クインテットライブダブ@JzBrat

久しぶりのクインテットライブダブ。初めてライブできいた菊地さんはデギュスタシオンフィーチャーのバンドだったけどすぐ直後に青山CAYであったクインテットライブダブの演奏は、正解にはその時きいたクインテットライブダブの虹の彼方へ、の演奏が、僕の音楽経験を大きく変えた演奏だったな、と今になってしみじみと思います。
それまでもジャズは一通り聴いていたけど、電気処理されたジャズ、というのがエレクトリックマイルス何かとも違う形で提示されていて、今までのスタイルとは違う、新しいな、と素直に思ったバンドだったので。


新曲は薬師丸裕子の「Woman」呉田軽歩×松本隆ですね。
アレンジも基本的に一緒だったけど随所にダブセクステットやDCPRGを通過してきた影響が。

オープニングはパルレから。いつものレパートリーからover the rainbow除いたセット、という感じだったけれど、ダブで電気処理されたオーソドックスなジャズ、という点では後継のダブセクステットよりもアンニュイで憂鬱で官能的なジャズの側面がよく浮き出ている。(ダブセクステットはどっちかというとアンダーグラウンドでロフトジャズにエレクトロニクスを入れた、という体)

このバンドが奏でる色気は菊地さんが歌い、途中でEleanore Rigbyに変調しつつまたテーマを今度はサックスでやるという一度聴いたら癖になる名アレンジのYou don't know what love isやアンコールの松田聖子のSweetMemories-これも原曲を通り越して、甘い記憶、の持つ痛みを伴う痕を美しく演奏しダブがいい感じに歪めているすばらしいアレンジ。

その官能を切り裂くエレクトロニクス、そしてDCPRGばりの調和のとれたポリリズムがまとまる感覚。
今回のクインテットライブダブからはその二つの要素がかなり濃度が上がっていた印象である。


本編最後のエリザベステーラーだっけな、藤井さんのドラムソロとダブ処理で終わるかの曲、今回のアレンジではドラムソロにサックスやピアノがplaymate at hanoiのラストのように絡むアレンジ。これはかっこよかったな。
その前のエレクトロニクスが絡むパートも、前より強度が増していてノイズが心地よかった。うん、やっぱいい。

アンコールは前述の女性ボーカルもの二曲。
菊地さんの女性ボーカルカバーは原曲の歌にある女性的な情念が歪められている感覚が逆に曲の官能性を引き出しているようで、非常に心地よいのです。

次のクインテットライブダブは来年か再来年か、、、キップの来日スパンよりは短いでしょうけど、やっぱり他のバンドよりジャズっぽいだけにかっこいいよなあ、もっとやってほしいよなあと思った一夜でした。
[PR]
by nariyukkiy | 2011-11-20 22:38 | music


<< ダブセクステット@ブルーノート... 昇格!優勝!そして札幌へ。。。 >>