・・・負けた

いつか負ける日は来る。

だけど、昇格を次節に決めたい、というこのタイミングとは・・・。

大分との国立での一戦は、先制するも前半ロスタイムにマエシュンの「去年やれよこのバカ野郎」なスーパーゴール、そしてやはりロスタイムのカウンターに沈められました。

スカパーで見ていると相手に仕事させないように押し上げては行くんだけど、フィニッシュがなあ・・・。
やはり迫力に欠けるというかなんというか。

マエシュンのあれはたぶん3シーズンに1度のゴラッソ。なんで去年やらないのか、ではあるが十分挽回できたはずの試合だったが、追い付きたいときの「いつもの」交代(ナオ、セザー、永里セット)はどうにも魅力的ではない。なんかアクセントを求めてもいいんじゃないか?

で、はてさて東京ダービーである。
もう負けられないわけだ。なんといっても、ダービーだし、昇格、優勝に向けて盤石で行かなければいけないのだから。

選手もさっさと切り替えて、つぎ、やっちゃいましょう!
[PR]
by nariyukkiy | 2011-10-26 22:36 | Footballiloveit


<< 気合の空回り 魂的ベストゲーム、ベストゴール >>