タグ:旅 ( 11 ) タグの人気記事

金沢のおまけ(というには豪華すぎる小松弥助)

で、ホンマタカシのニュードキュメンタリーを見に行った金沢。

おまけというには豪華なのが、「小松弥助」の寿司でした。
(食事中に写真撮るのは個人的に好きじゃないので、写真はありません。おいしいと写真なんてとるまえに食べてしまうw)

中心街から少し離れたAPAホテルの1Fという「え、ほんとに寿司屋あるの?おいしいの?」という場所に構えたそのお店は、昼間(11時~17時ごろ)しかやっていない、そのかわりにご主人が納得できるネタを、気さくに出してくれる。

常連さんでない、若造がきても対応は一緒でカウンターで楽しくおいしく食べることができました。
づけまぐろの握り、あわび、ネギトロ巻、アナゴ、どれをとっても本当においしいし、何より「寿司」として完成しているんですよ。当然、ここのを食べるとほかのお寿司は当分いらない気分になれるw

ネタだけなら北海道のほうがおいしいのかもしれないし、かっこつけたかったら勝手に銀座でもいけばいい(別に否定はしません)、大阪の中央市場のお寿司も、築地の場内の寿司も好きだけど、このお店の「寿司」は本当に特別なのです。

写真撮らない、とかいったけど
[PR]
by nariyukkiy | 2011-03-06 12:35 | sunday people

ホンマタカシ ニュードキュメンタリー @金沢21世紀美術館

先に言っておきます。
確かに、東京オペラシティにも巡回する本展ですが、21世紀美術館の空気、展示とは確実に違うものになると思います。

東京で、「Tokyo And My daughter」の展示を見るというのも魅力的だけど、それにしても金沢で、ホンマタカシの写真を見るということ、それが一つの体験として素晴らしかった、そう思える展覧会でした。

まだ、時間はありますよ!

a0028025_1154044.jpg


ホンマタカシ ニュードキュメンタリー

More
[PR]
by nariyukkiy | 2011-03-06 00:58 | sunday people

霧島アートの森へ。

はてさて、鹿児島から帰ってきました。

いつも鹿児島といえば、市内から出ないのですが、今回はどうしても行きたい場所もあり、けっこうアグレッシブに動いていました。

あ、もちろん試合も行きましたが。

で、そのいきたい場所とは霧島アートの森

空港から車で1時間。
霧島の中心地までもやっぱり車で40分くらい。

何でこんなところに、という場所ですが、現代アートの塊です。

a0028025_23272352.jpg


ちょうど蜷川実花さんの写真展「地上の花、天空の色」を屋内で展示しており、草間弥生の作品もさることながらこちらを見てみたかったのでした。

で、その展示内容は、まずは圧倒的な女優/アイドルのポートレイト。
どれも蜷川さんらしい毒々しさがあるのですが、印象的だったのは、その毒々しさに立ち向かえる人と、完全に負けている人がいるということ。

女優/アイドルなんて、みんないってみれば標準以上にかわいいわけで、そのオーラも出ているのですが、蜷川さんの色に負けている人、というのはどうしてもいて、確かにかわいいんだけど「ああこの人はダメなんだなあ・・・」というもの。

蒼井憂ちゃんとかしょこたんとか、完全に色に勝っている、その「人」がうつっているものがあれば、色に魂を抜かれている女優さんもいるわけで、そういう人の痛々しさが印象的でした。

そのほかにも旅のスナップをちりばめた新作とかもよかったな。

a0028025_2328224.jpg


霧島の中でもちょっと離れ小島ですが、行く価値はあると思いますよ。
他にも体感できる現代アートが一杯です。

ぜひ行ってみてください。
[PR]
by nariyukkiy | 2009-09-15 23:29 | sunday people

(sundaypeople的)日本で一番美味しいパン屋 Takeuchi

これも関西の話。

美味しくてそれなりの値段が張るパン屋は東京にゴマンとあるし、天然酵母使っている以上まあそうよねー、と納得する部分はある。

学芸大のパン屋だって美味しいし、普段使いにしている武蔵小山nemoのパンもコストパフォーマンスだけ考えてもかなり高水準。

MaiさんのMaqha(なにやら大人気みたいですね)のパンはまた食べたいランキングの常に上位だし・・。

それでも、残念ながら本ブログの美味しいパンランキング第1位は、大阪・本町のTakeuchiで決まりなのです。

a0028025_18312162.jpg


白金豚の入ったハード系、オリーブのパンは完全に鉄板においしいパン。何度食べても、いくつ食べてももだえる美味しさ。口の中で解けてしまうのではないかと思うほどのブリオッシュ生地に包まれたクリームパンにあんぱん、柑橘系と栗の入ったパンたちは他の追随を許すわけがない。

じゃあ食パンは、というとこれまたフツーの顔してぜんぜんフツーじゃない。トーストして食べるだけで世界は変わります。

なのに、値段はそれこそ「街のパン屋さん」の値段。高くて美味しいのは当たり前すぎ。(浅野屋とかね)
これ以上大きくなるとやっていけないと思うのか、大阪でもここでしか買えない(近くのレストランでは食べられるところもありますが)パンは、12時過ぎにはいったんクローズ。15時にまた開店しても18時には閉店を強いられる(どっちも売り切れのため)超人気店なのに、敷居が低いのです。

a0028025_18371393.jpg


ちなみに2階にあるカフェのサンドウィッチとスープのセット。
こちらも800円でご提供中。

すばらしすぎる名店なのです。

ちなみに
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-17 18:40 | sunday people

京都、イルギオットーネと肥後橋 トゥールモンド

京都は清水寺の近くにある、イタリアン、イル・ギオットーネ

GWを利用して関西に訪問した際にいってみた。

a0028025_17172960.jpg


清水寺へと登る坂の途中にある五重塔、その奥にさりげなくあった。
意思がないとたどり着かないよなあ・・・。

アラカルト、という選択肢もあったが、お任せコースで自家製ソーセージとタコを食べさせろ、とオーダー。
飲み物はビールとワイン。

前菜が3品に、メイン、パスタとリゾット、口直しのシャーベットにデザート。

どれもこれも水準以上の美味しさだったが、特筆すべきはパスタ。明石のタコにたけのこ、だっけか。

a0028025_17495491.jpg


こいつは美味しかった。

もちろん自家製ソーセージも、リゾットも美味しかったけれど、このパスタはそこいらじゃ食べれまい。

デザートは写真がきれいに撮れたのでのっけてみよう。

a0028025_1751193.jpg


どれもこれもすばらしい。
京野菜をつかった、ちょっと創作よりだけどしっかりとした技術や、何より「食べる」人のことを考えてくれている料理だった。

翌日は肥後橋へ
[PR]
by nariyukkiy | 2009-05-17 18:17 | sunday people

北の大地での辛勝

ようやく品川。

キックオフ直後の札幌の強襲から、前半はほとんど札幌のターン。冷や冷やものでした。

故あってバックスタンド観戦だったので、周りのコンサドーレサポの歓声が耳にいたかった。。(アウェイ寄りなので東京サポも多く、また声も東京のほうがよく聞こえるエリアでしたが。)

後半、少しはマシになったものの、羽生→ブルーノの負傷交代があり、さらにセットプレーから失点。。。

周りも雰囲気が明るくなり、、、このままか?と思った矢先、赤嶺ゴールで空気一転!さらに大竹の見事なゴールで一気に東京ムード!

その後は札幌の反撃をしのいで見事に東京の逆転勝ちでした。

まぁ、勝ったとはいえ、10番、25番は「だめなとき」バージョンだったと思うし、ブルーノはまだ試運転。(これは仕方ないとは思う)羽生に至ってはフィジカルコーチは正座が5センチ空気いすでのフライトを望みたくなる状況ですよ。頼みますよ。

まだまだ上位グループに食いついての9月終了。この調子で終盤戦、いっちゃいましょうや、高みへ。

a0028025_9352152.jpg

ゴール裏に挨拶。
思いのほか札幌の選手がアウェー側に来たため、バクスタへは挨拶なし・・・。

a0028025_9363973.jpg

大竹のシャー
こちらは近くに寄ってきて、ペコリと一礼して走っていっちゃいました。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-09-28 23:48 | Footballiloveit

北へ

北へ向かいつつ、振り返るは磐田戦。
a0028025_9381523.jpg


大宮戦、クラシコと見逃した僕としては久々の東京の試合でした。速報をピコピコ見るのは精神衛生にはあまりよくないですね。

去年も惨敗したアウェイをみているだけに、クリも赤嶺も、今ちゃんも羽生もいない磐田戦は、苦戦を覚悟してましたが、ふたを開ければ大量リード。あと3点、なんてコールが起こるくらい。

エメカボホットラインからカボレの加速、佐原の落ち着いたシュート、ナオのミスを取り返す2得点(オウンもナオゴールかと思ってました)に鈴タツの東京初ゴール。
オフトになってから一番よい試合だそうですが磐田は大丈夫かよ。。

それでもヨシカツとの交歓会は忘れずに、おまけに応えてくれるヨシカツとはまたやりたいと思いますよ。

とまあ、羽田にむかいつつ書いてます。

食べ物と気温ばかりが先行しがちな北の一戦ですが、ここでとれてはじめてフロックじゃないと思ってますよ、だからこそいくんだし。

勝って東京に戻ろうぜ。
[PR]
by nariyukkiy | 2008-09-27 12:38 | Footballiloveit

センチメンタル・ジャーニー、もしくは千に会いに。

先週末、ナビスコ予選のさなか友人の結婚式で松山に行っていました。

松山には小学校の頃1年ちょっと住んでいたことがあり、この機会に小学校とか行ってこよう、あぁもしかしたら初恋のあのヒトが・・・(いるわけない)

と、いうわけでいつものピエールマルコリーニ。

a0028025_1282973.jpg


この日はとてもいい天気で、アルプスの山々が良く見えました。
琵琶湖上空では、湖北地方は曇りのようでしたが・・・。

a0028025_1293668.jpg


で、どーんと松山。
目的はあくまで結婚式ですが、とりあえず松山城と道後温泉は欠かせませんよね。

a0028025_1312758.jpg

道後温泉。箱根の旅館や、江戸東京たてもの館とならんで、千と千尋の舞台のモトネタです。

a0028025_1321031.jpg

そして、松山城。桜もちらほら咲いていましたが、満開はやはりもう少し先のよう・・・。

ココで終わらせたらただの観光。
元住んでいた家は、泊まった道後温泉のすぐ近くにあり、51番札所でもある石手寺の近くだったりします。

そんなわけで、荷物を置いた後はセンチメンタルジャーニー。
通っていた小学校に向かいます。
見覚えのある通学路を通って、あ、この辺で女の子からかって泣かせたんだよなあ・・・なんてことまで思い出して、ついた先は・・・。

a0028025_1362982.jpg


まあ、これ見てわかる人はいないですよね(笑)
面影はそのままでしたが、実は隣に立派な体育館が出来ていてびっくりしています。
なんかぼろっちいプールがあったのになあ・・・。
解放していなかったので中には入れませんでしたが、18年前に通っていた感じは残っていましたよ。

そして、通学路をてくてくと歩いていくと、見たことのあるマンションがあったりして、

住んでいた家!
a0028025_1523392.jpg


。。。はい。更地になっていました(涙)
けっこう庭広かったんだよなー、とか桜の木があったのになあ・・・。とか、隣はみかん畑だったのが、マンションになっていたり。
時とは残酷なものです・・・。まったく何もなくなっているのって、それはそれですっきりするけど、やはり切ないですね・・・。

あとは、松山とくればうどん!とばかりに饂飩を食べに行ったり、、、
a0028025_1491875.jpg

ココのメニューは鍋焼き饂飩といなりずしだけです。素朴で美味しかったなあ・・・。

石手川沿いの桜を堪能したり、早春の松山を堪能しました。
a0028025_1431763.jpg


もちろん結婚式も楽しかったですよ。おめでとうございます!


それにしても、昔住んでいた街を、大きくなってから訪ねるのはなかなか楽しいです。
意外と小学校が近かったり、思いがけず残っている風景がとても懐かしく、すこしセンチメンタルな気分になれました。

また、どこかゆかりのある土地を再訪したいなあ・・・。

あとは・・・
[PR]
by nariyukkiy | 2008-03-30 01:49 | sunday people

桜島その2

a0028025_16334210.jpg

去年も来た公園からの桜島。台風なんかいたの?ってくらい穏やかな鹿児島。
またやってきました。
[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-19 16:33 | sunday people

桜島

a0028025_14403443.jpg

[PR]
by nariyukkiy | 2006-09-18 14:40 | sunday people