タグ:スーパーカー ( 5 ) タグの人気記事

最近のはまりオト

a0028025_133301.jpg


スーパーカー好き丸出しのブログ名なので、ストレートに彼らの音楽について何度書いたことか。
思えば、このブログを始めたころはまだスーパーカーは活動していて、アルバムのたびに新しいフォームとモードで、ツアーを僕は楽しみにしていた。

それこそデビューからずっと聞いていた彼らがある年あっさり解散してから、なんとなく日本のロックから足が遠のいていることを否定はできないし、それは「自分の時代」が終わったかのような喪失感があった、からかもしれない。

今回、再構築されたこのアルバムで、初期の楽曲がうまい具合に今の自分のモード(すなわちAmbientや菊地成孔のJazz、MadlibのJazz)にも近しいものをもっていることに、率直に「やられた」とも思うけど、それ以上に、やはりスーパーカーの音が、歌が自然と自分の中に入ってくること、再構築されたことでむしろしっくりする部分も大きいことに、自分自身の変化を感じたり。

オマケ
[PR]
by nariyukkiy | 2011-06-02 01:44 | music | Trackback | Comments(2)

"Futurama" a.k.aSupercar's 3rd AL

スーパーカー祭り、今日は"Futurama"を再評価。

いわゆる「初期」スーパーカーは「スリーアウトチェンジ」のギターポップ、JumpUpのロービートに続いて、さらに大胆にピコピコを取り入れた、というよりはテクノ/トランス色全開。

ギターサウンドから少しずつビートを注入してきたスーパーカーのサウンドが、一気に進化したのがシングル”FairAway"。一気にトライバルなビートになったその曲は、歌詞こそスーパーカー節だったものの、だいぶ違った印象を受けた。

アルバムもがらっとかわって、まるでDJmixのような曲のつながり、浮遊していく歌詞、はじめはトランスのビートの中に歌や曲が解けていくように感じた
マイブラの"Loveless"はフィードバックノイズの中に言葉やビートは飲み込まれ、愛さえも消えていく。しかし”Futurama”はあいかわらず歌詞は風に乗り、なるようになるさ、と進んでいった。

今聴いても、Karma~FairAwayの流れはすばらしい。シングル以外がぱっとしなかった気がしていたスーパーカーを再認識したのは、このトータル聞かないと価値のないアルバムからだった。a0028025_23553273.jpg
[PR]
by nariyukkiy | 2005-01-25 18:33 | music | Trackback | Comments(2)

"DRIVE" by SUPERCAR

スリーアウトチェンジ!

さて、R.I.P.スーパーカー。
今日は"Drive"気分です。

なんだかんだ言っても、初期スーパーカーはすげえ。
もちろん、トランスに埋もれた3rdも、至高の視点を保つ4th,5thも悪くないけれど、MIKIちゃんの歌声と相性がいいのは、DriveとLuckyなわけで、、、(もちろん、ストロボライツも好きだし、Iもいいとおもうけど)

「忘れたわけじゃないよね、ちょっぴり夢に疲れただけでしょ?」

疾走してきた車も、わき道にそれることもある。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-01-23 13:52 | music | Trackback | Comments(0)

"Lucky" by Supercar

「あたし、もう今じゃ、あなたに会えるのも夢の中だけ・・・。
たぶん、涙に変わるのが遅すぎたのね・・・。」

SUPERCARのセカンドシングルは、そんな切なげなミキちゃんの言葉で始まる。
"craemsoda"では、無限に広がる空に胸をときめかせていたのに、いきなり何があったんだ?しかし、これがまたストレートに突き刺さる、チクショウ。


「内心はこんな僕のどこがいいかなんてわからないんだけど、
それでも僕に少しの男らしさと広い心が戻ればまだ、ラッキーなのにね」


あなたにあえるものも歌の中だけ・・・ラストライブ、取れるかな・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2005-01-20 22:51 | music | Trackback(1) | Comments(0)

ばいばい、そしてありがと。(スーパーカーへ)

あ、今日を持ちましてブログを閉鎖いたします・・・

ってわけじゃあなく、
[PR]
by nariyukkiy | 2005-01-20 01:07 | music | Trackback(2) | Comments(3)