札幌戦、来年の課題は残した。

11月は結局湘南戦、天皇杯神戸戦しかいけませんでした・・・・。

プラベートで関西方面に行くことが多かったんで・・・。
19日の鳥取戦をFootnikで見届け、千葉戦は全く見ることができず(さっき録画したのようやく見た)、、、

でしたが、行ってきました北の大地。
前行ったのが初の厚別。この時は確かブルーノが出て一瞬で引っ込んで、大竹が決めたような。

今回はJ2最終節、ってことで日程が発表された時からここだけは行こう、と決めておりました。
おそらく、J1への復帰を決めて(最悪でもこの日に決まる)、楽しい遠征になるだろうと・・・・。

で、その予想はほぼほぼ予想通りですが、結果だけは伴ってなかった、なと。

a0028025_143798.jpg




この日は、すでにJ1昇格条件どころか、J2優勝を決めている東京にとってはまさしく「卒業旅行」でしたが、相手札幌にとってみれば勝ち点差同じ、得失点差2で4位の徳島が迫っている、というまさに「正念場」

1点差で勝っても、徳島が4点差で勝ったら昇格できないのですから・・・。

と、そんなわけで札幌ドームは超満員。公式で39,000人超とのことでしたが、ドームに着いたとき(すでに開場1時間半経過、あと30分でキックオフ)まだ入れない札幌サポと、なんだかドーム一周を案内されるというアウェイ東京・・・。(途中で「ガスの人は向こうから並ばず入れるよ」という札幌サポの丁寧なんだかなんなんだかの案内をいただく。。。瓦斯って普通に言うのね)

入ったときの東京サポのエリアもぎゅうぎゅうでしたが、それにしても写真にある通りのホーム側のぎっちりさ・・・。いつもこうだったら札幌ももっと強いんじゃ、と思えるくらいの満員でした。

久々に「アウェーに来たな」という重圧がありましたよ、東京のコールがよく聞こえない、というのはまさに埼玉とかな感じ。でっかい会場で満員のホームサポ、うーん。

そして試合もこの大観衆を見事に推進力にした札幌のほうが優勢。試合の入り方こそ東京のほうがよかったのですが、何度かアタックに失敗すると中盤で狙われてカウンターくらうと・・・。それが一瞬のすきにはいって、相手ゴール。ロスタイムにはニアを今ちゃんと権田が抜かれて、という相手にとっては最高の、こちらにとってはまさに最悪のタイミングでの追加点・・・。

前半5分、出だしは悪くなかったんだけど、中盤のプレスで負けましたね、草民・・・。梶山の代役がいない中盤は、きついのか?はじめっから上里とかでもよかったな。

後半はそういうわけであまり目立たなかった坂田と、たぶん大目玉くらった草民が交代でスタート。
しかしなかなかうまくいない。確かこの辺で、札幌側は勝利を確信したのか、「やっちまえ」なんてコールしやがった・・・・

これに発奮したのか、反撃は谷澤のミドル。うーん美しかった。
そして、それに脊髄反射の東京側ゴール裏、全体からの「やっちまえ」コール。
正直、この瞬間がこの日のハイライトというか、イライラもやもやの吹き飛んだ瞬間でもありました

はてさてこの後遅延行為を繰り返すGKに「うっそつき」コールをして札幌サポ(と、お行儀のいい東京サポ)の顰蹙を買ったりと応援もヒートアップしましたが、やはり37,000人くらいの札幌サポに2,000人くらいの東京サポでは応援の声も本当聞こえない多勢に無勢、あえなく敗戦、上から目線で昇格を喜ぶ相手を祝福して、我々は札幌の町へ繰り出すのでした・・・。

a0028025_1425944.jpg


a0028025_1431730.jpg


と、いうわけで肉。そして雪の札幌を満喫しましたよ、と。

ま、この敗戦のおかげで来年もこの町へ来られることができそうです。
待ってろ札幌!!
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-07 01:44 | Footballiloveit


<< 古川日出男 「馬たちよ、それで... ダブセクステット@ブルーノート... >>