<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

菊地成孔 DCPRG @新木場StudioCoast

a0028025_221875.jpg


結論から言うと、DCPRGの音楽はジャズであり、ファンクであり、フリージャズであり、そしてヒップホップだった。

4月12日 スタジオコーストでのDCPRG(not Date Course...)の、セカンドアルバムリリースパーティ。

キラースメルスのライブは、いかにも「フロントアクト」という感じではあったが、深夜ラジオっぽさと、スパンクスの時の胡散臭さを菊地さんが醸し出していて、結果として面白いライブではあった。(ビールを2杯)

で、次にあったSIMI LAB単体のライブ。
SIMI LABのライム、フローは久しぶりに聞いた日本語HIPHOPの「衝撃」だった。
僕は日本のヒップホップに関しては完全にミドルスクール(さんぴんCAMP前後の、MUROやBUDDAやLB)しか聞いていない程度だし、それだって現場にいったり、というほどではない、かなりミーハーな聞き方だと思う。
それでも、SIMI LAB単体のライブはとても、「のれた」ライブだった。
なんとも気持ちがいいRapのリズムと、タイトなバックトラック。

(なんとなくビートとラップがTWIGGYを思い出したけど、それはもしかしたら俺がTWIGGYが好きなだけかもしれん)

そして、そのSIMILABもゲスト参加するDCPRG本編。19時40分ごろスタートで、22時すぎ終了。2時間30分弱とほぼ通常運行ですね。

ただ、今回は新曲多数だし、Catch22もRap入り。SIMILabさんも入るからなー、と思っていたけど、初めの1時間くらいかな、ハノイやサークル/ラインといった曲からまずはフロアをあっためてからの、Catch22.

大友さんのRapからボカロに渡って、菊地さんのMC(ラップの方ね)とこれまたSimiLabとはだいぶ違う、ラップというよりポエトリーリーディングかアジテイトに近いラップが、これまたCatch22のポリリズムとあうんだよなー。気持ちいいなーと思っていたらの、マイクロフォンタイソン~アンコモンアンリミックス。
SimiLabのトラックで聞くのもいいけど、生演奏というかDCPRGの演奏にバッチシはまっていて、いや、まじやべえっす。という感じ。
さすがDCPRGのメンバーというべきかもしれないが、そのアドリブというかソロにも負けないRapをSIMI LABの面々も繰り出していて、まさにコトバが武器だなあと。

その後も新生DCPRG!な曲を楽しんで最後はアリミ・バラカさんをフィーチャーしたデュラン。
DCPRGのライブといえばこのCDJで「誰かの」(大統領もあったし、コーランもあった)演説なんかをマッシュアップしていたけど、公式に音源まで出しちゃうとはw。という感じではあったが、やはりライブではそれがいい。

しかし、音楽理論的な知識が全く無知なので理論的に「どこがいい」という指摘ができないのが歯がゆいのですが、それでもDCPRGのライブ、感覚的に何度聞いても、ジャズのようで、ジャズだけでなく、じゃあファンクかといわれるとすこしクールすぎるような気もするし、みんなでわーーと盛り上がるというよりもみんながばらばらにうわーーとなっている、この感覚が、本当に心地いいんですよね。

で、その心地よさの最たるものが、この日のアンコール。
MirrorBallという曲だけでも十分そうなんだけど、このみんなバラバラだったのがぐわっと一つになる、そんなデザートの上に、SimiLabの曲【後で確認したらThe Bluesという曲らしい)をマッシュアップしていたわけですが、これがまたすばらしい。
5MCがマルチにグルーヴして、そのトラックがMirrorBallのベースを刻む。
DCPRGのアンコールといえば、なこのキラーチューンにRapがポリリズム的に作用して、その魅力が増していた、まさに「キラー」な1曲。

長丁場のライブをきっちりと〆ていた。

そう、ライブってやっぱりこうだよ!
この昂揚感。解放される感じ。

こういうのを求めているんだよ!というライブでした、まさに。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-22 19:58 | music

自滅でした。(仙台から帰還後、30分が経過)

a0028025_23415778.jpg


前半、東京の選手がラフプレーで倒れるシーンが続いた。
審判がカードを出すものもあれば、出さないものも。

よくいえば気合いの入った、悪くいえばダーティなプレーと、少し基準のみえない曖昧なジャッジで、この試合の空気にのりきれないまま、前半が過ぎたようにみえた。

長い時間止めていた割に短いAT、2分とでていたがその3分目に、これまた微妙なプレーで仙台が先制する。
現場でみたリプレイではオフサイドのようにみえたけど、ゴールは認められる。

角度によっては正しいジャッジだった、といえるかもしれないが曖昧なジャッジの連続のにイライラしていたトウキョウサイドからしてみれば、あのオフサイドの大合唱は納得もいく行動。少なくともぐうの音も出ない後半の失点に比べたらだいぶ微妙な判定で試合のバランスが崩れてしまった。

しかし、やはりそれは逆転して勝利をおさめてこそいえることで、負けた後だとやはり負け惜しみにしかみえまい。。

ピッチをあとにする石川の諌め、鼓舞する姿に後半の巻き返しを期待したが、一度奪われたリズムはなかなか戻らない。

そもそも、この曖昧なジャッジとそれを誘発させたラフプレーの前にトウキョウの選手の動きはどこか萎縮させられていたかのよう。

パスは中途半端な場所に出てカットされ、シュートにいくまえにからめとられる。

前半、やや強引にボールを運ぼうとしていた大竹が下がった後半なかなか攻撃の形は作られず、相手の形のなかで次々と失点を重ね、攻撃はほぼ完全に封じられた、完敗だった。

確かに前半のあの曖昧なジャッジの最たるものが、潮目だったのだろう。

それを跳ね返せなかった。

跳ね返す空気を作ることができず、相手のスタジアムの空気に飲まれて負けた。

そういう意味では、サポーターも含めて完敗だ。

仙台が面白いサッカーをしていたとも、楽しい試合運びをしてたとも思わない。

だけど、その仙台前に敗れ去ったこと。
そこからチームは立ち直らないといけない。

それはきっと、ホームで、アウェイの地で勝利した「FC東京のサッカー」での勝利を思い出し、今回の負けでできなかったそのサッカーの精度、FC東京のサッカーをひとつずつでいいから積み上げていくこと。

僕はそれを楽しみにまた、スタジアムに向かうんだし、それができないFC東京じゃないでしょう?
って思っているんだから。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-21 23:42 | Footballiloveit

EssentialStore4 そして、Made By Health

a0028025_23434171.jpg


確か、伝説のジェイさんのBlogだったでしょうか、Healthの名前を聞いたのは。

雑誌Sevenの雑貨屋特集。
最近名前を知った林商店さん(ここのセレクトもとてもいいです)、定番のBSHOPなんかに並んで、お、なんだか家の近所に、、、と思ったのがこちら「EssentialStore」

ほお、Healthの服、ようやく見れるじゃん(どこで売ってるか知らなかった)と思って、散歩がてら行ってみることに・・・。

で、場所ですが、もう家から10分圏内。
本当に近所でございます。そして、この雰囲気が好きでこの町に住んでいるといっても過言でない「長屋エリア」の中にあるということで、非常に好感が持てるロケーション、そして古い民家をリノベーションしたという店舗スペース。とてもいい雰囲気。

いろんな世界の、時代の雑貨、アンティーク、そして古着と洋服。
こういうのの紹介はおなじみOsakan-Styleさんにお任せしますが(笑)、そこでみつけたこのMade By Healthのスカーフ。オーストリアのスカーフをパッチワークでつくった大判のストール。

見た目よりも(見た目通り)派手なストールですが、これが普段ストールが似合わず、先日のtamakiNiimeさんも奥たんの首元を彩っている状態の(まあもともとそのつもりだったけど)私になかなかどうしてけっこうあうんですよね。

モノトーンの洋服の中に入れたろか、とかちょっと派手なプリュスのジャケットに合わせてもいいかも、とか楽しみが増えそうです。

うん、楽しみですわ、春。

a0028025_055885.jpg

[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-10 00:05 | fashion

期待通り、不安的中、期待外れ(小沢健二、2012)(3/3)

※小沢健二の作品、『我ら、時』のリリースとそれに合わせて「東京の街が奏でる」と題した12日間のライブコンサート、そして、パルコミュージアムでの展示会(旅の写真と、音楽)・ポップアップショップが開かれた。

当ブログをご存知の方は周知の事実ではあるが、僕は「小沢健二」とその一連の作品の強い影響下に思春期を過ごし、またはその考えをこじらせ、そしていろいろなものを見る「入口」としての彼の影響を隠すことはできない。

今回の3作品。
特に今回の「期待外れ」についてはまだ継続中である、そのコンサートについてになる。
これからライブ、コンサートに行く人はここまで見てしまった不幸を呪いつつ、私は楽しめる!と思って今すぐ消した方がいいと思う。(僕ももう一回見に行けるチャンスがあったらたぶんもうちょっとポジティブに、残念がる)

だから、このポストの続き、および一連のポストについては「小沢健二に会えるだけで幸せ/声を聴くだけで満足」という向きの方にはUZEEEとしか言いようのない内容になることが想定される。

不安的中編→「展覧会、ひどい」

期待通り編→「ひふみよCDはアガる」

期待外れ編、もしくは完ぺきな絵にするには色を重ねすぎた都会の空。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-03 17:52 | sunday people

期待通り、不安的中、期待外れ(小沢健二、2012)(2/3)

※小沢健二の作品、『我ら、時』のリリースとそれに合わせて「東京の街が奏でる」と題した12日間のライブコンサート、そして、パルコミュージアムでの展示会(旅の写真と、音楽)・ポップアップショップが開かれた。

当ブログをご存知の方は周知の事実ではあるが、僕は「小沢健二」とその一連の作品の強い影響下に思春期を過ごし、またはその考えをこじらせ、そしていろいろなものを見る「入口」としての彼の影響を隠すことはできない。

このポストの続き、および一連のポストについては「小沢健二に会えるだけで幸せ/声を聴くだけで満足」という向きの方にはUZEEEとしか言いようのない内容になることが想定される。

とりあえず、このポストはまだ僕は喜んでいる。彼の帰還を。

不安的中編はコチラ

(いまのところ)「期待通り」編
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-02 01:13 | sunday people

録画見終わりました(FCT-SFH)

うーん負けた・・・。
木曜日くらいから熱があって結局サッカー観戦には行けなかったのでした。

なるほど、なんというか、まあ、得点シーンはやられました。
東京も格別悪かったわけではないけど、守備ががっちりしていた広島の最後の部分をかいくぐれなかったな。

ルーカスや石川がよく攻めてはいたけれど、フィニッシュは少し足らず、相手はエースのサトーが決めて、と。
決定力の差、ではないけれど絶対的エースがいない(おかない)東京。しかも長谷川、アーリア、ジャスール、梶山と4人をけがや出場停止て欠いている状況ではちょっと不利だったのかな。

大竹、久々に出ていただけどあまり使われなかったな・・・。

何にしろ、現地で見てない試合、ライブで見れてない試合について云々いう資格はあまりございませぬ・・・。

連勝なんて、止まるためにある。ただ、止まり方としてはサイアクではないと思います。
最少失点で済んでいるわけだし。

次のリーグ戦、クラシコAway.
ここで勝つか負けるか、引き分けるか。どれかによって今後が全然違ってくるような気がします。

で、次も見れないという・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-02 01:08 | Footballiloveit

期待通り、不安的中、期待外れ(小沢健二、2012)(1/3)

※小沢健二の作品、『我ら、時』のリリースとそれに合わせて「東京の街が奏でる」と題した12日間のライブコンサート、そして、パルコミュージアムでの展示会(旅の写真と、音楽)・ポップアップショップが開かれた。

当ブログをご存知の方は周知の事実ではあるが、僕は「小沢健二」とその一連の作品の強い影響下に思春期を過ごし、またはその考えをこじらせ、そしていろいろなものを見る「入口」としての彼の影響を隠すことはできない。

だけど、そうやって彼からいろいろと影響を受けたからこそ、今の彼が「あの頃と同じ」空気に賞賛されていること、懐古的な空気で迎えられていることには違和感を覚える。

今回の3作品。
特に「期待外れ」についてはまだ継続中である、そのコンサートについてになる。

だから、このポストの続き、および一連のポストについては「小沢健二に会えるだけで幸せ/声を聴くだけで満足」という向きの方にはUZEEEとしか言いようのない内容になることが想定される。
楽しみにしている人と、満足している人はこのあたりで「あれまあ」とでもいって、そっとページを閉じるかサッカーの結果を見に行ってほしい。
これは僕の考えに過ぎない。「ああ、惜しい。」という。

「不安的中編」
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-01 23:43 | sunday people