<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

来年の今日へ。

で、29日の大阪行きを断念したのは当然今年もソウルセットがあったからで。

思えばもう10年くらい、毎年年末はソウルセット。 自分のステータスが変わっても、変わらないものがある、というのはいいことです。

もちろん、ライブの内容は毎回違うし、去年のように複数バンドが出てきたり、ゲストが入ったり、対バンがあったり。 それでも変わらないのは三人のトライアングルを中心とした彼らの佇まい。

Change My Mind という、もし太陽が西から昇ることがあったら考えを変える、というひねくれた宣言がよく似合うソウルセットのクルーと、観客との契約。新旧ほぼす べてがアンセム。oasisもビックリな大合唱のライブは二時間強、素晴らしい時間でした。

渡辺俊美さんが何度か口にしていたように、福島出身の俊美さんはもちろん、日本が、世界が大きく揺れ動いた一年だったと思います。

だからこそ、Innocent Loveや、Keywordの歌が響くし、Too drink to liveのgdgdに生きる、という気持ちも心地いい。

願わくは来年の今日、同じようにソウルセットのライブの感想をまた生きてかいていること。

来年の今日まで解散!そうさけぶBIKKEに全面的に賛成して今年ラスト更新といきますか。

それではまた。
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-30 10:17 | music | Trackback | Comments(0)

天皇杯、元日国立へ

12/29 長居で行われた天皇杯準決勝。

昨年は国立競技場でだったから、年末の恒例であるソウルセットのライブ前に行けたんだけど、流石に大阪は無理っす。。。

そんなわけで恵比寿フットニクで観戦。 ここならリキッドルーム近いしね。

しかし、今日仕事ない人は長居までいってるだろうし、仕事の人はフットニクにはこれない。そんな感じの人数でした。

試合は序盤から東京ペース。 中盤から前で相手のボールカットして、前線でパス回してゴールに迫る、そのパスサッカーはセレッソを凌駕してましたよ。 梶山、ルーカス、谷澤、ナオ、NHKの実況さんはこっち目線のようで清武を中心にしたセレッソ攻撃陣の崩しのすごさをアピールしてましたが、 彼らよりこの四人を中心にした東京攻撃陣のパス回し、相手陣内への切り込みは見事。ここに羽生と徳永が絡む機会も多く、特に前半は「あとはゴールだ け」とはいうものの完全に圧倒してましたよ。

高橋とむっくんは少し固かったけど、守備を中心に決定的な仕事を相手にほとんどさせない。 いや、強いよ東京。

後半になるとさすがに運動量が落ちてきて、相手の攻撃も増えてきたけれど、残念、そこは森重ー今野、権田の絶対防衛ライン。相手のGKも茂 庭もだいぶ奮闘していたけど、 守備の安定感も一枚上手だぜ、と。

後半は特に均衡した緊張感のある展開だったけど、ルーカス谷澤でミドルシュート! や、札幌戦といい谷澤さん、あんなにわく飛ばせといわれ続けたと思えないナイスシュートでした。

そのあとも攻撃の姿勢を崩さない前線からのプレッシャーでNHKの連呼ほど清武さんにも仕事はさせず、ヒヤリとはするがゴールは割られず、 と。

バンドハンドシーンも、NHKさんの「ゴールは認めら(溜め)ない」にズコーっとしながらのシャットアウト。 めでたく元日に国立競技場での試合決定、と。

相手は京都だとか。あちらもマリノスを延長2得点で突き放してと東京と当たった時とは一味違うチームになっているようで。 とはいえ、昨シーズンの最終戦の敗戦、今シーズンも東京が息を吹き返すきっかけとなったのが京都戦でした。

東京が本シーズン、もうひとつ頂点に挑戦するにふさわしい相手だと思います。 シーズン終わりにして、新たなスタートを幸先よくスタートできることを!
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-30 09:26 | Footballiloveit | Trackback | Comments(2)

This is my Winter style 2011

a0028025_2152513.jpg


This is my Winter style 2011

More
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-27 21:59 | fashion | Trackback | Comments(0)

2011AW TOPS

a0028025_1143524.jpg


アウター、結局よく着るのがこのBAND OF OUTSIDERSのおふたり。
ダブルのジャケット、そしてショートダッフル。
いづれもMade in USA、ハンドメイド、らしいです。

やっぱりBandのアウターはアメリカ製に限る(最近はイタリア製もある)

シャツは今季増えたネルシャツの仲間、いろちがい。当然どっちのジャケットの中に入ってもすっきりします。
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-27 01:16 | fashion | Trackback | Comments(0)

浦和に勝つって

全く見てないで、TLだけ追っていました。

しかし、ナオのミドルで1-0.

浦和に勝つのは、2004年以来とか??

確かに、2005年からFC東京の試合を見始めた新参な私としては、引き分けこそあれど勝利ってみたことがありませぬ。。。

埼スタまでいって、趣味の悪いユーロビートと他人事っぽい「がんばってください!」を聞いては、先方の勝利の凱歌をBGMに田舎道を歩く・・・。こんな日々だったわけですよ。

それが、場所と舞台こそ違えど埼玉県内で浦和に勝利とは!

で、次は超えたことがない「4強」の壁。
J2王者のシーズン、最後にもういっこタイトル。うん、悪くないんじゃない??
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-25 00:02 | Footballiloveit | Trackback | Comments(4)

2011 AW Best Kicks

a0028025_1232073.jpg


なんだかんだ、靴は買わないかなと思ったシーズンでしたが、買いました。

詳細
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-20 01:47 | fashion | Trackback(1) | Comments(0)

古川日出男 「馬たちよ、それでも光は無垢で」

なんと素直な本なのだろう、というのが率直な感想。

地震があった、そのことにショックというか、その衝撃はその時日本にいた、日本という国を故郷に持つ誰もが持っていた「言葉にならない」感情だったのだろう。

だからこそ、筆者はその「言葉にならないもの」を「言葉を操るもの」しかもその震源地を故郷とするものとしての「何か」に駆られて言語化しようとした。その試行錯誤。

筆者の小説ー東北を舞台とする小説と、実際の震災後の東北との境界線があいまいになり、そして筆者は言葉を、歴史を重ねていく。その思考の狭間を、無垢に受け取るしかない。そういう本。

ストレートに突き刺さる、「地震」という衝撃の、言語化への試み。

[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-14 01:37 | sunday people | Trackback | Comments(0)

札幌戦、来年の課題は残した。

11月は結局湘南戦、天皇杯神戸戦しかいけませんでした・・・・。

プラベートで関西方面に行くことが多かったんで・・・。
19日の鳥取戦をFootnikで見届け、千葉戦は全く見ることができず(さっき録画したのようやく見た)、、、

でしたが、行ってきました北の大地。
前行ったのが初の厚別。この時は確かブルーノが出て一瞬で引っ込んで、大竹が決めたような。

今回はJ2最終節、ってことで日程が発表された時からここだけは行こう、と決めておりました。
おそらく、J1への復帰を決めて(最悪でもこの日に決まる)、楽しい遠征になるだろうと・・・・。

で、その予想はほぼほぼ予想通りですが、結果だけは伴ってなかった、なと。

a0028025_143798.jpg


More
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-07 01:44 | Footballiloveit | Trackback | Comments(2)