ひやひやしたのは3点目の所為、そしてヨネ復帰オメでとう

台風の中、清水まで行ったみなさん、勝ち組でしたね。。。
お疲れ様でございます。

ワタクシはというと、Footnikにほぼ開店と同時にいってましたとさ・・・。




この間の新潟戦、正直ミスは多いしダイナミックな攻撃も少なく、あくび半分という感じだったのに対して、準ホームと言ってもいいくらいに負けてないアウスタでの東京は、「7番:米本」の復活、そしていきなりの大黒柱っぷりに連動するかのように、面白いように攻撃を仕掛けていた。

清水もさすが上位のチーム、悪くない。というか小野を中心にヨンセン、枝村、兵働の攻撃はなかなか恐ろしいし、本田拓也の動きもいい。

でも、東京も負けていない。
ヨネのボール奪取、ヨネの守備、ヨネの、、、いや別にヨネ以外もそれに連動して動きがいい気がするわけだ。

なかでも平山の動きがよかったかな。向こうの攻撃の起点を前からうまくつぶしているというか、効果的な攻撃につなげさせない。コーナーからのヘディングも完璧なタイミング。西部、一瞬判断に迷ってましたね。おみおくりしちゃってまあ。

2得点目も、完全に流れの中から。そう、こーいうのみたいんだよ!って言うゴール。

平山から、大黒で、もうFootnik沸騰。数少ない清水サポ沈黙。

清水も悪くないけど、フィニッシュが悪い。権田のファインプレーに阻まれていたとはいえ、悪いときの東京のようなラストピース不足。アタッキングサードに入った数でゴールが決まるなら、多分互角だったろうねえと。

しーかーしー、重松のフリーキック、アレは決まってるでしょ。
Jリーグさん、これでゴール入ったの見逃したの、3回目?J後半戦だけでよ。
もうそろそろ審判全員正座で「ゴール」の定義を勉強しなおしてほしいですね。

この3点目がマボロシだっただけに、終わるまでひやひやでしたわ・・・。


さて、この雰囲気、勢いを味スタまで持ってこれればいいのですけど・・・。

頼みますよ・・・。
[PR]
by nariyukkiy | 2010-10-30 22:48 | Footballiloveit


<< ホームは国立か駒沢で バックスタンドから見る風景 >>