サマータイムブルー

梅雨が開けた。
さあ、夏の始まり。


なのに帰り道、小学生達は最後のPK を責めず、三点目をとるべく動けなかった、交代で入った選手のディスに終始。

だよなあ、気持ちわかるよ。

前半の20分。やたらと長かった。
二点も入って、相手に恐いところはほとんどない。

そんな気持ちが、最後までもつわけがない。
立役者達がピッチをあとにして残った意思はどっちで統一されていたのか。逃げ切るのか攻めきるのか。

どっち付かずのまま、攻撃にはいるのは大黒と達也。
もう二人はどこにいたのかしら?

守備で最後慌てたのは、相手を誉めるべきか、それともイングランドのテリーのリプレービデオをエンドレスで見せた方がいいのか、長すぎたロスタイムにあっけなく訪れた結末。

僕らの夏、今年はどっちに転ぶのか。
まだ時間はある。だけどそういっているうちに夏は終わるんだよ、いつも。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-07-18 08:50 | Footballiloveit


<< 2010-11/AW 役者はよけれど、物語の強度が足... >>