world's end girlfriend LIVE@Liquidroom Ebisu

今年初のライブは、Twitterのフォロワーさん兼マイミクさんの友人にお誘いいただいた、ワールズエンドガールフレンド

前にペペの前座でリキッドルームで見たときになかなかいいなと気に入っていたのでした。

んなわけで、リキッドへ。





まずはworld's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL
たぶんこっちが前にも見たほうのセット。
ドドーンと轟音。フィードバックノイズ、ギター。
どうやらこっちのほうがライブセットという感じで、人力ドラムンベースに轟音ってかんじ。
VJもピカピカと度派手でした・・・。

world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble
んで、後半はこちら。ストリングスもはいって幾分静謐な感じ。映像とのシンクロもこっちのほうが高めだったかな。でもしっかりロックするときもあって、そのへんがポルターガイストか。

湯川潮音さんのゲストボーカルは、いきなり「ラン、ランララランランラン♪」でズコーーっと。
ここまで映画的、というか静かなアンビエントな世界を、「ナウシカかい!」で、カバーは「ラピュタか!」と。
そのまま散歩とかユーミンとかやったら面白かったけど、まあそんなことはなく。

そんなこんなでちょこっとポップな感じも醸し出して、気が付けば「Only you~」なんてSE流したり、盛り上がってきて映像ではThe End。Endingに向けての轟音とストリングス、ギターの絡みはよかったですね。

これでアンコールがあればがっかりだったけど、そんなこともなく、きっちり終了。
なんとなく、このバンドは照れ屋さんなのかなあと。
静かでAmbientな流すだけじゃ、さすがにスタンディングじゃ疲れるからとばかりのロックや人力ドラムンでしたし、このポップさは(ある意味過剰な)サービスなのではと。
いや、まったくもってありがたいですけどねw
気が付けば2時間半くらい轟音にまみれてたわけですが、それはそれで気持ちいい空間でした。

HPも音がいいですね。ずっときけるAmbientな空間。
[PR]
by nariyukkiy | 2011-01-30 14:33 | music


<< LIVE at BOROFES... そしてcoeurは順調に増える。 >>