LEVEL3は確かにまたひとつレベルアップしていたよね、ということ。

今さらですが。

2013年のライブはいつものようにTokyoNo.1Soulsetで〆たわけですが、12月のライブ、というとPerfumeのドームコンサート、こちらだったわけで。

思えばPerfume?なんか胡散臭いな、、、と思っていた日から幾星霜・・・・
いつの間にかコンサートでMY COLORのふりを全力でやる、そんな感じがとても気に入っているわけでもある。

しかし、初めてPerdume見たときは「・・・曲よりMCのほうが長い、という噂は本当だったのか―」とかPTAのコーナーに面食らっていたわけだが回を追うごとにそんな定番は定番として、Perfumeの魅力―中田ヤスタカのサウンドと、PerfumeのVoce,パフォーマンス、演出の高次元のリンクを楽しんでいるし、なにより「テクノポップ」と評される彼女らの楽曲はその実もはや「レイブ・ポップ」なのではないか、と勝手に悦に入っている。

なんだそのレイブ・ポップって。

今回のコンサートでいうとしょっぱなのEnter the SphereからSpring of Life...(デリック・メイのStrings of...を髣髴とさせるタイトルだよなあ、聴けば聞くほど)のオープニング、そしてParty Maler~エレクトロワールドまでのレーザービームバッキバキの中盤に感じたのはこの会場の広さ、そしてテクノ・サウンドの上にのったVoiceの感覚がテクノというよりはまるでElectroGlideかWREにでもきて、Underworldなんかとつないだって違和感ないよなあ、と思ってしまったわけで、そのテクノサウンドと、歌謡曲的な、J-POP的なバランスの良さが、Perfumeのコンサートで感じる一番の心地よさ、な気がしているわけなのだ。

もちろん、彼女たちの軽妙な、というには明らかに比重を重く占めているMCやダンス、テクノ色が薄い楽曲やキュートなダンス、サンタコスプレ(おもにのっちの)も大いなる彼女たちの魅力だし、あ~ちゃんがライブのたびに「Perfumeは成長している!」というのもまったく嘘ではないと思うし、そりゃデトロイト・テクノのコンピとかURのライブ盤、テクノのDJMIX聴いているとPerfumeをテクノといっていいのか?というむきにも賛同したくなる。

だけど、それでもこのコンサートで感じたレイブの高揚感、をかわいい女の子たちが体現して、そしてさらに先に進もうとしている、ということ、そのストーリーはまだLevel3、なのだなと思うとちょっとまだまだ楽しみだ。

うん、とりあえずPerfume CLipみよっと。

ちなみにセットリストはこんな感じ
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-02-19 23:19 | music | Trackback | Comments(0)

ポパイのシティーボーイって、オリーブ少女の変形だったのか、という件。

前々から、「シティーボーイ」のためのPOPEYEになんだか違和感を感じている。
そりゃ、「シティーボーイ」なんていうものがつくられたものであることなんて重々承知している。

だけど、それでも「シティーボーイ」的なものは何かアイテムを持っていて、なぞっていればなれるものではないんだよなあ、という根本的な違和感、である。

その違和感を、一番初めに感じたのは千駄ヶ谷のコーヒースタンド、"Be a GoodNighbor"での何気ない会話の盗み聞きである。(※べつにBAGNが違和感ではない)

POPEYEが「Magazine For City Boys」にリニューアルして以来、その特集特集があまりにも素晴らしくて定期購読をしている、というお姉さんが、いかにPOPEYEがクールかを(おそらく顔なじみの)店員にむかって主張していたその会話は、お姉さんの「あまりに素晴らしすぎてポストから取り出してそのまま飾っていて読まないの」という自己主張(※特集が素晴らしい)との矛盾で終わっていた。

そして、僕の違和感=シティーボーイってそもそもなんやねん、というものが半分くらい理解できた瞬間でもあったわけだ。

新しいPOPEYE(もう1年くらいたったわけだけど)の「素晴らしい特集」の数々はきっともうその存在だけでお姉さんにとって「シティーボーイ」を感じるものだったわけだ、きっと。そして、だからこそ別に読まなくてもいい、所有していればいい、そこにあればもう「シティーボーイ」な感覚を得られる、というアイテムだったと。

そう理解すると、「新」POPEYEのどうも読む気にならないレイアウト、箸にも棒にもかからない、というか自社の先行するライフスタイル誌であるBRUTUSや故relaxやオリーブの焼き直しのような特集や中身もなんとなく理解できる。ん、オリーブ、、、

そうか。

昔オリーブ少女という人々がいた。(そして、たぶん今もいる)
オリーブという雑誌があり、その結構はっきりとした「トウキョウ(ニホン)にいるパリジャンヌ(もしくはリセエンヌ)」というパリにもどこにもいない、だけどそれゆえになぜか東京とやたらマッチした謎の文化系女子を生み出したあのオリーブと、新POPEYEは性別こそ違えども結構似ている、ような気がする。

そう、今までの繰り返し、変奏曲。それが流行の正体であることはもはやみんなわかっている、周知の出来事。
あとはその流行をどう奏でるか。
POPEYEは女子の世界でもはや声を上げるまでもなくなった概念としてのオリーブ少女を、男子に向けて振り向けた。その結果が、「2010年代のシティーボーイ」という、(オリーブを経験しなかったイマドキの男子にとって)新たな概念だったのではないだろうか。

オリーブはパリを夢見ていた。POPEYEはNYCや、クールな90年代の東京を夢見る。
オリーブ少女はおしゃれなレコードと、実はよくわからない文学で武装し、「かわいい」雑貨に囲まれていた。
POPEYEはファッションのスケボー、唐突に出てきた写真集、「定番の」逸品を推している。
オリーブは小沢健二やカジヒデキといった音楽とトウキョウ・カルチャーに結びついたヒーローがいて、パリともなんとなくつながっていたモデルがいたが、POPEYEのお手本は市井の「シティーボーイ」(ただ、よく見ると巧妙にNYの男の子だったりするわけだが。。。)で、あまりカルチャーに結びついたヒーロー(ヒロイン)はいない点くらいか、違いは。

と、いうかあれか、「オリーブ」ありしとき、オリーブ的な立ち位置(ライフスタイル誌!)の男子向け雑誌はなかったわけで、オリーブ的なものこそ「都会的」と解釈すればPOPEYEのオリーブ化はごく自然な流れなのかもしれない。往時、オリーブを読む男子も多かったし(含む俺)、そういう層を察してかけっこうメンズブランドも登場していた(一応、カップルで着る、という体だったけど)オリーブだもんな。

と、なんとなく、シティーボーイ=オリーブ少女ということで納得する俺であった・・・。

More
[PR]
# by nariyukkiy | 2014-02-18 02:06 | sunday people | Trackback | Comments(0)

2013年の思い出を、ホンマタカシのポスターと。 #まだブログやってたの?

a0028025_15325758.jpg

高松は、町のシューレで購入したフレームに、ホンマタカシのキノコの写真(のポストカード)

a0028025_15333768.jpg


もうひとつはlimart(POST)で開催されたホンマタカシ×大原大次郎の「稜線」のドローイングポスターを、オリジナルで作ってもらったフレームに収めて。

今年もいろいろありましたが、この「フレームに収めて」何かを飾るというのがとても気持ちいい、そう感じた年でした(どんなまとめだ)

既製品のポストカードも、シルクスクリーンのポスターも、はたまた絵画やフライヤーも、フレームにいれて飾ると、何倍も魅力的で、身近に感じるから不思議。

稜線のポスターはけっこうおおきかったので、実にフレームのほうが何倍もしたのですが、それでも家の中にこの大きな山と、稜線があると荒んだ気持ちもいくばくか和らぐといものです。

きのこのポスト―カードも地味にリコンストラクションされたやつで、それがこのキノコの背景をまた際立たせている傑作なのですが、いかんせんオリジナルは高い・・・。でもポストカードも十分、なんか立派に見えるんですよね。前は黒磯のROOMSで買った古い木箱をフレームにしていて、それもよかったけどマットを入れて飾ると、それはまたそれでいい。

オリジナルのフレームは代々木八幡の「sur-murs」さんで。ここのフレームはこだわりとなんか雰囲気があって、仲に入れる作品とマッチすると本当に素晴らしい。

・・・この感覚、どこかであるなあ、と思ったらたぶん恵比寿のcoeur改め、KIJIMA TAKAYUKIのハットなんですね。洋服のどれでも全部にフィットするんじゃない、だけどフィットしたときの相乗効果が抜群のもの。

結局僕が好きなものはそういうものが多いんだろうなあ。
え?じゃあ中身もオリジナルにしろ?

・・・まあ、それはおいおい・・・

では、よいお年を。
[PR]
# by nariyukkiy | 2013-12-28 15:47 | sunday people | Trackback | Comments(0)

2013-14AW

a0028025_05419100.jpg


Band Of Outsiders Check BD shirts

今季も順調に買い足しています。
本当、自分のサイズに合うシャツに出会えた幸運に感謝ですね、この何シーズンも。
旗艦店もできて買いやすくなってしまったわけで、、、
まだ購入していない、コーデュロイパンツ辺りは買い足したいなあ、と思っている今日この頃ですが、やはりここのシャツは最高です。

HAT MAKER KIJIMA TAKAYUKI
coeurがブランド名を改めてリニューアル。直営店もリニューアルしてシックになっていました。
そして、ますます冴えわたるデザイン。いい意味で洋服を選ぶというか、かぶる人を選ぶというかかぶったときの洋服との相乗効果がハンパないです。
こちらのハンチング/キャスケットはそんなKIJIMAさんの新型。
まさにハンチングとキャスケットのいいとこどりの型に、ツイードの生地感が最高です。ほかの帽子屋さんではまず出会わない、そんな帽子がここにはあるんですよ、と。

このほかにも木島さんのとこではベースボールキャップ(ベルベットの)も購入済みです。これからの季節、かぶって出かけるのが楽しみ。

と、いうわけで今シーズンも順調に買い物しております・・。・
[PR]
# by nariyukkiy | 2013-10-31 01:18 | fashion | Trackback | Comments(0)

こちらもsince2004

僕がFC東京の試合を本格的に見たのは、2005シーズンの開幕から。

と、いうことは2004.9.23の浦和への勝利は、情報としては知っていましたが、「サポーター/ファン」として東京の勝利は、今節、つまり2013年9月14日が初勝利。

リーグ戦9年ぶりの勝利ですか!

a0028025_103012.jpg


今まで、1点取っても、2点取っても勝てなかった浦和戦。

じゃあ、3点取れば?勝てましたよ!
(注:2004年以前は1点でも勝っています)

特にポポ体制になってからの東京対浦和はどの試合も見ごたえがあったわけで。
昨シーズンの1回目は「負けなかった」と少し安堵した。
だけどやはり「勝てない」ことへの悔しさはある。それが3回続いたわけで、「いい試合をする」こと、その結果負けて相手を調子づけていただけの2010年までよりはマシなものの、なんだんかなあ、という。特にあのクソ長い浦和美園からの道のりを思うと・・・。

そして、2013シーズン、ホーム国立戦。
セットプレーから2得点。浦和にボールを持たれていても決定的なシーンは抑えられていた前半と、うってかわって反撃された後半。

いつの間にか、システムはいつもの4バックに戻っていて、ナオ平山、と攻撃的なカードを切っての反撃。
ネマが入ってすぐのセットプレーで、ついに「3点目」が東京の手に。

リプレイで見てもなかなか泥臭い、というかここしかない!という場所へのヘディング。
なんというか、なかなか活躍できてないシーズン、移籍を考えたシーズンであろう平山の意地とながかった雌伏の時間が、どこかFC東京のなかなか浦和に勝てなかった時間とも重なって喜び倍増。

この段階で90分。ロスタイムの4分が本当に長かったなあ・・・。

というわけで、ようやく「浦和戦勝利」というエントリーをあげれることができました。
来シーズン以降もこのタイトルの記事、あげられるよういきたいね。

そして、シーズンが経つごとに「負けてたまるか」となる感じが正直多摩川クラシコや緑とのダービーよりもでてくる、本当の「クラシコ」になることを祈っております。
[PR]
# by nariyukkiy | 2013-09-16 17:24 | Footballiloveit | Trackback | Comments(2)

勝っても負けてもトーキョートーキョー #fctokyo

いやあ、8月は不遇でした。(サッカー観戦的に)

最後に見に行ったのがミッドウィークの甲府戦だったわけで、次に見に行ったのがこれまたミッドウィークの鳥栖戦。
ひと月以上に見に行けなかったのなんて、観戦始めて以来のことですわ。

そりゃ東京に住んでないし、本拠地は大阪だしで「僕が住んでいるのは日本です」状態だけどさ・・・。

FC東京 対 サガン鳥栖

そんなわけで久々に行けた、鳥栖戦。
前半なんすかあれ。俺がいけない間に夏とはいえ失恋でもしたんすかみなさん。
気が付けば目の前で展開されるピンチ、そして豊田とだれか(※池田です)の立て続けの失点。

何ともやれやれな前半でした。

で、さすがに巻きなおすだろうと思っていた後半。
なかなかもどかしい時間が続きましたわ。

結局反撃はルーカスと平山が入ってから。
ここでカズマ下げなかったのはよかったね。

平山のヘディング、そしてカズマのポストに当たってのシュート。
ここでこっちのボルテージは最高だったわけで、いい時の東京は絶対に逆転する。

んだけど、点を取ったのは豊田。つまり鳥栖。
ああもうイケイケやったのに。

サンフレッチェ広島 対 FC東京
で、昨日のコチラ。偶然入ったお店と、帰りの電車でスカパーオンデマンドで視聴。
前半始まっての時間サンフレッチェだなあ・・・というシーンが続いていたしまた厳しいかも、と思っていた矢先の16分か。カズマが相手のミスをついてあっさり先制。

なんか、押し込まれていたように見えていただけに大きな先制点。
しかしこの試合は権ちゃん、そして西川もあたっていたなあ。これはやりにくい。というかいい試合!
(行きたかったな・・・)

森重のあがりもよくて、攻撃が活性化していたなあ・・・。
もっとも広島相手だけにノーガードの打ち合いは予想できたし、やっぱし?寿人は点を取る。

東京の2得点目も、相手のチャンスの芽を摘んだヨネから東で、千真がスルー(届かなかった?)で上がっていたヨネのゴール。ナニコノ連動性。こういうの、ホームでやってくれよ、というセクシーな攻めでしたわ。そのあとの権田のビッグセーブで勝負あり。

いやいや、こういう試合があるから東京はやめられない。電車の中でニヤニヤしていたキモイのが僕です、という帰りの電車でしたw

More
[PR]
# by nariyukkiy | 2013-09-01 17:44 | Footballiloveit | Trackback | Comments(3)

Todd Hidoと中島麦

恵比寿はPOSTで9月1日までのToddHido展と、広尾はOut of Placeで開催中の個展、『星々の悲しみ』を見に。

Todd Hidoの写真はアメリカ郊外のロードサイドを中心とした写真。寂寥感というかどこか陰のある写真で、すごく奥行きのある写真だった。

写真はどうしても平面的になるとおもうけれど、彼の逆に写真として焼き付けられたことで、その中に被写体が閉じ込められているような人物写真、誰もいない風景の家の明かりが逆にその生活を浮かび上がらせるような写真。

limartさんがやったのかな、額装もよかった。黒の額装で奥行きがあるフレーミングが写真の相乗効果があった。作品欲しいな、と思ったけど予算的に、、、写真集買いました。

中島麦氏の作品。
先日のアート大阪で偶然出会って、今うちのギャラリースペースで横尾忠則(のポスター)と一緒に展示中。
東京で新作主体個展をやるってことだったので伺ってきたわけだけど、こちらはこちらでよかった。

サイズが異なる、いくつもの抽象画。絵の具をドロップさせて、あとは絵の具に任せた、とのことだったけれどそうやって色を重ね、流れてできた小宇宙。詩的なタイトル(星々の悲しみ)と相まって、独特の世界観。
隣に配された単色のパネルと組み合わせることで、その「宇宙」の見え方も変わってくる。

また、大きなサイズと、小さなサイズ、どちらもその中できちんと絵が完結している。なんとなくプリントでみると抽象画としては大きい方が面白いのかな、と思っていたけれど実物を見ると10×10も、30サイズも、大きなサイズもどれもきちんと「宇宙」だった。
こっちはもうすこし期間やっているからもう一回くらい見に行きたいな。
[PR]
# by nariyukkiy | 2013-09-01 13:38 | sunday people | Trackback | Comments(0)