タグ:オト ( 42 ) タグの人気記事

フクロウの声はどう聞こえるか

2017年9月6日(水) 小沢健二 と SEKAI NO OWARI 「フクロウの声が聞こえる」がリリースされた。

前のシングルである「ある光」のリリースが1997年12月で、「流動体について」(2017年2月)まで19年待った(とはいってもその間に2枚のスタジオアルバムと1枚のライブアルバム、謎の映画と3回のコンサート・ツアーがあったわけで少なくともファンにとっては定期的に「手紙」は届いていたわけだけど)ことを考えると、たった7か月で2枚目のシングルが届くとは、、、というオドロキである。

魔法的ツアーの中で、「新曲」として披露された順番でいうと今回の2曲、「フクロウの声が聞こえる」と「シナモン(都市と家庭)」は初めの2曲でもあった。
ギアをあげた「昨日と今日」でスタートしたバンドセットの初めの刺客。

当時の感想を僕はこう書いていた

>>
2,3曲目に披露した曲は、歌詞は言うなればいちごが染まる系の復活後の系統なのかな。
童話のような、幼きものに話しかけるような、アメリカの絵本のような歌詞とソウルマナーの曲。この子どもたちに話しかけるような、小説を紡ぐかのような歌詞はうさぎ!の世界観をもちながらよりリアルな世界と、ファンタジーの世界とをつないでいる。まさにリアルと虚構をつなぐ秀逸なできで、「朗読」スタイルで同じこと言われたらさめさそうなことも表現を変えて歌にするだけでこんなにも違うのにな、というのが正直な感想だったり。

>>小沢健二 魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ @ZeppNamba 2016/06/06

ひねくれていてすいません、というかスタンスとして「朗読スタイル」に対してちょっとトラウマを持っているので(w 同じような内容を伝える手段としてポップスを採用してくれているだけで結構素直に伝わるんだよなあ、と思った魔法的ツアーから約1年ちょっとでスタジオ録音盤が手に入ったのは素直にうれしいな、と思う。

曲を聴いた時の感覚、「フクロウ~」についてはだいぶポップに、そしてゴージャスにアレンジされているなと感じた。
それが「セカオワ」さんによったせいかどうか、を僕は判断できない。
だってセカオワそんなに聞いたことないもん。
ただ、魔法的の時と違ってああ、ポップだな、と。魔法的バージョンがソウルだとしたらまさに。

ポップさがこの歌に合っていないかあっているかでいうとあっていると思うし、「いちご」系の生活をきちんとしていくこと、「うさぎ!」的に言うと灰色に打ち勝つよう資本主義世界で生きていくにはこのゴージャスな曲と歌詞世界とがすでに本当/虚構、混沌/秩序といった二律背反の中で矛盾しながら生きていくことを表しているようでよりメッセージが遠くまで届きやすくなっているんだな、と思うわけで。

この歌詞世界は、LIFE前後の東京の(楽しい、そして刹那的な)日常生活―恋人や友人たちとの独身生活の楽しさ(やちょっとした悲しさ)から、ちょっと「大人」になった球体、そのあとのまるで去りゆく季節をいつくしむようないくつかのシングル群、NYに渡った後で明らかに色彩が変わっているわけだけど、Eclecticがちょっと異質なくらい「愛」によっているとしても、「毎日の環境学」のとき以降は(ついに歌詞が消えて、代わりに朗読(環境学のときはナレーション、だけど)自分たちの送っていた日常生活の裏側、外側にあるもう一つの日常を垣間見たなかでどうそれまでの自分たちの生活のQOLをあげていくのか、資本主義に流され過ぎずに都市生活を生き残っていくのかに変化していると感じている。

その中には結婚して家族ができたことも大きくかかわっていると思うし、僕がいわゆる「いちごが染まる」系がまさに該当すると思うけれど、それはこっち(リスナーである僕)も一緒なわけでやっぱり同じだけの時間、日本で、都市で生きていたからこの変化と、かわらないポップな、ソウルフルな楽曲を楽しめるんだと思う。

もちろん?、あの試行錯誤期(毎日の環境学、というかあの映画とか、「東京の街を奏でそこなう」)があるからのこの「復活劇」だし。

なんだかんだ、魔法的の7曲、もうスタジオ録音していない曲のほうが少ない。
「いちごが染まる系」だけのアルバムとか、今までとの並行世界を感じる「時間軸をまげて~流動体について」系でとか、その両方を融合させたまさにいつかもっと混沌と秩序が一緒にある、新世界をもっと見せてほしいよ、と今回のフクロウの声をたぶん何回もリピートしながら思っている。


[PR]
by nariyukkiy | 2017-09-06 09:06 | oza | Trackback | Comments(0)

小沢健二 魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ @ZeppNamba 2016/06/06

2012年の東京の街を奏でる以来の大規模なツアーは、バンド編成、新曲を携えてという事でのもの。

久々に沈黙を破ったひふみよツアーのドラマチックさや、朗読と曲で細切れになった実験的な(・・・最大限のフォローですよ)東京の街を奏でるとはまた違った構成だったけれど、結果としては色々とあったミッシングリンクを埋めることができたのでは、という内容だったと思う。

1曲目は昨日と今日。
バンド編成だからか、 BPM早め、グルービーにスタート。
いきなりデビューアルバムの1曲目というリスタート感と、モータウンかカートムか、といわんばかりのニューソウルなアレンジでスタートした。
このソウルセッションか、というアレンジは新曲も、過去も曲もうまく今のオザワケンジのモード、を印象づけいた。

そして、気になる新曲は、2曲目から。もともと新曲を携えてのツアーです、とアナウンスしていたわけだけど、前のツアーと違ってスクリーンに歌詞を映し出す演出。
リアルタイムでないこともあったけれどきちんと歌詞と曲をインプットしたい、という演出で、だいぶ親切設計。

2,3曲目に披露した曲は、歌詞は言うなればいちごが染まる系の復活後の系統なのかな。
童話のような、幼きものに話しかけるような、アメリカの絵本のような歌詞とソウルマナーの曲。この子どもたちに話しかけるような、小説を紡ぐかのような歌詞はうさぎ!の世界観をもちながらよりリアルな世界と、ファンタジーの世界とをつないでいる。まさにリアルと虚構をつなぐ秀逸なできで、「朗読」スタイルで同じこと言われたらさめさそうなことも表現を変えて歌にするだけでこんなにも違うのにな、というのが正直な感想だったり。

そのあとのホテルと嵐~大人になれば。
新曲である「涙は透明な血なのか」、をはさんでの一つの魔法。
このセットリストの流れでふと、ツアータイトルにもあった魔法が、以前の曲にも散りばめられていたことに改めて気がついた。
「いま」の小沢健二のモードが、長い沈黙の時間の前とつながっていく感覚を、ひふみよ、や「ヒット曲をたくさんやります」といっていた「東京の街を奏でる」よりもより強く感じられ、「懐かしの曲を、みんなで歌おう」という掛け声にも、どこか素直に乗れる感じだった。

そして、それはちょっと、ドアノックに続いて披露された「流動体について」、というタイトルの新曲。
これがなかなか衝撃的というか、インパクトがあった。

加速するグルーヴを伴っての演奏だったけれど、ふくろうやさめが出てきた今までの新曲とは打って変わって、「東京」が舞台。
ドアノックからの流れが、よりその歌詞を際立たせていた気がする。
「流動体について」のスクリーンに映し出された歌詞は、羽田空港に降り立った主人公の、「平行世界」での人生に思いをはせている。

そう、このツアータイトルをきいたときにまず浮かんだ「ある光」(前のツアーで唯一、この曲をライブで聴けたのだけが印象に残っている)で、JFKを追い、NYCへと旅立った小沢健二が、「東京」に、日本にいたら。
そう言えばひふみよツアーで披露した「時間軸をまげて」と、自分の思想だけからではないない物語を歌うとき、小沢健二は少しだけ時間や視点を曲げる。(それは天使たちのシーンだってそうだ)ボーイズライフの2曲も、そのあとにやった超越者たちも「時間」や「場所」が歌詞に登場し、また詩世界の中で重要な位置を占める。

物語を紡ぐ目線が、昔も今も小沢健二だからこそ、の感覚。


アンコールも含め、7曲の新曲。

そしてライブが終わって何日かたつけれど、ふとしたとき、確かに新曲の断片が頭をよぎる。
心に残っている。

これは、今回のソウルバンドアレンジや歌詞の見せ方を含めた楽曲に集中させる演出の果たす役割も大きいが、何よりも新しい楽曲の強度によるところが大きいと思う。
もうライブでしか新曲を披露しないかも、とか音源出さないかなとかいろいろ思うけれど、今は音の余韻に浸りながら、ポップスターの帰還を喜ぼう。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2016-06-09 22:00 | music | Trackback | Comments(2)

My Standard Shirts JYUNYA WATANABE comme des garcons MAN

マイスタンダード、の中でも老舗の部類に入るコムデギャルソン。

プリュスが本業ですが、デビューシーズン以来、という意味ではJYUNYA WATANABE Comme des garcons MANのほうが親しみ深いのかもしれません。

特に「シャツ」というアイテムはギャルソンに限らず、ですがジュンヤマンのシャツも僕の定番の一つ。

a0028025_23313811.jpg


今期の一枚目はペイズリー柄の裏表のシャツ。
襟の小さい感じと、柄のいい感じに「ワーク/カントリー」風味がBandなんかの僕のワードローブと調和しています。

a0028025_23342556.jpg


もう一枚は全面にパッチワークの入った、ギャルソン「らしい」一着。こういうのは大好物。

シャツといえば、やはりデティールが凝ったものか、逆にとことんスタンダードのどっちかが好きなアメリカかぶれなブログでした。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-08-29 23:37 | fashion | Trackback | Comments(0)

期待通り、不安的中、期待外れ(小沢健二、2012)(2/3)

※小沢健二の作品、『我ら、時』のリリースとそれに合わせて「東京の街が奏でる」と題した12日間のライブコンサート、そして、パルコミュージアムでの展示会(旅の写真と、音楽)・ポップアップショップが開かれた。

当ブログをご存知の方は周知の事実ではあるが、僕は「小沢健二」とその一連の作品の強い影響下に思春期を過ごし、またはその考えをこじらせ、そしていろいろなものを見る「入口」としての彼の影響を隠すことはできない。

このポストの続き、および一連のポストについては「小沢健二に会えるだけで幸せ/声を聴くだけで満足」という向きの方にはUZEEEとしか言いようのない内容になることが想定される。

とりあえず、このポストはまだ僕は喜んでいる。彼の帰還を。

不安的中編はコチラ

(いまのところ)「期待通り」編
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-02 01:13 | sunday people | Trackback | Comments(0)

2011年にいったライブ

を、印象に残っている順番で並べるとって何かなーと考えたとき、

1.Kip Hanrahan"BeautifulScars"@BlueNote Tokyo

2.Naruyoshi Kikuchi Lost Quintet@Shinjyuku PIT INN

3.DCPRG "GAP" Ebisu Liquid Room

4.Arashi Tour 2011-12 "Beautiful World" @Kyosera-DOME

5.Tokyo No1. Soulset ×Sunny Day Service @Ebisu Liquid room

6.Kikuchi Naruyoshi Quintet Live Dub @JZbrat

7.Belle And Sebastian@Sinkiba Studio Coast

8.Tokyo No1. Soulset "すべて光" @Ebisu Liquid room

9.World's end girlfriend @Ebisu Liquidroom

10.DCPRG“NEW ALBUM「ALTER WAR IN TOKYO」Release Party @Ebisu Liquid Room

・・・。見事なまでに菊地さんに偏向してる。
KipのBeautiful Scarsを生で聞けたのと、GAPでの菊地さんのレイ・ハラカミにむけたメッセージ、ソウルセットの年末ライブの「来年の今日まで、解散」というMCはなかなか耳に残る、心に残るメッセージでした。

そして、何気に嵐の「僕が僕のすべて」で始まったコンサートは、彼らなりの東日本大震災への思いが伝わってきて、けっこうぐっときました。

震災関連、というかライブで見たわけではないけど七尾旅人とFishmans+のDommuneでのライブはあの震災のあと、ミュージシャンがどうすればいいかという「思い」や戸惑いがそのままネットを通して伝わってきて印象深いな。

もちろん、震災前のベルセバなんかもかなりピースフルでいいライブだったんだけどね。

心残りなのは「花と水」にいけなかったこと。

だんだん音楽にさける時間が少なくなってきた感があるけど、地味にCDを再生する機会は増えているので、懲りずにいろいろライブ行こうっと。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-01-09 00:43 | music | Trackback | Comments(0)

レイハラカミ(と、フロア)に捧げられたMirrorBalls

GAP(golden after play) 31/07/2011
@Liquidroom Ebisu

昨年10月復活し、ライブを重ねる新生DCPRG。先月に引き続きのリキッドルーム。

震災以降、というわけではないが物語の意味合いが全く異なってしまう、ということはままあることで、今回の「golden after party」も全く図らずも、RIP レイハラカミ氏となってしまったわけで。

オープニングDJのDJ Quietstorm。
DJみたの、超久々。そういえば青山CAYでやったKNQDの時もDJやっててえらいかっこよかったよなー。
スモーキーなHiphopがベースと思っていたけど、この日のDJはだいぶJazzでした。Madlibとか好きだとわりと、というかとてもすんなり入ってくる。


んで、本編。
セットリストは固定かな。メンバーはSOILにとられてキーボートがELFの人(成瀬さん)に。でもこのキーボードかっこよかったな・・・。

Perfect Days For Jungle Cruiseからスタートし、CIRCLE-LINE~HARD CORE PEACEで本編をしめる、1曲が15分~20分の長尺でじりじりとテンポがあがり、様々なリズムが混在し無秩序のようで、秩序を見出すととてつもなく快感。デートコースのライブはいつもそんな緊張と開放がつきまとう。

MCから引用させていただくが、大儀見元のパーカッションによって、沈んだフロアは蘇生する、と。(まあ、沈まないほうがいいんだが)
デートコースのライブは、一曲の中で「踊れない/リズムをつかむ助走」時間があり、それは確かにパーカッションのリズムによって浮上し、フロアは狂喜する。生と死が疑似的に音楽の中にもぐりこみ、躍ることでフロアは覚醒する。

ライブの中でそんな瞬間が幾度も押し寄せる。HARD CORE PEACEのラスト、ショルキーを振り回すキーボード坪口昌恭のプレイはひとつのハイライトではあるが、おそらく各々の覚醒の瞬間は違う。ドラムソロに、ギターに、刺さるようなトランペットや突き抜けるサックスの音色に、各自の琴線に触れたとき、自由にそのダンスは熱が上がる。

二時間強の時間なんて、あっという間だ。
いつもより、ピースフルー文字通り、ピースマークやハートで溢れたライブは、ミラーボールが輝くなか、終演を迎える。
パーティーは終わるが世界は続く。外もなかも狂気なんだったら、その享楽に溺れるときがったっていいじゃないか。

golden after partyという言葉遊びからのタイトルだが、やはり図らずも、そういう気持ちを思い出した。

SET LIST
[PR]
by nariyukkiy | 2011-08-02 00:24 | music | Trackback | Comments(0)

最近のはまりオト

a0028025_133301.jpg


スーパーカー好き丸出しのブログ名なので、ストレートに彼らの音楽について何度書いたことか。
思えば、このブログを始めたころはまだスーパーカーは活動していて、アルバムのたびに新しいフォームとモードで、ツアーを僕は楽しみにしていた。

それこそデビューからずっと聞いていた彼らがある年あっさり解散してから、なんとなく日本のロックから足が遠のいていることを否定はできないし、それは「自分の時代」が終わったかのような喪失感があった、からかもしれない。

今回、再構築されたこのアルバムで、初期の楽曲がうまい具合に今の自分のモード(すなわちAmbientや菊地成孔のJazz、MadlibのJazz)にも近しいものをもっていることに、率直に「やられた」とも思うけど、それ以上に、やはりスーパーカーの音が、歌が自然と自分の中に入ってくること、再構築されたことでむしろしっくりする部分も大きいことに、自分自身の変化を感じたり。

オマケ
[PR]
by nariyukkiy | 2011-06-02 01:44 | music | Trackback | Comments(2)

Belle and Sebastian Tokyo,StudioCoast

Belle and Sebastianの昨年発売した"Write About Love"もちろん買っていたのですがここの所ライブも、動向もまったくチェックしていませんでした。LateNightTalesのコンピ作っていたな、とか、GodHelpsGirlとか、気にはかけているものの、という感じで。

それが先週末くらいから突如聞きたくなり、いろいろ情報チェックしていたらなんと3月3日、4日と来日、大阪東京と公演があると。そういえば初来日の時、「全然ライブをやらない」と聞いていた彼らが来日する、と聞いたときはもう二度と来ないと思って、会場の空気もなんだか奇跡に立ち会っているような(実際、ライブは奇跡的なセットリストだったわけですが)そんな空気だったことを思い出し。

んなわけで、スタジオコースト。

a0028025_081022.jpg


ついたのが19時前だったので、すぐに会場入り。物販は大賑わいだったのでスルーして中に入るともう8割がた埋まっていて、スタート時は大入り満員。すげーな。

久々のベルセバだったので、大丈夫かなと思ったけれど、アットホームで、それでいて繊細でナイーブなままのベルセバで、すぐに楽しめました。英語でのMCもなかなか「ウィークエンドだねえ」「今日は金曜だよ!」なんて突っ込みや、「野球する人~、ゴルフする人~、野球ね。ンじゃ野球の曲」みたいなノリでなかなかに。

知ってる曲も満載だったので(そりゃそうか)楽しかったな。
そんなアンコールまでアットホームな雰囲気は続き、リクエストある?とか聞いちゃうスチュワートさん。
DayTripper(The Beatles)なんかを会場で合唱したりで、本当に英国からきたバンドのライブ?という感じ。

いきなりライブに行くこと決めて、その甲斐がありました。またあったら行こう。

Setlist
[PR]
by nariyukkiy | 2011-03-07 00:18 | music | Trackback | Comments(2)

Madlib Medicine Show#8

Madlibのこれはいったい何枚出るのかしら・・・・。



More
[PR]
by nariyukkiy | 2011-01-31 23:29 | music | Trackback | Comments(0)

LIVE at BOROFESTA 2010

DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN/LIVE at BOROFESTA 2010(HQD Ver.)

OTOTOYというサイトで、ダウンロード販売されていたので、買ってみました。

菊地日記によると、日比谷野音でやったライブも何らかの形でだすとのこと。楽しみ。

More
[PR]
by nariyukkiy | 2011-01-30 22:46 | music | Trackback | Comments(0)