<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トウキョウの夏、ネマの夏

FC東京・ポポ東京 VS  ヴァンフォーレ甲府・城福甲府

深々と一礼をした、城福監督、拍手の東京ゴール裏。

あとでYou Tubeにあがっていた映像や録画を見ても「過去へのリスペクト」と「今のステータスでの最高」がまじったいい試合だったと思う。

そりゃ、雨の所為か連戦の所為か、どこか雑なプレーもあったと思う。
「そんなことじゃ上位にとどまれないぜ」というのもうなづけるし、実際録画の解説の金田氏にはっきりとそんな指摘をされていた。

だいたい、開始52秒で失点て。こっちも応援の声が出始めた出鼻じゃねーか。
甲府の拙攻があっての1失点だけ、ではある。

しかし、ルーカスが前半のうちに追いつき。
あれは素晴らしかった。太田のクロスも最高。

そのあと、こう着していたし、東京の「悪い時間」も長かった。
それを打破したのが、ネマだったり、ナオだったり、三田といった今日の交代選手。

特に、去年に引き続き?ネマの夏である。
途中の時間帯で出てくるには怖すぎる男だわ、という出場してからの躍動感。
でてからどれだけチャンスが増えたってんだ。
ネマ、ナオがでてから後半の停滞ムードが一新された感があったよ、本当。
パスがきちんと前で機能している、ような。

3点目、4点目のシュートなんてもう、本当にしびれたぞ。
ナオ→東のスルー→ネマシュート。
なんだこれ。ここだけ異次元かと思うくらいのナイスゴール。
千真のドリブル→切り返ししからのゴールも、まさに「ダメ押し」というかんじ。

この後、東京のゴール裏からはYNWAで、ちょうど雨が上がっての時間帯、リスペクトするべき前監督への、少し停滞していたトウキョウの13シーズン前半からの脱却への歌だったか。

いづれにせよ、勝ち点を失った試合も多かった。
浦和戦のドロー、広島戦の敗戦、これだけで勝ち点5は失ったわけで。

とやかく言ってもしょうがない。とにもかくにも前半戦の終わり、因縁、というよりはどこか感傷的なくらいの「縁」を感じる相手との一戦は現・トウキョウの勝利で幕を閉じた。
それは、後半戦へのステップであることを祈る。

甲府も嫌いじゃあないから、来年残ってほしいなあ。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-07-19 02:13 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)

分けて悔しい埼玉スタジアム、夏。 #fctokyo

いろいろ後で追記するけど、先に2つだけ。

追いつかれての引き分け、しかも80分過ぎ。
これは堪える。

あと、ゴール裏でうしろの観客に絡んで、前半ほとんど応援してなかったにーちゃん。
あんた次から出禁で頼む。

なんのために埼スタきたんだ?邪魔だ邪魔。
どうやら話を総合すると後ろの人が応援してない!なのか騒ぎ過ぎて後ろの人に文句言われたのかで問題になっていたようだけど、試合中試合見てないやつが「熱い応援」とか語っても無駄だ。そして周りの人間の集中力をそぐ行動していただけでゴール裏失格だ。実際君は先制点のシーンすらみてないだろう?
[PR]
by nariyukkiy | 2013-07-12 08:20 | Footballiloveit | Trackback | Comments(2)

James Blake

気が付いたら2013年も半分すぎていたわけで、そんな半分、いくら音楽に疎くなったとはいえ、毎月1回はライブにいっていたなあ、と思うわけで。・・・あれ、2月俺何行ったんだっけ??何かチケットかった記憶はあるのだが・・・まあ、いいや。

1月 菊地成孔Dub Septet
2月 
3月 坪口、菊地、本田(坪口昌恭 PIT INN)
4月 菊地成孔クインテットライブダブ、
5月 DCPRG(with 在日ファンク、SimiLab)
6月 James Blake

見ていただければわかるように、6月以外は全部菊地成孔関連である。
やれやれ。俺は菊地成孔しか聞いてないみたいじゃないか。
(だいたい間違いではない)

Best Live,Best set
[PR]
by nariyukkiy | 2013-07-08 01:59 | music | Trackback | Comments(0)

何とも盛り上がらないJ再開。

FC東京 VS サンフレッチェ広島
ロスタイム、2分か3分すぎたところでFK決められて終了。

それまで、拮抗した試合だった?いやいや、アウェイでの戦い方としては広島のほうがプラン通り、だったのではないだろうか。
攻めないまでも中盤から前でボールを回してチャンスをうかがう、ワイドに広がったサイドと、ど真ん中でトウキョウキラーがちょこまかしている、という東京が攻めにくい、ボールを取りにくい展開をずっと繰り広げていて、その中でFC東京もボールを動かしている、という感じ。

なんつーか、相手の術中でなにやってんの?という感じで、どこかに打開策をもってほしい、と思っているうちに前半終了。

ここで巻きなおすかな、と思いきや特に選手交代もなく、あれよあれよと後半も時間が過ぎていく、、、いや、チャンスもあったけど、沸くには飛ばないんだよなあ。

で、ロスタイムの失点なわけですよ。

カントク曰く、交代枠は使い切らなくてもいい、今日ルーカスや三田、東が点決めていたら誰も後退しなくても文句言わないでしょ(要約)だ、そうだけど、実際点は決まってないし、もっと早く動いて「何か」を変えなければいけなかったのではないかなーとおもうし、三田は確かによかったけど、ルーカスや東を、アーリアをこの暑い中90分フル稼働させて次の浦和戦はどうするのよ、という。

もっと長い時間、ネマを動かせた方がチャンスはあっただろうし、ホームで点が取れない状況を武藤君は打開できる逸材なのか、僕はこの段階ではしらないのでなんともいえないけど平山やほかにもいるきはしなくもなくなくなかったし・・・。

なにより、中盤でボールを奪われるサッカーはパスサッカーでも何サッカーでもなく、ただワクワクが少ないサッカーだったな、と。

原さんが「こんなんじゃ観客増えない」とあくびをしてザックが居眠りしたとか、そういうの抜きにして、浦和戦、本当に「勝つ」ために東京はなにか準備してるんだろうか。

三田の覚醒と、高橋の温存(なんだよね?)か?

まあいいや、7月10日、埼玉スタジアム。

ここは負けられないよ?負けたら解任でもいいくらいの決戦だよ?
[PR]
by nariyukkiy | 2013-07-06 21:00 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)

sun-miのアフリカ柄スリッパ

a0028025_20263969.jpg


先日、大阪の名店、Publicさんで購入しました。

もともと、僕はなぜか派手な柄が好きです。
洋服を合わせるときも柄×柄も結構好きで、チェックジャケット×ストライプシャツ、とかギャルソンプリュスのわけのわからない(ほめ言葉です)柄合わせ、そんなのも好物だったりするわけで。

きっと、顔立ちが地味な分、洋服で遊ばないと、と思うのかなんなのか、きっとそうなんだろうな、と。

そんなわけで、家の中にアフリカンな柄のものがあったりすると結構落ち着きます。
Publicさんでみかけたこのスリッパもそんなももののひとつ。

つばめ柄というのもなかなかいいですし、裏がレザーでUVカット、という無駄に(失礼)高機能なところ、ケース付きでちょっとした旅行なんかに持っていくことができそうなところも愛嬌があってよろしい。

派手、派手、といっても落ち着いた色柄で部屋の中がちょっと明るくなる、そんなスリッパ。
[PR]
by nariyukkiy | 2013-07-03 20:29 | fashion | Trackback | Comments(0)