必要よね。

とはいえとはいえ、前半の入り方。これ最悪。失点するまでの流れはああ、今日もダメじゃんという気持ちになって余りあるもんでしたよ。京都の前線からのプレスに何もできない感じ・・・。そりゃ梶山の日本代表戦以降のワンタッチでのパス、やときおりのドリブル、という意識の違い、改革がようやっと攻撃に結び付いてきたのはいいことだけど、これだけバカバカ決まってもヤザーさんは「決めてくれ!」といいたくなる枠外シュートに見事なダイビングッククと、審判によっちゃあ退場願われてもしょうがない感じだったし、ショートコーナーでの盛大ながっかり(思わずBoo)というのはね。修正点ですよね。

勝って兜の緒を締めよ。
こういうときに悪かった部分を変えることを、選手というか監督にはお願いしたいところです。

確かに、前も京都戦から上向きになったんだから、ゲンがいいと言えばいいのです。
ようやっと小指の頭くらい抜け出した勝ち点差を、離してキープしていくには、まだまだ足りないのですよ、と。

気が抜けない試合が続きますが、まだまだ「優勝をつかみとれ」までは時間がある。
やっていこうぜ東京!と、そうはいっても勝ちで気持ちがいい週明けに思うのでした。まる
[PR]
by nariyukkiy | 2011-09-12 11:42 | Footballiloveit

Alger Alger/LiLi Boniche

ひさびさに棚から出てきたので、再視聴。

あんまり詳しいことは知らないけど、確かアルジェリア出身のミュージシャン。高齢だったと思って調べてみたら2008年に86歳でお亡くなりになっていた。

APCのレーベルから出たこのAlger Alger。どこでどう知って買ったのか、もう忘れてしまったけれどアラブの、アフリカの旋律でありながらジャズやフォークっぽくもあり、現代音楽のようでもあり、とにかくハイブリッドな民族音楽といった感じ。このDUB盤もまたかっこいい。

[PR]
by nariyukkiy | 2011-09-06 22:03 | music

うーん・・・。(FC東京対栃木SC)

スコアレスドローか・・・。
緊張した試合ではあったが、どちらかというと栃木のほうが東京を上回っていたのではないか。
アウェイの地で失点はしない。最悪勝ち点1を持ち帰り、次に備える。
FC東京にとってこのドローは、not badではあるが限りなくBadであろう。

アウェイの敗戦よりは、だいぶまともになってきている。
なにより、長谷部のコメントに感化された、という梶山の動きがよくなってた。やればできるんだからやろうよ。

梶山がボールをワンタッチではたくのでボールは前よりも回る。
その結果として前半からいくつかのチャンス。
だけど、おしいかな、ゴールマウスには飛ばない。
草民の突破からの谷澤。
ルーカスのヘッド。

どれも惜しいのだけど、決定的なチャンスは決められない。

そうこうしている間に、栃木SCのカウンターも鋭く迫る。
東京戦で2点目を取った水沼からのカウンターはなかなか恐ろしい。

後半も東京が攻めるものの、やはり最後の攻撃の精度がない。
石川の投入直後の攻め、コーナーからのルーカス、羽生の交代間際のシュート。

「惜しい」のだけど、惜しいじゃ点数には加算されないのよ、残念ながら・・・。
このドローの勝ち点1.

これが昇格、優勝のための勝ち点1になること、次のサンガ戦、なかなかアウェイではフラストレーションのたまるサンガ戦なので(個人的には鹿児島でのアレが最後?)ホームできっちりかってほしいな。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2011-09-05 22:48 | Footballiloveit

(11SS)Band Of Outsiders総括

秋冬シーズン到来。
Bandのデリバリーもボチボチ来ていますが、春夏もお世話になりました。

結局シャツ(×3)にポロシャツ(×2)にデッキシューズにパジャマパンツにカットオフのチノショーツ。

似合わないであろうカットソー類はスルー。パーカーは秋冬に期待。

前に念Blogの偏愛企画でも書きましたが、サイズ感がちょうどいいシャツ、ジャケット類なので値段張るのですがついつい手を出しちゃうんですよね。

まあ、値段が値段なのでウワモノは早々買えないけど・・・。
それでも買っちゃってます。

a0028025_22424012.jpg


春夏Band的な恰好。
去年のマドラスチェックのBDシャツに今季のパジャマパンツ。
これにLANVINのサンダルとかあわせるといい感じでした。

さ、総括終わったし秋冬秋冬―
[PR]
by nariyukkiy | 2011-09-05 22:43 | fashion

設定力と、物語の構成力は別問題です。

田口 ランディ
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011-06-01

一言でいうと、「もったいない」
発想、着想は☆5だけど、残念ながら「物語を組み立てる」ということがへたくそすぎる。できればほかの作家に着想だけ譲ってきちんと書いてもらいたかった、とさえいえる。。

北陸の田舎の因習、不意に神隠しにあった同級生、その「きっかけ」となったある一夜を体験した男女の、回想と今。

本当、発想というか物語のスタートは素晴らしかった。
それが先に進むにつれてどんどんぼろが出る。話のあらが目立つ。
唐突な設定のぶっとびや、飛躍。だんだん読む気を失う。

特にせっかく張った伏線を台無しにする大団円は、「ひどい」のひとこと。
ま、それを読むのも、いいのかもしれないけどね。

とりあえず同じ作者の本を買おうなんてこれっぽっちも思えない。って河南でこの人作家なんだろ。原作者にでもなればいいのに。


More
[PR]
by nariyukkiy | 2011-09-02 22:58 | sunday people