天皇杯、元日国立へ

12/29 長居で行われた天皇杯準決勝。

昨年は国立競技場でだったから、年末の恒例であるソウルセットのライブ前に行けたんだけど、流石に大阪は無理っす。。。

そんなわけで恵比寿フットニクで観戦。 ここならリキッドルーム近いしね。

しかし、今日仕事ない人は長居までいってるだろうし、仕事の人はフットニクにはこれない。そんな感じの人数でした。

試合は序盤から東京ペース。 中盤から前で相手のボールカットして、前線でパス回してゴールに迫る、そのパスサッカーはセレッソを凌駕してましたよ。 梶山、ルーカス、谷澤、ナオ、NHKの実況さんはこっち目線のようで清武を中心にしたセレッソ攻撃陣の崩しのすごさをアピールしてましたが、 彼らよりこの四人を中心にした東京攻撃陣のパス回し、相手陣内への切り込みは見事。ここに羽生と徳永が絡む機会も多く、特に前半は「あとはゴールだ け」とはいうものの完全に圧倒してましたよ。

高橋とむっくんは少し固かったけど、守備を中心に決定的な仕事を相手にほとんどさせない。 いや、強いよ東京。

後半になるとさすがに運動量が落ちてきて、相手の攻撃も増えてきたけれど、残念、そこは森重ー今野、権田の絶対防衛ライン。相手のGKも茂 庭もだいぶ奮闘していたけど、 守備の安定感も一枚上手だぜ、と。

後半は特に均衡した緊張感のある展開だったけど、ルーカス谷澤でミドルシュート! や、札幌戦といい谷澤さん、あんなにわく飛ばせといわれ続けたと思えないナイスシュートでした。

そのあとも攻撃の姿勢を崩さない前線からのプレッシャーでNHKの連呼ほど清武さんにも仕事はさせず、ヒヤリとはするがゴールは割られず、 と。

バンドハンドシーンも、NHKさんの「ゴールは認めら(溜め)ない」にズコーっとしながらのシャットアウト。 めでたく元日に国立競技場での試合決定、と。

相手は京都だとか。あちらもマリノスを延長2得点で突き放してと東京と当たった時とは一味違うチームになっているようで。 とはいえ、昨シーズンの最終戦の敗戦、今シーズンも東京が息を吹き返すきっかけとなったのが京都戦でした。

東京が本シーズン、もうひとつ頂点に挑戦するにふさわしい相手だと思います。 シーズン終わりにして、新たなスタートを幸先よくスタートできることを!
[PR]
by nariyukkiy | 2011-12-30 09:26 | Footballiloveit


<< 来年の今日へ。 This is my Wint... >>