CL Final

・・・圧倒的。

いつかは見に行きたい。



はてさて、皆さん見たころでしょうか。

しかし、インテル対バイエルンミュンヘン。
ロッベン、ラーム、シュバインシュタイガー、なんてどっかのドイツ代表で聞いたことありまくるバイエルン。
エトォ、ルシオ、スナイデル、カンビアッソ、これまたビッグネームがそろうインテル。

なんでも、監督もファンハールとモウリーニョは師弟だとか。

土曜日の深夜(日曜日の早朝)ということで、わりとみやすい日程だったので、見ましたよ。

しかし、まああったり前ですが、Jとはレベルが違いますな。

ボールが回るの早い早い。

これ、W杯で相手するのよね。。。ムリ。Jリーグムリ。

と、まあ気を取り直して、バイエルンがボールを持って攻めているものの、最終ラインは割らせない。インテルGKからのフィードから、ミリート-スナイデルのコンビでのシュート。すげーーー。

パス交換もですが、ミリートのGKを剥がすフェイクアクション、あれがすごい。
一瞬の動きでシュートが決まるんだよな・・・。

あのFWの動きがいいよなあ・・・。

インテルといえば、イタリアサッカーの代名詞。カテナチオってやつですか。
イタリア人誰もいないのに、と解説は言っていたけれど、守備はやっぱすごいよね。

後半スタート直後の、バイエルンの反撃タイム、あそこで点決められなかったのがバイエルンの誤算。
インテルはばたばたしていましたからね。それも、ルシオのあがりかな、カウンター発動で調子を取り戻し、結果ミリートが2点目を決めて、ほぼジ・エンド。

バイエルンもクローゼ投入して反撃に出るが、堅守の前に何も出来ず・・・。

しかし、あのでっかいスタジアムで自分のコール聞いたら気持ちいいんだろうなあ・・・。ミリートォ。ってのね。

というわけで、ビッグイヤーはインテルの手に。

リバープールは来シーズンはこの舞台には立てず、ウェンブリーでやるというのに出る権利すらない、というのは悲しいですが、このトップオブトップのプレイ、凄いですね。

というか、W杯でこの2チームの選手と、予選でマッチアップするんだよね・・・。
・・・。

・・・。

・・・。


ガンバレニッポン。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-05-23 05:45 | Footballiloveit


<< 闘莉王でてたら10人で戦う羽目に クラブサポートメンバー(ちょっ... >>