ダブセクステット@ブルーノート@Ust

まさか、Ustでこんな上質なライブが見られるなんて・・・。

2012SS DUBSEXTET

どこよりも早い、「2012年」の春夏が演奏されるはずだったこのライブだけど、結果として演奏されたのは類家心平4PieceBandの「Sector b」からGL/JMとアンコールにLADYGAGAのカバーである「ポーカーフェイス」を演奏したほかはいつものレパートリーから、でしたね。

先日のクインテットライブダブに比べると、若干官能も憂鬱も薄まり、代わりにDUBとJazzとポリリズムのグルーヴ性、要は「DCPRG」的要素が強まるんですよね。

(ってそれは当然でこのバンドをやるためにDCPRGとくKNQD休業させて融合させたんだしな・・・)

そんなブルーノートからの配信を、まさかワンセット分まるまるやるなんて・・・ちょっとぜいたくすぎませんか?

とか言いながら堪能しましたけど。ピアノ+カオスパッドとか、ノイズ+サックス、トランペットの絡みはかなりマッシブで、どちらかというと踊れそうな音。そういう意味では家で自由に聞けるのも悪くないけど、、、やはり現場で聞きたいよな、Jazzは。

でもTwitterの#みてると、キップの来日をようやく知った人とかけっこういて、それはそれで宣伝になってるのかな?でもブルーノートの会場も「キップ?だれそれ?」みたいになってたけど・・・・。





Dub Liz
GL/JM
Susan Sontag
Koh-i-Nur
Dub Sorcerer

MC

Encore: Poker Face(Lady GaGa)
[PR]
by nariyukkiy | 2011-11-21 23:49 | music


<< 札幌戦、来年の課題は残した。 クインテットライブダブ@JzBrat >>