<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「戦前と戦後」菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール

ずっと出す、出すといっていた「菊地成孔のウタモノ」がペペトルメントアスカラールの形で結実した、ということか。

全11曲中10曲が菊地成孔による歌唱。
中にはVoiceとしてSIMILABからOMSB、DyyPRIDEのほかLeija Hanrahan(って、Kipの娘さんだとか)がはいったKipHanrahanの楽曲(Michalangelo、ってTanogo ZeroHourしか出てこなかったんだけど)やBeautiful Scarsに収録されていた「Caravaggio」のカバー、はてはフランクオーシャンの「スーパーリッチキッズ」まで!

1曲目の「退行」からして、南方指向のオルケスタ(※よくわからないで真似しています、いいかた)、ジャズオーケストラであるぺぺの「官能と憂鬱」がたっぷりと入っている。なんとなく「京マチ子の夜」にVocal入れたのかな、という第一印象だったのだけど、それはいきなり甘美な世界に引き込まれる、ということ。
(「南米のエリザベステーラー」も「京マチ子の夜」で完全にその世界にはいったのだから)
WomanもKNQDのライブでも披露していたが、バンドネオンとピアノが絡むアレンジがなんともこの曲の隠微な空気を醸し出していて、これまたいい感じ。

そのままの流れでのKipの楽曲にナレーションやラップ。KipHanrahanの持っていたNYCのアンダーグラウンドな雰囲気から発した無国籍性が、ラップが絡むことで逆に引き立つ、という演出は何とも心憎い。

ぺぺの魅力はやっぱりこのちょっと憂鬱な感じなんだよなあ、という前半。

インストゥメンタルを挟んでの中盤はちょっとポップな感じに盛り上がっていたらFrankOceanのカバー。
これも、原曲の乾いた空気がどことなく湿っぽくなっているアレンジ。

これまでのぺぺはどちらかというと菊地成孔以外の歌唱や、ナレーションがほとんどだったことを考えると一気に菊地成孔Sings、色を強めたわけだけど特にカバー曲のチョイスがラテンジャズアレンジのヒップホップソウル、それも出自がヒップホップじゃない曲へのラップの挿入だったりと「誰かが気づきそうで、誰もやっていない」ところのアイディアとそのアウトプットのクオリティの高さがまた際立ったアルバムに仕上がっていた。

気が付けば10年目?のぺぺなわけだけど、なんだかこれからの動きが楽しみになる、そんな一枚だった。
(っということは、ここでおしまい、というのも十分ありそうだなあ、と思うけど)

戦前と戦後
[PR]
by nariyukkiy | 2014-03-28 01:39 | music | Trackback | Comments(0)

2014シーズンも開幕したね

個人的には9シーズン目のFC東京ライフです。

2011シーズンより栃木へレンタル移籍状態なので、なかなかホームに継続的に行けなかったり、(代わりに近藤や重松が栃木に来てくれているのですがw)本拠地が大阪に移転したり(トウキョウとは私にとってなんなのか)となかなか厳しいトウキョウライフですが今年もよろしくお願いします。

さてと。今シーズン開幕戦。柏とあったらそりゃいかないと、と万難を排したつもりが、まさに万難の長のような凶事があり、まさかの欠席・・・。携帯電話でのオンデマンド観戦(しかも鹿児島で)となったわけでしたが、その小さな画面の中、なかなかに躍動していたと思います、東京イレブン。

特にエドゥーさん、いい動き。
高橋の上下動もすごい。

で、後半の三田の得点もなかなか流れるようでよかった。
その後の千真の惜しいシーンもよかった。

シュート数も柏を上回っていて、確かに怪しげなところもあったけれど後半の入り方からして、すこし楽になったかな、と思いきや工藤のシュートで同点。触ったんだけど、崩しが迫力あって、この柏はやっぱり強いよ、、、と敵ながらすごいプレーだったと思う。

だからこそ権田もいいセーブを見せていて、の痛み分けの引き分けだったと感じたけれど、その期待と不安、やっぱり不安だなあ、に傾いたのが第2節ホーム開幕戦。

こちらは前後半で全く違うチーム?というかガス欠?という試合。
前半早い段階で1点取ったときはこのままゴールラッシュも??というくらい攻めていたし、向こうはほぼノーチャンス。

それが後半になったらなんか攻撃ちぐはぐ。
正直あまり覚えてないぞ、というくらいの迫力満点(棒)の後半で、終わってみたら一番印象的だったのはやぱり志村けんなの?という試合でした(アッサリ)

まあまだまだ、チームつくりは始まったばかりなんだろうなあ、とかヒデトと2節では途中出場だったヨネがはまればだいぶ変わるんだろうなあ、とか不安もあれば期待もある、そんな船出でございます・・。

そして次行けるのはいつのことやら・・・

No Racism
[PR]
by nariyukkiy | 2014-03-14 01:39 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)

Key Of Life

何かをお手本にする、というのはそれほど悪くない行為だと思う。
だけど、何かを猿真似する、というのと、お手本にする、というのは全く違う行為だとことも、やっぱり考えた方がいい。

ライフスタイル、を提案するショップや雑誌が増えているけれど、なんだかんだ「流行」の物と折り合いをつけなければいけない彼らには「はやりのライフスタイル」を紹介することはできても普遍的な「ライフスタイル」を確立するには、受け手側がよほど注意しないといけない。(※できない、とは思わないですよ)

シティーボーイがスケボーもって〇メガネ(伊達)かけてチノパンのすそ折り曲げれば出来上がるのではないように、ライフスタイルもまた、その人が何を持って生きているのか、それにあったモノ(物質的なものだけじゃなく、空気そのもの)をまとっているのか、が重要なわけで。

だから、この本の中でインタビューされ、紹介されている人々の家はだれにもまねができるものではない、その人の態度(アティチュード)がそのまま内装に、たたずまいに現れているわけで、それを見て僕は自分が「自分の家の中に、何があってほしいか」「どういうところで暮らしたいか」を翻って考えることができた。

別に、憧れの商品(家具とか、照明とか)が似合う部屋、でもいいと思うけど、それより一歩進めて、部屋の中の「Key Of Life」は何なのか、それを紐解くことでもっと暮らしは面白くなるし、逆にそれさえあればどんなところでも豊かな暮らしはできると思う。

そんな、暮らしのヒントになる本だった。



キー・オブ・ライフ [ニューヨーク編] クリエイターたちのインテリア (P-Vine Books)

ちなみに、アダム・キメルのアート作品を無造作におく生活、とかアンドリューWKの色の壁に対する考え方とか面白かったな。
[PR]
by nariyukkiy | 2014-03-05 01:16 | sunday people | Trackback | Comments(0)