自滅でした。(仙台から帰還後、30分が経過)

a0028025_23415778.jpg


前半、東京の選手がラフプレーで倒れるシーンが続いた。
審判がカードを出すものもあれば、出さないものも。

よくいえば気合いの入った、悪くいえばダーティなプレーと、少し基準のみえない曖昧なジャッジで、この試合の空気にのりきれないまま、前半が過ぎたようにみえた。

長い時間止めていた割に短いAT、2分とでていたがその3分目に、これまた微妙なプレーで仙台が先制する。
現場でみたリプレイではオフサイドのようにみえたけど、ゴールは認められる。

角度によっては正しいジャッジだった、といえるかもしれないが曖昧なジャッジの連続のにイライラしていたトウキョウサイドからしてみれば、あのオフサイドの大合唱は納得もいく行動。少なくともぐうの音も出ない後半の失点に比べたらだいぶ微妙な判定で試合のバランスが崩れてしまった。

しかし、やはりそれは逆転して勝利をおさめてこそいえることで、負けた後だとやはり負け惜しみにしかみえまい。。

ピッチをあとにする石川の諌め、鼓舞する姿に後半の巻き返しを期待したが、一度奪われたリズムはなかなか戻らない。

そもそも、この曖昧なジャッジとそれを誘発させたラフプレーの前にトウキョウの選手の動きはどこか萎縮させられていたかのよう。

パスは中途半端な場所に出てカットされ、シュートにいくまえにからめとられる。

前半、やや強引にボールを運ぼうとしていた大竹が下がった後半なかなか攻撃の形は作られず、相手の形のなかで次々と失点を重ね、攻撃はほぼ完全に封じられた、完敗だった。

確かに前半のあの曖昧なジャッジの最たるものが、潮目だったのだろう。

それを跳ね返せなかった。

跳ね返す空気を作ることができず、相手のスタジアムの空気に飲まれて負けた。

そういう意味では、サポーターも含めて完敗だ。

仙台が面白いサッカーをしていたとも、楽しい試合運びをしてたとも思わない。

だけど、その仙台前に敗れ去ったこと。
そこからチームは立ち直らないといけない。

それはきっと、ホームで、アウェイの地で勝利した「FC東京のサッカー」での勝利を思い出し、今回の負けでできなかったそのサッカーの精度、FC東京のサッカーをひとつずつでいいから積み上げていくこと。

僕はそれを楽しみにまた、スタジアムに向かうんだし、それができないFC東京じゃないでしょう?
って思っているんだから。
[PR]
by nariyukkiy | 2012-04-21 23:42 | Footballiloveit


<< 菊地成孔 DCPRG @新木場... EssentialStore4... >>