鹿島戦の前に、気合の入れ直し

って、要は「浦和戦はもはや、ダービーより、クラシコより、心の底から『勝ちたい』という一戦である」ということ。

浦和戦、アジスタ。どうも2004年以降まだ味スタで浦和に勝っていないらしい。
(ついでにいうと、埼スタでも勝っていないのか)

天皇杯の熊谷と、去年の国立Home。

僕がFC東京戦を見に行ってから浦和に勝ったのはこの2戦だけ。

浦和からしてみれば、彼らが調子を落とした時のお得意さん。
今回だって「まさかの」ジャイアントキリングくらった直後というまたリスタートにふさわしいよう、仕上げてきたわけで。

前半早々のビハインド、そして、あっという間の逆転。
ゴール裏レベルではプレイの中でのシュートは見えても、PKの細かいプレーまでは正直わからないところも多いので(特に遠いサイドだとね)、PKのプレーがどうだったかはリプレー頼み。

しかし、帳尻合わせるかのような前半だけで2PKも加わって、そして、「不可解な」そして「不運な」平山菜交代劇もあり、前半終了時ですでにぐったり、手に汗を握る展開だった。

それまで、負けても勝っても1点差、それも2得点以上は決まらない試合ばかりだったのでこの段階での3-2、しかも優勢はなかなか記憶にない。ああ、そういえばいつかの埼スタで後半30分からで追いつかれたり逆転されたよな、、、ということばかりが思い出されたな・・・。

という気持ちと、いやいややってやるぜ、がないまぜになった後半。
浦和に押し込まれる。押し込まれる・・・。きがつけば3-3.

そこで、決めたのが武藤。超ナイスゴール。ゴール裏も沸騰。
悪い流れの中での追加点は本当に素晴らしい。そりゃ代表も選ばれるって。
(※ヨネが選ばれるべき、とかコウスケはどうした・・・とかはおいておこう)

応援のボルテージも上がって、このままフィニッシュ・・・といかないのが浦和戦。
これまたPK,というおいおい首位にやさしくないか?という素晴らしいゲームコントロールを見せた今日の主役のおかげもあり、結局ドロー。

なんというか、応援している側としてはどんどんアツくなる浦和戦。
負けたくない!という気持ちが試合を重ねるごとに強くなるということも含めて「面白い」試合ではあった。
だけど、勝てる試合だったよなあ、PKさっぴきゃ3-2なわけで、、、リプレー見ればそういう気持ちもわいてくるモヤモヤ・・・。

うん、次だ次。味スタで、浦和に何とか勝つ。
埼スタで、浦和を黙らせる。
味スタで、浦和に完勝する。

どれもまだ見たことがない、そして希求する試合。

正直、相手がだいぶ格下になっちまったダービー戦よりも、バナナをくれないクラシコよりも、ホーム浦和戦こそ順位、状況にかかわらず負けてはいけない、勝つべき試合になってきた。

それがこの10年なんだとしたら、まだまだ面白いんじゃない?

もちろん、次の鹿島戦、これまた難敵だし、ゲンがいいとは言えないスタジアム(アウェイ)での試合。
ここで勝てば上にくらいついていけるし、まければ「また」中位の上位かあ、、、で終わってしまう危険性すらある、大事な試合。

もちろん勝利を信じているけれど、今シーズンの残りのFC東京の冒険もまだまだ続くけど、僕はまた、来シーズン以降の浦和戦もすでにちょっと楽しみだったりする。
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-08-30 00:44 | Footballiloveit | Trackback | Comments(1)

ひさびさの、、、味スタ

W杯の中断後、私自身もFC東京を応援し出してから2度目の移籍(異動)があり、トウキョウから栃木、そして気が付いたら大阪と、ついに関東圏からも離れてしまいました。。。

いや、まあ実生活上はこちらがホームなんだけどさ・・・。

とまあ、そんなこともあってW杯後、初の生観戦。
感想は、、、

やっぱり、スタジアムで見るFC東京は、最高。

これにつきます。

そりゃ、FC東京、中断1戦目の鹿島戦こそドローに終わったものの、そのあとは爆発!って感じですよね。
新潟、仙台、そして清水。

ちょっと調子が落ちている相手、というところを除いたとしてもすべてシャットアウトゲーム。うち2試合は複数得点ときたら、ちょっとくらい調子に乗ってもいいんじゃあないの?

点を取るべき選手が皆取っている(・・・38番、ガンバレ・・・)というのもまたなんともうれしい限りですしね。

清水戦。
前半から正直、怖いところがほとんどなかった。
ノリノリのゴール裏で応援しながらみるセクシー・トウキョウフットボールは本当に楽しかった。
しかし、勝っているのにムトウに対する「シュート打て」とか、どれだけ厳しいんだw

試合後のYNWA。
確かに、負けた後に次!とうたうこの歌もいいけど(※負け、の時点で何もよくないけど)
勝った後、まだまだこれからだ、俺らが付いているぜ、という気持ちで歌うYNWAは格別だったな。

次は、これまた調子を落としている(もう負けられない)セレッソ、天皇杯の山雅、そして難敵にして今の東京のベンチマークとなるであろう浦和に鹿島。

8月残りの試合、暑くてどれも気が抜けない試合だけど、ここで上向けば、いけるよ!という気持ちで、また味スタにも行こうと思った夏の日でした。
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-08-05 00:02 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)

今のモードを、別の服で。

僕はコムデギャルソンが好きで、それなりのシーズン継続してみていて、買っている。

初めはプリュス一辺倒だったけど他に好きなブランドとの相性もあってジュンヤマンも買っているけど、やっぱりプリュスははずせないよねー、といいつつなかなかモードな組み合わせが見つからないで全部プリュス、とかはなかなか挑戦しなくなっている昨今、、、

今期のプリュスはジャケットとその裏地の再考。
なかでもジャケットからはみ出す裏地のバランスが新たな形、バランスを生み出すわけで、、、

a0028025_1564598.jpg

a0028025_204830.jpg


じゃあ、それを僕の好きなBand Of Outsidersとジュンヤマンでコーディネートしてみると、こうなる。

ジュンヤマン×SEIL MARSCHALLのシャツ・ブルゾンとBand Of Outsidersの定番OXBDシャツ(ちなみに、ボトムもジュンヤマン×リーバイスのメッセージ入りのデニムだ)その間に、2008SS、スーパーインポーズのシーズンにでたシャツコートを挟むことで、ブルゾンとシャツコートのバランスがなんか今期のプリュスっぽく、、、みえなくもないでしょ??

ブルゾンが黒(×青)だからか、ちょっと重めな感じが全体のトーンを引き締めていてなかなかいいかんじになっているし、シャツの鮮やかな青がまたいい感じ。

プリュスのアイテムは一つしかはさんでないのに、ジュンヤが今シーズンのモノなのに、なんだか今シーズンのプリュスの雰囲気が出ているところが個人的にはギャルソンだからだなあ、という自画自賛。
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-05-27 02:12 | fashion | Trackback | Comments(0)

SAYONARA、じゃないよね、また、会えるから。

タイトルは、台風ジェネレーション/嵐 より。

そう、国立は、嵐の聖地ですから!

4月29日、対名古屋戦。
最後の、今の国立でのFC東京戦。
開いてみれば広島戦同様、いや広島戦よりも攻めていましたがセットプレーの一発に沈んでの敗戦。
なんだかなあ・・・・。

サッカーの歴史的にはもうにわかでかけだしの私としては大した思い出も国立にはないのですが、強いてあげるなら地震で開始が遅れた試合とか、藤山の笑顔がまぶしかった快勝した試合(2006年だっけ)

特に藤山のゴールもあって勝った日は、国立で水曜ナイターだったんだっけ。
あんまり人がいなくて寝っころがって待っていたような記憶。。。

もちろん、満員のナビスコ決勝や、アウェイ側で鹿島に延長で負けたいつかの天皇杯準決勝(ソウルセットの年末ライブとかぶっていたから延長戦の最後をかなり混雑した入り口付近で見届け)、満員の国立も気分が高揚するけれど、実はこういうのんびりとした風景も結構好きだったりする。。。

と、名古屋戦から現実逃避が過ぎた。

その後のGW
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-05-08 00:27 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)

Standard SHIRTS #bandofoutsiders

a0028025_2214632.jpg


a0028025_22143232.jpg


a0028025_22145555.jpg


僕にとっての定番です。

More
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-04-21 23:22 | fashion | Trackback | Comments(0)

フットボールは相手より点を取ればいい。

なんというか、日本でいうと全盛期のG大阪か。

今週のリバプール、1日前に2位のチェルシーが最下位に敗れるという波乱があり、勝てばだいぶ優位にたてる、そんな試合。

前半からリバプールは飛ばしていた。
あっという間に2得点。ヘンダーソンとスターリッジを欠いているのに、やっぱり攻撃力ありすぎですわ・・・。
スターリングはシティ戦に続いての得点。(しかも、2得点)
1点目、なんというかコースが空いた瞬間に打って、ここしかないというところに決まった。うーん、ビューティホー。

2点目はスアレス。これも守備をはがした段階で勝ち、という決め方。
スアレス、この試合でもダイブまがいだったり、倒れていたのにプレーが切れないとそこから起き上がって猛然とダッシュするわ(痛がってたけど)と、面白いうというか心強いというか。。。

しかしまあ、2点取ってもまったく慢心できないのがリバプール。
守備、前半から結構怖かった・・・。
後半、ホームのノーウィッチは攻めの姿勢を一層強くしてきて、逆襲を試みる。

そして、なんというか、リバプールのDFというか守備はジェラードが孤軍奮闘、という感じでどこかバタバタと・・・一言でいうと、危なっかしい。

あっさり1点献上。そのあと、スターリングの2点目で再び突き放すも、2点リードってセーフティじゃないのよね、と思っていたらもう1点取られて・・・。

それでも、アッガーを入れて守備5枚の対応でなんとか対応しようとするも、、、やっぱり怖い。
むこうさんにおしいヘディングくらってましたしね。

最後はノーウィッチはGKも上がってきてなんとか勝ち点を取る姿勢を崩さなかったけれど、なのというか、ここで崩壊しては優勝なんてできないよなー、という気迫が勝り、リバプールの勝利。

ふう。薄氷を踏むような勝利ですが、確実にアウェイで3ポイントゲット。
シティがわけてチェルシーが負けているだけに、大きな3ポイントです。

次は、チェルシー戦。
たしかアウェイは負けたよね?
まだまだ気が抜けない試合が続きますが、12連勝目、狙ってほしいです。次アンフィールドだし!

あ、東京。
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-04-21 02:35 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)

Liverpool VS. Manchester City

はてさて。

広島対FC東京は広島戦「らしい」1-0で負け。
しかもなんかしょっぼいコーナーでなんかにやけ顔のにーちゃんに決められるとか、最高に気持ちが悪い。
早く梶山が復帰してミドルを相手ゴールにたたきこんでほしいです(逃避)
しかし、ワクワクする時間がなかったわけではない東京ですから、ここから仕切りなおしてほしいですね。
とりあえずイラン代表とかポゼッション監督に負けてほしくない!

というわけでYNWA、といえばFC東京もですが、Liverpoolなわけです。
そもそも、私がFC東京の試合を見に行ったのも友人に「そんなにLiverpool好きなら、FC東京見に来ればユルネバ歌えるよ」というわけのわからない推薦をいただいたからだったような・・・。

と、あれから幾星霜、、、CLでこそビッグイヤーを掲げているところをみましたが、リーグ優勝はおろか、最近はヨーロッパにさえいけなくなっていたLiverpool、、、今シーズンはなんだか強い。

暫定首位で迎えた、「実質首位」の格たるマンチェスターシティ戦、普段はなかなか見ることができない(環境的に)プレミアの試合ですが、この1戦の「大一番」っぷりに近所のスポーツバー(※栃木SCサポの巣窟)へ行ってきました。

んで、試合。

ヒルズボロの悲劇から25年、ということで試合開始前のYNWA、セレモニーの雰囲気が素晴らしすぎたアンフィールド、ペースをつかんだのはリバプール。

序盤からかなり攻撃的に攻めていて、コウチーニョのシュートにSASの2人の攻め、迫力ありすぎ。
とかいっているうちにあっという間にスターリングがマークを外してゴール。

その後も攻めまくるリバプール、CKからジェラードの完璧なヘッドこそGKに止められるも、次はしっかりと決めて2点、押せ押せムードの前半。

しかし、相手は流石のシティ、後半は打って変わってシティペースで気が付けば同点・・・。
その後もシティの攻めは重厚、(もともとリバプール失点多いし、、、)こりゃどうなるかわからない・・・。
そんな後半にアグエロまで入ってくるとか、万事休す、という雰囲気を変えたのは、アンフィールドの、サポーターの力。後半、劣勢になってもずっと響いていたリバプールのチャント、満員の、それこそ真っ赤なスタジアムの雰囲気はシティのDF,コンパニのミスキックを誘い、それをコウチーニョが「三度目の正直」でゴールへとつなげる(2回、惜しいシュートがあったんです)

スアレスのダイブやダイブしすぎで取られないPK相当のファール、サイドバックのフラナガンさんのエリア内でのなかなかPK怖い(※しかし気合の入った)守備、スアレスがわちゃわちゃやってた分だけ長かったアディショナルタイムのヘンダーソンの退場、手に汗握る攻め攻められの90分は、それでも見事リバプールの勝利に。

これでリバプールは2試合少ないシティとの直接対決を制して、「暫定首位」から「現時点での首位」に。
しかし、試合直後のジェラードの涙の円陣での「さあこのゲームは終わった、次だ!ノーリッチでも同じように戦おう」という言葉(こちらに動画があります)これがまた熱い。
全く慢心していない、逆にこちらの背筋が伸びる彼らの姿に、当分目が離せなそうです。

いつの日か、東京にもこのようなしびれる空間と、しびれる時間が訪れますように。

東京を遠く離れて。
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-04-16 02:12 | Footballiloveit | Trackback | Comments(0)